771

ウィングシュネのあれこれ

by
ふりむき
ふりむき
初めまして、ふりむきと申します。
ワンダー部に投稿機能がついて少し経ちましたが、色々な方々の豆知識や意見、ネタ投稿などが飛び交っており、少しだけ賑わっているのを見て、私も何か書けるかなぁと思い投稿することにしました。それで、今回はフェニックスウィング型のシュネについてあれこれ書こうと思います。

1、ウィングの長所
まずウィングの利点は何かと言われると大きく2つの答えが挙げられます。一つ目はスピリッツ解禁前の兵処理が楽になること、二つ目は精霊ゲージがものすごく溜まりやすく、レベル3になってすぐにmaxスピアが打てることです。それにより、序盤が強いキャスト(吉備津、メロウ、フック、リン辺りでしょうか…)に兵士差をつけられないようになります。レーン戦で兵士差つけられると、経験値を取れないことやラインが下がってしまい防戦一方になってしまうため、チームはとても苦しい展開になるものです。それを防げるのはこのスキルの長所なのではないでしょうか。

2、ウィングの短所
先ほどウィングの利点を述べていましたが、短所ももちろんあります。基本的にスキル発動にドローを添えられると必ずといっていいほど当たります。確反ってやつですね。ですので不用意に打つとかえって不利になることもあり、また、スキルが発動しなかったときはもはや絶体絶命な状況になります。またサンドのクリスラや吉備津の鬼断ちもタイミングによっては避けれないです。確定です。また、そのほかにも横からは全く使えないことや、強化兵士は1確じゃないことが挙げられます。共鳴兵士が流れてきたらオワです。もう一つあげるなら、テリトリーが無いことですね。なんやかんやテリトリーは強いですが、ウィングを入れるなら抜かざるを得ないスキルですから、その分しっかり自分のレーンを抜かないといけなくなります。

3、基本的な使い方
これはなんとなくわかっている方は多いでしょうが、基本は相手をダウンさせた後真正面に立って打つスキルです。相手をダウンさせていない場合は、フェイントを多少入れたり、相手の兵処理ドローに合わせて打つのが良いでしょう。苦しい状態の場合は、1発貰うのを覚悟して打つ必要もあります。正直言ってドローで処理することは可能ですが、ゲージ関連で考えるならば出来る限りウィングで処理するのが良いでしょう。あくまでこれらは基本的な使い方です。ちなみに、

4、ウィングの豆知識と特殊な使い方
上記で挙げたものは基本ですが、ここで小技というか何点か使い方を応用したものを紹介しようと思います。まず小技からいきましょう。ウィングのスキル範囲って四角ですよね、その四角を半分で切った手前側で兵士を倒すと、経験値がより自分に近いところに出現します。それにより多少無理して経験値を拾う必要がなくなり、兵士列に隠れながら拾えます。ただ、これに関しては失敗すると兵士を一体も倒せないでただmpを無駄に消費するばかりになるため、練習が必要です。あと、ウィングは多少斜めから打っても構わないということ。斜めからでも2〜3体ほどしか残りませんから、それはキャンセルドローなりストレートなりで処理しましょう。また、相手兵士が拠点に流れそうなとき。このときは真っ直ぐより少し斜め(兵士が突撃した際に動く方向に)合わせると、殆ど流さずに仕切り直し状態を作れます。つまり何が言いたいかというと、基本に縛られないで臨機応変に使うスキルだということです。

5、最後に
文章がめちゃくちゃというか、書きたいこと書きまくってたらよくわからない構成になっていましたが、ウィングを使うならより攻撃的に、より攻めの功績が求められます。私は攻めのウィング、守りのテリトリーと考えていますので、どちらがいい、悪いかは正直判断するのは難しいと考えております。もし、ウィングが肌に合わないかもしくはウィングを全く使用しないでレーン戦をするならば、速やかにテリトリー、もしくはレベル5最弱スキル筆頭のイモータルハートさんを入れるべきです。ウィング入ってるから〇〇だとか、テリトリー入ってるのに〇〇っていう話は全く無いので、これからシュネを使い始める方は自分に合う方を是非とも見つけていただきたいです。

ウィング型で困ったことがあれば私のツイッターアカウントまで質問に来ても大丈夫です。答えれる範囲であればお答えします。
更新日時:2017/09/16 14:55
(作成日時:2017/09/16 14:55)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア