2944

ジーン使いが淡々と語るステキャンのお話

by
Iase*Ast
Iase*Ast
どうも、めるぽです。
評価緩和もあってかスムーズにCR24目前まで迫りました。まだまだ頼むぜ魔神ちゃん!

さて、今更なんでこんな記事立ち上げたかといいますと暇だから

~先週の店舗リプレイのワンシーンにて~
Ver2のCR20~22戦が流れていたのですが、負け側のジーンが端レーンで戦っていたのですが、掌握渦剛腕構成で芋るばかりで前線を押せないまま対面に二抜きされる姿…(その後ジーンが自城で捨てゲーしてました、良い子は真似しないでね!)

もう一度、リプレイを見てみると魔神化してもステキャンを一度も使わないまま淡々と兵士の後ろでドローをポンポン撃つばかり…そして奥拠点を折られて味方を煽る…

ちーがうだろー!ちがうだろー!
お前はどれだけ味方の心を叩いてる!
これ以上ジーン君の評判を下げるな!
ジーン君の心を傷つけるな!
これ以上ジーン君のファンを怒らせるなぁぁぁぁ!

これから24時間に渡ってステキャンの重要性について語ってやるわ!


という訳にはいかないですが、まずはステキャンの重要性についてお話ししたいと思います。
又、この内容はヴァイスにも多少通じているので参考になると嬉しいです。

その1 ステキャンとは
別ゲー用語に置き換えると、モーションキャンセルに近いテクニックです。
ワンダーには回避硬直が存在し、このタイミングには大きな隙が発生します。
しかし、一部キャストにおいては回避硬直の軽減効果を持ったアシスト・スキル・固有性能が存在し、それに該当するキャストが
アタッカー スカーレット(ウルフレイド)
ファイター ジーン(魔神化中)
サポーター ヴァイス(白き影のダークブーツ)
この3キャストです。(乗せ忘れがあったらゴメンナサイ)

中でもステキャン移動が有用なキャストは、魔神化ジーン及び専用発動中ヴァイスの二人です。
スカーレットでも特定条件下であれば有用ですが、少し省かせてもらいます…(アタッカー操作が苦手なんだよォ!)

その2 ステキャン移動のやり方
簡単に図に表すとこんな感じです。

回避硬直減少は確かにそのままでも効果を実感はできるものの、少しだけ回避後に起き上がる部分の演出が起きて真価は発揮できていません。
ヴァイスの専用発動中は特にそれが顕著に表れています。ヴァイスの専用はこの動作をこなせる様になってやっとアシストの真価が発揮されます。
ヴァイス上位陣はこの専用装備絶対に外さずに愛用する理由は、この動作が全てとも言えるでしょう。何故ならステキャンすると、回避硬直がほぼゼロになるんですもの…。もはや変態
対して魔神化ジーンはヴァイス専用に比べて硬直が少しながら残りますが、ファイターという立場上だけありレーンをステキャン移動で敵を翻弄しつつ猛スピードでレーンを押し上げることも出来れば、横槍が来た時にはステキャン移動を駆使して猛スピードで後退する事もできます。
注意することは、暴発が一番怖いです(特にドロー)。
何故なら硬直ガン晒ししながら謎ドローを発射して貴重な魔神化時間を無駄にしてしまうのですから…。魔神化の時間はとても重い。
自分も必ず意識しているのですが、相手にドローをぶつけるつもりでいるならばドローステキャン移動。
前線に急いでいる・後退時はSSステキャン移動をしています。後退時にはぶっちゃけ絨毯があるならばそれが一番早いですが、相手との距離が近いと絨毯移動を阻害される恐れもあるのでステキャン移動で間を取って絨毯の流れを意識すると振り切れる可能性も高くなりますので絨毯愛用者も覚えておいて損は無いです。
欲求・掌握型の人には必ず求められる撤収方法なので、まだ実践したことが無い方は修練場で早いうちに練習することをオススメします。

その3 実戦でのステキャン移動の扱い方
ステキャンは様々な応用が利き、攻め・守り・移動にも非常に便利です。
攻めに関しては、ステキャンを利用することにより相手を焦らせる事も出来ます。
例えば、ドローを構えて動作上は相手から見ると撃ってくるとフェイクを掛けて、緊急回避及び相討ち上等ドロー・SSを発射誘発させて回避し、お返しドローをプレゼント。相手の裏をかく戦術をこなせる様になります。そして、相手がダウン中に兵士処理をする等次へ次へと繋げることも可能。

ただし、一つ忘れてはならない事は全て時間制限があるということ。
ヴァイス専用・ジーン魔神化の効果時間を忘れると、いざという時に横槍・対面から逃げる手段を失いかねないので注意。
ステキャン一つ覚えるだけで、キャストの真価を見いだせるのでステキャンを初めて知った初心者やステキャンを使ってないプレイヤーの方は今からでも遅くありませんので覚える事を大いに推奨します。

最後に
自分の責任を他人に押し付けるような捨てゲー及び、煽る行為は止めましょう。
そして素直に味方に謝りましょう、PvPなんだから強い弱いが出る事は多々ある事。
「人の振り見て我が身ふり直せ」それが上達への近道です。
更新日時:2017/12/17 01:19
(作成日時:2017/12/17 01:19)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア