174

「業」の者

by
ナゾノババー
ナゾノババー
どういうわけか、最近僕は「背負わされる」ケースが多いです。僕自身がやらかしてたら絶対謝罪してる。そうで無い時は大体背負わされてます。
チーム内唯一撤退0フックなのに拠点を2抜きされ、酷いときには1対3以上に追い込まれる事も少なくない。サポーターからのバフが一切回ってこない事はしばしば(性質上ピーターからは回って来やすいが、特にシレネッタからは回復を受けにくい)であり、アタッカーは僕が指示しなければ動かないのは日常茶飯事か。
僕がフックCR21を達成し、同時にゴールドランクに到達したあの日だってそうだった。結構な数、撤退0で2抜きを受けまくりました。そして「黄金筆へ、勝利を誓う!」に繋がります。
とある試合、僕が端で巨人を2度も顔面張って受けてやったのに、中央はその隙を突いてアドを取ってこないものだから、味方全員巻き添えにして盛っ大に煽ってやりました。僕は拠点を取り、中央に横槍して1キル取り、気合兵士を手配し、アタッカーに海賊王キルさせ、巨人を2度受けた。それでもアドを取ってこないどころか、終盤向こう岸のレーンに味方が3人密集し、僕は実質1対2の状況で敵軍強化陣を受けなければならなくなった。孤独で過酷な戦いを強いられ、撤退0なのにたった1ナイスしか無かった。今思い出すだけでも腹立たしい・・・!そんなにナゾノババーが嫌いか?助ける価値が無いと思ったか?俺を助ければリターンがあるのに?などと言いたくなるものです。「お前らに託した俺が馬鹿だった」という本音は漏れましたが。
僕が「剛の者」として強くなれと言うのか、周りがもっと強くあれと言うのか。答えはそのどちらもだと思います。

誰しも絶対無敵の完全勝利者ではありませんが、やるからには勝ちに行く!拠点を2抜きされてでも。なにか方法はある、さいごの一本まで「勝つ手段」を考える。時には業を背負う覚悟をして欲しい。僕はあえて業を背負い、味方に後のことを託します。「気にすんな、行ってこいよ!」と。
僕から「耐え時だ、ここは任せてもらおう」「ここで押し止めるぜ!」「ここで粘るぜぃ!」といった台詞が聞ける時には、まさに腹をくくった時。
だからそれに本気で応えて欲しい、業の者たる僕からのお願いです。
粘ると言いながら、本当に顔面張れる時もあるので、その時は背中を押しますから。

・・・ワガママを言ったか・・・たまにはガンッと言わせて欲しい。
更新日時:2017/11/11 03:45
(作成日時:2017/11/11 03:45)
タグ
雑談
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア