827

「ロールエフェクト」

by
ナゾノババー
ナゾノババー
◆▲● 下で動画をやるぞ! ●▲◆

今更だけどいよいよver3が稼働しましたね。
ボクが一番考えたのは「ロールエフェクト」の使い方と、そこから発生する「味方同士のシナジー効果」はどうなっていくのか、という事。

まず、各ロールエフェクトについて・・・

◆ファイター:Lv6発動/自身と範囲内の味方キャスト・自軍兵士の防御力アップ
▲アタッカー:Lv4発動/自身と範囲内の味方キャストの攻撃力アップ
●サポーター:Lv3発動/自身と範囲内の味方キャストのスキル・ドロー消費MP軽減
 
【◆】の付いた自軍兵士にも エフェクト発動中


ロールエフェクトは重複することで、高位のシナジー効果を発揮出来るようになります。例えばサポーターがスキルアタッカーに対しロールエフェクトを掛けに行った場合、アタッカーはスキル消費MPを軽減しながら高火力を撒くことができる。MPをちょっとだけ温存する事が可能。これまで以上に、より「横」への動きが重要になったのではないか、と考えています。
クラフト専用装備」(便宜上こう呼称する)も登場し、WRだからかスペックが控えめな代わりに強力な専用特殊効果&ロールエフェクトを強化することができ、特に中央から戦場を飛び回る傾向にあるアタッカー・サポーターはクラフト専用装備を使うべきか否かをよーく判断すべきだと思ってます。逆にファイターは、自身のために使えても味方のために効果を使いに行けるのか、さらに発動Lvと発動時間や特殊効果次第ではきわどい印象も受けます。ただ使えた場合には強い!

早速クラフト専用装備を数点作ってみたものの、実際に使った中でオススメな逸品を紹介したい。

▲デス・フックのC(クラフト)専用【甦りし海賊王の義腕】
【特殊】一定時間経過毎にスキル攻撃力アップ【特殊】一定時間経過毎に自身のエフェクト内にいる味方のスキル攻撃力アップ がキモ。単品で見た場合には「蜂ノ巣ヲ刺セ!」(ミサイルや命乞イでも効果は見込めるけれど)と言われているようなものですが、エフェクトを使う場合にはスキルファイター・スキルアタッカーとのシナジーが強いと言えます。
そして!何より!アイアン・フックと決められる2段スキルコンボ「ダブル蜂の巣」が激ヤバ火力に跳ね上がる!命乞イ始動で狙いに行ける事があるので狙ってみる価値が高い。ボクはダブル蜂の巣自体、実際決めた事があるのですが、見た目が 凶 悪 !また決めたい!相棒募集!
ミクサのC専用【継ぎし温もりの人形】の特殊効果も同様ですが、Lv5発動とちょっと遅め。ただし(レベル的に考えて)ホーリーインフェルノからのスキルコンボ・リンクコンボを決められた場合には凶悪極まりない。

▲ナイトメア・キッドのC専用【悪夢を刻むナイフ】
【特殊】一定時間経過毎にストレート射程アップ によって、これまで【大風払いの扇】を用いてきた諸兄にとっては新しい選択肢となり得る。攻撃力はどうせエンドルフィンで上げなければ洒落にならんと割り切れば問題ないので、大風からナイフに変えたことによって上がるHPを活かせば良いと思いました。またエフェクト強化効果の【特殊】一定時間経過毎に自身のエフェクト内にいる味方のストレート射程アップ も、基本的には他のキャストに対して無駄にならない(大抵はお得効果)点は評価できる。そもそもナイトメアは戦場全体を飛び回ってナンボ。

◆大聖のC専用【神仙猴の古き胴着】
ファイターのC専用装備は、正直言うと自分自身のためにしか使いにくいうえに、エフェクト発動がLv6と遅めなため、エフェクト強化効果が腐る可能性のある装備があります。古き胴着のエフェクト強化効果【特殊】自身のエフェクト内にいる味方のドロー射程・描ける線の長さアップ も、基本ファイターが活かしやすい効果であり、アタッカーやサポーターでは・・・と言って然るべきではないかと思います。
とはいえ、【特殊】自身のドロー射程・描ける線の長さアップ は大聖にとってたいへん魅力的。この効果だけで被弾率を軽減、発生・弾速が優秀なドローを一方的に刺す、更に【斉天大聖の金冠】の金冠ドローを撃ち込んだりと、自身に対する効果が有益。金冠ドローなめんな。意外と当たるぞ。
・・・まだまだクラフト出来てないから、これだけですまん・・・

さあ、出港だ!ここからはver3系1発目の動画です。


使用動画:ナゾノ・イン・ワンダーランドV 第1港 白銀の最終防衛線!
開幕の自身に対するカメラワークが変わってますよね。それをサムネイルにしています。黒服も白服も着せてない!
公式サイトを見ると、カスタマイズで開幕モーションを変えられるようになるとかなんとか?

ボクもたまにマヌケだけどただのフック使いではありません。小技がちらちら見え隠れしています。

・ストレートの当て方
9人兵士列に対し、兵士の真正面にしっかり直当て→直当て1ヒット+隣接した兵士に爆風をかぶせてさらに2ヒット、計3ヒット叩き出すことで【飛翔の赤兎馬】の発動を早めます。ヒット数で発動するタイプのアシストを中心に、案外フックも大好き【幻炎に映る聖樹】の特殊効果発動を早められるテクニックになるか?
砲弾の卑怯判定を活かした直当てや、爆風をかすめる「だけ」の当て方を狙っていることも・・・あるかもよ?

4:14~
「ストレート構え」を若干長くして発射する、いわば「ディレイ撃ち(遅らせ)」を使います。

キャストをペンでタッチし続けると「ストレート構え」をすることができます。

・その状態でペンを外せば、(移動が出来る)普通の立ち状態に戻ることができる。
・タッチしたまま直線入力すれば、攻撃する。
・タッチしたままボタンを押せば、今度は「ドロー構え」に移行できる。

フックの場合、ストレート入力~発射までの「~」の部分にタイムラグが発生します。「ストレート構え」をほんの一瞬ではなくしっかり見せることで、相手に「ストレートを入力した」と思い込ませる「ストレートフェイント」を用いる事が可能です。ここではボクが気合でマウントポジションを作ってあるため、無敵時間が切れる瞬間を狙う「起き攻め」としても、ストレート構えを使ってあります。

残り1:00~
無意識にロールエフェクトを使っていた瞬間です。
気合兵士に紛れる突破術、とっさの機転で思いついた事がありましたが、それをまた使いました。気合兵士はうかつに接近しにくい、むしろ集団だと対キャスト・対巨人火力が相当やばいので、それをボク自身の安全地帯にしながら、そのまま兵士を拠点に焚き付けて突破します。気合+エフェクトでさらに兵士の防御力が上がるので、若干ではあるものの兵士が倒れにくくなるというシナジーが発生。噂では吉備津彦自身のエフェクト・共鳴の位・C専用(陣羽織)を組み合わせることで、らいんふれあを耐えられるようになると聞く。さらに強化陣を加えればあの憎きクリスタルレインを耐える強化兵士を作れる?

・ちなみに気合兵士人混み紛れは、NiW弐-31「あの頃の己を超えて行け」で実際に用いたやり方です。この回はなんの偶然か、動画開始1周年間近のメモリアルマッチだった・・・
https://youtu.be/Air4erBP_j0

やっとエルガーグランツを1枚クラフトし、スターブリンクが手に入った・・・という状況なので、もう少しだけ旅の支度は続きそうだ・・・
七海の王のマントを使うビルドをやるかどうかが悩ましい所存です。
更新日時:2017/12/23 16:55
(作成日時:2017/12/23 16:55)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア