310

舞闘会帝王・心労神父

by
ナゾノババー
ナゾノババー
皆様ごきげんよう・・・仕事ド畜生
舞闘会帝王、正直初日から心労でした・・・8戦中4勝4敗、4連敗して4連勝、なんてこった!

負け試合における負け筋の大筋がデス祭りだったように感じました。ボク(端F)が2抜き目前まで頑張っても、他のレーンでデス祭りになると総合的に勝たなくなる。仮にボクが悠久門側で2抜きを成功させたとしても、隣で特大拠点まで抜かれたらどうでしょう。これはゲージ差負け(特大が落ちてるので落城負けする可能性も大いにある)している状態になるかもしれません。
初日、ボクは自分のレーン単位でゲージ差勝ちしたが、他2レーンが大幅に圧されているので・・・って試合が2つも。トータルで勝っていくを目指すべきなのです。

負けないために・勝つためにどうすべきなのか、少しだけだが反省会だ!

▼デスは極力抑える
言うまでも無し。特に序盤のデスはレベル差を付けられかねない(筐体tipsより)ぶん、手前拠点を放棄してでも離脱する勇気は必要だ。また、デスると頭数が減る、つまり盤面維持要員を欠くことになる、とも心得よ。また可能であれば味方の離脱を手助けしてあげてほしい。

▼チームに最終手段はあるか?
分かりやすいところではフックの海賊王・デスフックの不滅・美猴の怒髪をはじめ、それに起因した「最・終・手・段」というものがあるかもしれません。諦めるな。
手前拠点を抜かれても、ソウルゲージが上昇し巨人で拠点の手前交換以上に持ち込める場合がある。「次はどこにどの巨人が召喚されて、該当者はそれをどう活かすか」を考えましょう。難しいですが、ビルド・スキル構築から巨人先導、併せて巨人への対抗策を構築してもよいでしょう。

それでも無理なら、強引な城凸・拠点攻めも最悪検討すべき。


▼落城勝ち試合のハイライト
勝てる要素」を考えて、初日の反省会はしまいにする。

自軍はフック(ボク)・ドルミール・ミクサ・エピーヌ、相手はシャリス・フック・スカ・シレネ
ペンランクは自軍ゴールド3・ルビー1、相手はシルバー2・ゴールド2
ボクを含めた左右がペンランクで勝っており、ファイター屋台骨と見立てたところです。

ドルミールの方が対面シャリスに刹那門2抜きを果たしてくれました。「守りを固めるぞ、気合を入れろ!」この時点、全体号令で有利状況の維持をお願いしたところ、中央の護衛にも立ち寄ってくれた挙げ句、最終的には城凸まで成功していきました。
一方のボクは悠久門フックミラー、小拠点を残したまま有利で対面出来そうだったため、中~終盤は「耐え時だ、ここは任せてもらおう」、俺に世話を焼かんで大丈夫だと言わんばかりに、中央の盤面維持を優先してもらうようにしました。有利状況からミクサの方と2段スキルコンボ「蜂の巣インパクト」で対面の1キルアシストしながら、そのまま悠久門2抜きによる落城勝ち。

当然スカの方が殺しに来る状況。一方で盤面の維持は総合的にこちらに分があった。ボクも終始有利であったため、レーンに対する戦力を過剰にしなかったのも重要か。固執しすぎて他が疎かになるのはよくある話であり、そうならんために敵味方の力量を見抜けるのも時には必要である。


舞闘会帝王は2日目までしか参加出来ませんが、やるだけやってみるか・・・
更新日時:2018/08/03 02:04
(作成日時:2018/08/03 02:04)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア