823

「構え」を使ってみよう

by
ナゾノババー
ナゾノババー
普段はパッと入力して撃ちきってしまうストレート・ドロー攻撃ですが、慣れればそれをフェイントその他高等なテクニックとして昇華することが出来るようになります。そのために会得する必要のある概念が「構え」というわけです。
構えを使うにあたりキャストで差異が出てくるかも・・・例えば「ストレート発生が速く終了後硬直が短めなキャスト」というのが典型か。

・画像は過去動画のさまざまな箇所から用いています(すべてロックを外して解禁済み)
 

【ドロー構え】
いつも通り、ペンのボタンを押したままキャストをタッチし、そこから自由曲線もしくは直線を引くことでドロー攻撃を行います。
これだけでは何の変哲も無いドロー攻撃ですが、ボタンを押したままタッチし続けることで「ドロー構え」のモーションを維持することが出来ます。構え状態中は、自身の周囲に白色のサークルが出ている状態になります。(スキル発動時サークル色違い
ここから取れる主な行動は以下の通り。
*ドロー構えをするためには、消費軽減・増大状態問わずドロー消費MPが必要。不足時は構えを取れない。

・いつも通り普通に線を描くのも選択肢
・線を描かずそのままタッチを外せば、歩きが出来る通常状態に戻る
・回避でドロー構えをキャンセルし、通常状態に戻る
・わざと線を遅く描くことでディレイ撃ち(遅らせ、要は後出しや起き攻めに近い)が可能
・線を描ききらずに構えを見せ続けることで、見ている相手に心理戦を仕掛ける。
・線を描いても自身にペン先を移動させるドローキャンセル(通常状態に移行)。ドロー攻撃が暴発しがちなのでオススメしない

ボクはこの概念を用いて、ドロー攻撃ですらフェイントに使うことがあります。
特にフックでアタッカー・サポーターが対面だった場合に刺さることがある(実際あった)ケースが、
  1. フック(ボク)がドロー構えを見せる。
  2. 相手がボクをしっかり見ていなかった場合の心理は「卑怯ドローを当てられる」(この時ドクロ帽があれば尚よし)。
  3. 今回は心理通りだったと仮定して、相手は緊急回避で後退&硬直を晒してくれる。
  4. ボクは緊急回避硬直に攻撃を刺すか、レーンのラインを上げることが出来てウッホホーイ!
と、いうもの。この一連の流れは、ドロー攻撃の発生や弾速に優れる吉備津や大聖で出来ると強いでしょう。心理戦を押し付けるのも一興。
 

【ストレート構え】
特にフックやデス・フックで使えると強力なテクニックです。ほぼ専用かもしれん。他のキャストでも、適正距離でストレート構えを「見せる」ことで、緊急回避を強いることが出来る場合はあるけれど。
自身から発射方向に向けて直線を引くことで、その方向にストレート攻撃を発射する、これはいつも通りです。
しかし、ペンのボタンを押さずキャストをタッチしたままにすることで「ストレート構え」を維持することが出来ます。
構えを維持した状態から、以下の行動を取ることが出来ます。

・入力して発射、ドロー攻撃同様一般的な選択肢
・ドロー攻撃同様、回避によるキャンセルが可能
・タッチを外すことで、通常状態に移行
・タッチし続けて構えたままでも、そのままペンを動かし発射方向に入力することが出来る。
・構え状態は、ドロー攻撃の時同様タッチし続けて維持できる。(待機状態ではなく、立ち止まり状態。)

上記5つはドロー攻撃の時とほぼ同じ事を言ってますが、この次がストレート構え時に可能となる唯一特殊な行動です。

・ストレート構え中にボタンを押せば「ドロー構え」に移行できる。以後ドロー構え時の行動。
  1. 大兵士等を倒す素振りかなにかでストレート構えを見せた
  2. でもやっぱり兵士列を押さえ込みたいのでドロー攻撃に移行する
  3. そのまま処理してもいいし、キャンセルしてもいい
ほんの一例ですが、こんな芸当が十分可能です。

ストレート構えに関してはフック、デスフック専用のテクニックに近いですが、仮に使う場合コツがあります。それはストレート発射モーションとその間隔、ならびに感覚を覚えておくこと。
フックの場合、一般的にストレートを入力した場合「砲身が完成して少し経過→発射」(シュイッ・・・ボン!)、デスフックの場合「正面に構えてすぐ発射」(シュイッ、ボン!)というような感じで発射されると覚えておきましょう。
ストレート構えを用いたフェイントが可能ですが、発射間隔を知っている人には確実に見られている反面、知らない人やしっかり見ていない人には本当に刺さります。

さいごに。
フックで温羅やツクヨミに対面するために、構えやそこからのフェイントを使うようになりました。一時期温羅に対面出来なかったからなあ。
仮にフックで温羅と対面したとして「フックのドローorストレート発射後硬直に対して悠々と刺しに来る」のが大抵の心理。だったら、硬直を晒す素振りを見せて、実は硬直してなかった・・・というのを誘おうと考えるようにしました。
書いてることは難しいですが、理解し極めていけば、少ない労力・少ない消費MPでレーンを上げられる・・・かもよ?
更新日時:2017/12/30 02:06
(作成日時:2017/12/30 02:06)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア