727

新リンクシステムについて

by
ナガタニ
ナガタニ
検証とかではないです。

ver3が稼動して新キャストうおおおおお新アシストうおおおおおおって感じなんですけど、新要素の中で1番「趣」を感じたのがトリオリンク・カルテットリンクの新リンクシステムです。
この新要素、つまりSEGA的にはいわゆる「3人(4人)に勝てるわけないだろ!」的な戦法・状況を推奨しているってことですよね?

そこで思い返してほしいんですけど先日行われた全国大会ROW3で3:1の状況がめっちゃありましたよね。
猿ピが一緒に端に行ったり骨エピが一緒に森に入ったりと、普段の全国対戦ではあまり見ることのない、固定ならではの戦法ではぁーうまおうまおって感じで楽しかったです。
たくさんフレマやってこの戦法に辿り着いたんだろうなーってあさお的下から目線で感動していました。

つまりこれってワンダーうまお達が三人定期強くね?って答えに辿り着いた裏で、SEGAも「三人定期が強いし新リンクシステムで推奨していこうぜ!」って思っていたわけですよね。
僕これすごいいいなーと思ったというかなんていうか、いいなーと思ったんですよね。
みなさんもなんかいいなーって感じになりませんか?



本題からずれるし完全に僕の思い込みなんですけど、SEGAってこれまでも啓発じみた新要素の実装をしてきているなーって思いませんか。
「シャープアイで森が見える!つええ!」→「ああじゃあ森って確保しておくと強いんだな」とか、
「マグスで笛ゲージ溜めるために有利要素(兵士ラインとか位置取りとか)を一時的に捨てる」→「得られた有利要素を押すだけじゃなくそれを消費して他に有利を作る」みたいな感じで。
ワンダーは調整の意図とか経緯をほとんど明かさないゲームなので全部妄想なんですけど、こういうことを考えていると新要素をもっともっと楽しめると思います。






火遠理は楽しくないです。
更新日時:2017/12/19 21:14
(作成日時:2017/12/19 21:14)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア