299

ジーンでCR20を目指す方への指南書 二ノ巻

by
Iase*Ast
Iase*Ast
いえーい、前回の投稿が好評だったので定期的にジーンについて綴ります。
どうも、めるぽです。現在資金難で入国出来ない症候群発動中です(゚∀゚)アヒャ

前回はジーンの特徴とスキルのご紹介をしましたので次はアシスト選択について解説していきたいと思います。
あとおまけでジーンとサポーターとの相性についても解説を入れようと思います。

また、アシストと共に☆の数3段階でオススメ度合いも示してますので参考程度にご活用下さい。

☆☆☆…相性がとても良いのでメインアシスト推奨
☆☆ …リザーブに入れても良し、メインアシストとしても良し
☆  …念のためリザーブに入れて置きたいアシスト

推奨度 ☆☆☆ アシストカード

・伝国の玉璽
ジーンがキャストとして出てくる少し前にイベント限定入手可能のアシストカード、MP最大値が小上昇・敵に一定回数HitするとMP回復速度が一定時間上がる。+5・MAXで回復速度が上昇する。この効果は効果終了後、玉璽に×印が付き一定時間の間再発動不可能になる。

現在、入手手段は無いが人気が高くイベントで再獲得イベントが来る可能性があるので是非とも獲得しておきたいアシストカード。
ジーンの強欲を発動するとあっという間に発動条件を満たして、実質常時発動になってしまうため下方修正によって連続発動はできなくなってはいるが未だに現役。問題があるとすればカードを重ねる方法としてマテリアルを消費しなければ+を振ることが出来ないのが難点か。

・幻炎に映る聖樹
Ver.2.04にて追加された道具アシスト、ほぼ全てのファイターと相性が抜群に良い性能をしている。
最大MPが中上昇・ドロー攻撃力小上昇するが、ストレート攻撃力が中下がる。敵に一定回数Hitすると一定時間ドロー攻撃力が上がる。
+5・MAXで効果発動時のドロー攻撃力の上昇値が上がる。

+0の状態でも突っ込んで問題無い、+が振られるほど魔神化時のドローの殺傷能力が格段に上がるので非常に優秀。上昇値は金の斧並みに上がり、スピードが落ちないため金の斧の上位互換のような性能を持つ。非魔神化時でも兵士処理の数に差が歴然と出るので装備している場合は常に効果を切らさないようにしよう。
問題点はストレート攻撃力が中下がる為、SS追撃で削り切れない時も起こりうるので注意。

推奨度 ☆☆ アシストカード
・飛将の赤兎馬
ロールの隔たりが無く、全キャストどれに入れても腐ることが無い万能カード。玉璽と同じくイベント限定アシストカードとなっている。
スピードが小上昇し、一定回数Hitでスピードが上がる。+5・MAXで効果時間が上昇

スピードが大正義の人にはオススメ。(上がり幅は大~特大?だったと思う)
魔神化時は恐ろしい速度で走り回り、非魔神化時にはねちっこい戦術を駆使するための足回りを良くしてくれるので序盤から終盤まで腐ることは無い。また、デメリット効果が無いので気軽につけられる。問題点は、序盤の経験値回収と兵士処理に困るのでLv先行をされやすい。そのため、人によって蓬莱の方が安定している場合があるので一度試して自分に合ったアシストを選ぶ方が吉。

・蓬莱の玉の枝
Ver1.50から追加されたファイター専用アシスト。
ドロー攻撃力が中上がるが、MP最大値が中下がる。敵兵士を一定数撃破すると兵士から得られる経験値量が上昇する。+5・MAXで経験値獲得量が上昇する。

序盤のLv先行に持ってこいのファイター御用達のアシスト、ドロー攻撃力が中上がる恩恵もあって序盤に兵士処理が行いやすくなる。ジーンでLv先行が取りにくい問題点を補ってくれるので序盤から中盤まで大いに役立つ。これを装備する場合はできるだけチェインを重ねて獲得量を多く取る事を意識して戦うと序盤で優位に立ちやすくなる。
ただ、デメリットにあるMPの下がり幅が大きいため序盤でMPが枯渇状態に陥りやすい。序盤でMPを補えるソウルカード「タイガーリリー」「踊る紅騎士カーレン」を付けて補ったほうがMPの枯渇を少し避けることもできる。あと、勘違いを起こしやすいがこのアシストだけは敵兵士を撃破しなければ効果が発動しない。多段ヒットでは無いので注意。

・使い込まれた糸切り狭
汎用性が高いアシスト、ドロー攻撃力が大上がりスピードが中上がる。ただしMP最大値が中下がる。
ジーンに重要視されるドローとスピードを同時に補えるアシスト、聖樹のように効果時間の管理が不要になるので常に役立つアシスト。スピードも上がるので魔神化中の歩き避けも容易になりやすい。
ただ、MP最大値が下がるので玉の枝も装備している場合はMP枯渇が重く圧し掛かる危険もある。聖樹の上昇値の事も考えると多少見劣りしてしまう。

推奨度 ☆ アシストカード
・欲叶える魔神のランプ
ジーン専用装備、スキルカードと出現は同じ扱いなのでどのカードパックにも出現する。
ドロー攻撃力とスピードを小上げる、敵兵士に一定回数Hitさせるとドローショットの射程と描ける線の長さが上がる。
射程はかなり伸びる為、変幻自在なドローを繰り出すこができるので聖樹や鋏と共に入れることが多い。その場合は、Lv1・玉璽のアシスト枠を1つ切り捨てる必要がある。

・神光の七星剣
大会・ワンダー部カード登録者に配布された限定アシストカード
ストレートとドロー攻撃力が小上がり、一定回数Hitさせると一定時間攻撃力が上がる。

攻撃力が上がるのはドロー・ストレート・スキル攻撃力の3つ、一見強そうにも見えるがどれも中途半端に上がるので聖樹や鋏が無い人は入れておいた方が良い。また、効果時間は聖樹より短いのでどうしても見劣りしてしまう問題点もある。スキル攻撃力が上がってしまうと強欲のヒット数に影響を与えるので難しい所ではある。

自分が現在使用しているアシスト構成としては

幻炎に映る聖樹
伝国の玉璽
飛将の赤兎馬

で組んでいます。MP最大値が下がらないのでMP枯渇する事は少ないので気に入って使ってます。
ジーンのアシスト構成は大体 Lv4枠 玉璽 Lv1枠 MP常時回復ソウル の構成が一般的ですがMP常時回復のアシストはプレイヤーによって好みが大きく割れることが多いです。

・タイガーリリー
メリット Lv1から発動するので最序盤でもMPを補える。赤兎馬を入れている場合はSS・DSを補えるので序盤で困りにくくなる。
デメリット 3枚の内回復量は一番低い、巨人が貫通光と微妙。

・踊る紅騎士カーレン
メリット Lv2発動なので早い段階で発動できる。MP最大値を補える上にドロー攻撃力が中上がる。強化唱なので味方への恩恵も高い。
デメリット Lv1の時に何かしらのドローを補える装備が必要になる。

・女王ライラ
メリット ジーンと相性の良いドローとスピードを中上げる、3枚の中では回復量は最高値。巨人が強化陣で常時強化してくれるのでレーンを押し上げやすくなる。
デメリット 発動がLv3と遅い。序盤の兵士処理を補う必要がある。

といった具合でしょうか。赤兎馬を入れるならばタイガーリリーを、蓬莱を入れるならばカーレンかライラが相性的には良いと思いますがそこはプレイヤーによって左右されるので自分が一概には言えないです。

そんな訳でアシストの解説はこれで終わりです、自分の独断や偏見も混じっているのであくまでも参考程度に。
次回もお楽しみに…( ˘ω˘)スヤァ…
更新日時:2017/10/23 01:00
(作成日時:2017/10/23 01:00)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア