1359

【Ver3.21-E現在】MSの効果及び用途解説リスト

by
Iase*Ast
Iase*Ast
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
こちらのページはマスタースキル追加・修正に応じて随時更新を掛けるつもりでいます。

ここでまず先に注意事項を
・使用用途にはなるべく色んな人の意見を聞きたいのでコメント欄に細かいデータなど載せて頂くと助かります。現存するアシストとの比較程度でもOKです。
・書き主が使ったことのないMSも存在するので第三者の情報を介して載せる場合もあります。基本的に不確定要素を載せるは避けたいですがデータがない場合は -調査中- ですっ飛ばす場合もあります。ご了承下さい。

■レアマスタースキル一覧
基本的に効果が微々たるもので実用性には向いていないが、現状全てのレアMSはクラフト素材のベースとして存在している。

攻撃スキル
現状無し
強化スキル

・物語の足袋
【効果】即時発動、スピードが上がる
【用途】即時にスピードが上がるが上昇値・使用回数・ファーストタイムほぼ全てにおいて劣っているため実用性は無い。フロストウォールのクラフト素材のベースとしても扱われる。

・物語の水衣
【効果】即時発動、スキル防御力が上がる
【用途】スキル防御力の上昇値は低く、自衛に使おうにも大ダメージは避けられない。トランクを採用したほうが身のためかもしれない。ミルキーウェイのクラフト素材のベースとしても扱われる。

・物語の強弓
【効果】即時発動、ドローショットの攻撃力が上がる
【用途】ドローショットの攻撃力上昇値は高くない上に兵士処理効率に若干役立つ程度。上位互換におとぎ話の黒騎士があるのでそちらを採用したいところ。エルガーグランツのクラフト素材のベースとしても扱われる。

・物語の鎖鎌
【効果】即時発動、ドローショットの射程が上がる
【用途】ドローショットの射程で相手を狙いやすくなるが、正直広がる範囲は微妙。上位互換におとぎ話の黒騎士があるのでそちらを採用したいところ。ラージェグランツのクラフト素材のベースとしても扱われる。

・物語の石砦
【効果】即時発動、兵士防御力が上がる
【用途】被弾は避けで減らせる上に被弾前提の動きをすることは基本的に無いので実用性はとても低い。シリウスブリンクのクラフト素材のベースとしても扱われる。

・物語の玉兎
【効果】即時発動、回避距離が上がる
【用途】回避距離は微々たるものでどの上昇系アシストより低いので採用する理由がない。おとぎ話の韋駄天のクラフト素材のベースとしても扱われる。

妨害スキル
現状無し
回復スキル

・安らぎの一滴
【効果】即時発動、MPが僅かに回復する
【用途】フリックしてMPを即時補充できるMSで、4回補充可能。ただし回復する量は本当に微々たるもので最大まで強化してもMP5までしか回復しない為実用性には全く向いていない。安寧の点滴のクラフト素材のベースとしても扱われる。

移動スキル
現状無し
■ワンダーレアマスタースキル一覧

攻撃スキル
・ラージェブランド
【効果】フリック後に円形の範囲が出現し、数秒後に範囲内の敵兵士・巨人に特大ダメージを与える。使用回数は2回
【用途】用途として非常に扱いやすく、兵士が溜まっているところに放り込むだけで兵士が全滅する。巨人にも目に見えてダメージが入るので巨人を巻き込んだ兵士処理に使用すると恩恵を受けやすい。強化兵士でいくら防御力を上げても防御無視ダメージなので問答無用で処理できるのも強みだが、攻撃力はLVやバフによる変化が一切無い為巨人に対しては与えられるダメージは一定。また、敵キャストに対してはダメージを一切与えられないので注意が必要。端に立つアタッカーやドルミールの「覚醒の祝福」の効果を利用したMPチャージに採用される場合が多い。使用回数は2回しか無いので使うタイミングには注意されたし。

・ラージェホルン
【効果】即時発動、自分のレバーが向いている方向に貫通攻撃を放ち敵兵士・巨人に大ダメージを与える。使用回数は4回
【用途】兵士一列を確実に処理できるが兵士の横に立たなければならない用途を選ぶマスタースキル。インファイトを仕掛ける事が可能なサポーターに向いており相手を牽制させながら横一線を瞬時に処理できる。ラージェブランド同様ダメージは一定なので強化兵士でも吹っ飛ばせる。但し重ね0だと大兵士がミリ残るので確実に1列処理するには重ねる必要がある。巨人に対しては雀の涙程度のダメージしか入らないのでほぼ意味がない。

・エルガーグランツ
【効果】即時発動、範囲内にいる敵キャストに小ダメージを与える。使用回数は3回
【用途】自衛MSの究極系、即発動できる竹と思っていい。ヒットすれば硬質化が掛かっていない相手でなければダウンを奪える為一方的に当てられればその間に兵士処理・敵から逃走に転じる事が出来る。横槍からの自衛に真価を発揮するがブリンク系統で回避されると詰む場合があるので相手の遊撃のMSには気を配っておきたい。また相討ちダウンされても同様詰む場合があるので兵士を挟んだ使用方法が有効的である。

・ラージェグランツ
【効果】即時発動、範囲内にいる敵兵士・巨人に特大ダメージを与える。使用回数は2回
【用途】エルガーグランツに比べて範囲が広く、用途が真逆になっている。ラージェブランドと異なりこちらは即時発動なので一瞬で消し飛ばすことが出来る。範囲も広いので多くの兵士を巻き込んだ処理が出来るが、自身を中心とした範囲攻撃なのでヴァイス・ピーター・温羅といった兵士に囲まれても対処方法を持つキャストでないと採用は厳しい。また巨人に対してヒットさせるとダウンするので進軍を若干遅らせる事が可能。また兵士が拠点に流れ込んできてもフリックするだけで一瞬で退ける事が出来るのでなにかと便利。

・エルガーホルン NEW
【効果】即時発動、自分のレバーが向いている方向に貫通攻撃を放ち敵キャストに小ダメージを与える。使用回数は5回
【用途】修正されて封じられていた旧ラージェホルンが分霊になって帰ってきたという表現が正しいか。完全なコンボパーツとしての運用を目的とされており、非ダウン性能なのでキャスト攻撃→エルガーホルンでダメージ&硬直キャンセル→大ダメージ攻撃の用途になる。射程はラージェホルンより長い射程となっておりやや遠くの敵にも有効。ホルン→獲物・掌握類が確定で刺さる為攻撃的なコンボとして有用。ただし、掌握→ホルンは少しだけ回避入力が可能なためコンボはほぼ不可能。ラージェホルンよりヒット判定は大きく発生が早いので相手の不意を狙うのには最適。コンボはここから始まるゥ!

強化スキル
・おとぎ話の火縄銃
【効果】即時発動、ストレートショットの攻撃力と射程が上がる。使用回数は2回
【用途】一時的にSSを大幅に強化してくれる支援MS、一撃を重く確実に狙えるキャストであれば採用価値は高い。特にジュゼは非常との相性は非常に強く、ドール・ザ・リッパー(♡消費時)と相性が良くLv4でも一撃でスマッシュヒットを叩き出せるほどの破壊力、アシストが全開放されるLv5以降では状況によってはクリティカルヒットに近いダメージを叩き出せるのが魅力。火縄銃で射程も伸びるのでより確実にキルを狙える。他のキャストに採用する場合はスピ―ドを盛る必要があるのでどちらかというと韋駄天やブリンク系に見劣りする場合が多い。

・おとぎ話の黒騎士
【効果】即時発動、ドローショットの攻撃力と射程が上がる。使用回数は2回
【用途】一時的にDSを大幅に強化してくれる支援MS、通常は射程外の地点から敵キャストを射程に入れられるので予想しずらいDSや弾速の早いDSをを放てるキャストであれば恩恵は高い。兵士処理にも高い効果を発揮してくれるので的確に一列処理をするのにも一役買うことが出来る。またファイター以外にも突進DSを持つアタッカーへの恩恵もあり、闇吉備津・スカーレットが森から奇襲を掛けたりあともう一射程欲しい時にも採用できる。ただし、ファイター以外が兵士処理を目的に使うのは威力減衰の都合上無理があるので攻撃MSの方がよい。

・おとぎ話の城塞壁
【効果】即時発動、防御力が上がる。使用回数は3回
【用途】防御力を上げる事で生存力が高まるが、そこまで上昇量は高い訳では無い為採用理由が薄い。用途は現状調査中…

・おとぎ話の魔導書
【効果】即時発動、スキル攻撃力とリンク攻撃力が上がる。使用回数は1回のみ
【用途】スキル攻撃力を短時間ではあるものの爆発的に上げる事が出来る。スキル主体のキャストであるミクサには非常に適正が高く、非ダウン連続ヒットのWSがリンクダメージ上昇効果と相まって強力なMSとなっている。他のスキル型キャストにはMSでスキル攻撃力を盛るよりもブリンクコンボや韋駄天爆走を活用したキルが主流なため採用率は低め。ミクサもここ最近はブリンクコンボを採用している場合が多い為魔導書ミクサは数が減ってきている。

・おとぎ話の韋駄天
【効果】即時発動、スピードが上がる。使用回数は4回
【用途】超短時間ではあるが夢風並みのスピード上昇バフが掛かった状態になる。追撃・歩き避け・逃走に非常に役立ち、多くのキャストに使用されている汎用性の高いMS。ただし効果時間は約4~5秒程度なのでダウンを一度でも取られると起き上がった時点で効果が切れるのでタイミングには注意されたし。アタッカーやファイターでMS選びで困った時はこれを採用しておけばまずハズレは無い…と思う

・おとぎ話の大英雄
【効果】即時発動、Lvが上がりWSの効果時間が延びる。使用回数は1回のみ
【用途】Lv4で無理矢理WSを発動できてしまうMSだが、ファーストタイムが魔導書と同じ遅さな為泥仕合が続くかLv遅れが起きている時にしか発動意義が少なくなるがWSの効果時間を引き延ばすことが出来る強力な効果を持つ。一時的に高いLvアシストを解放させる方法にも使えるがタイミングには気を付けたい。

妨害スキル
・シルキーアート
【効果】即時発動、範囲内にいる敵キャストのスキル消費MPを徐々に増加させ続ける。使用回数は3回
【用途】スキル消費MPを増やさせるどちらかというとウザイMS。一部キャストには思いっきり刺さる特異な効果で範囲内にいる限り実質スキルを発動できない状態に陥るので嫌でも範囲外に出ざる負えなくなる。特に怪童丸はこの範囲に少しでも入れば即座にチャージがリセットされてしまうのでこの中に逃げ込むのも一つの手。

・フロストウォール
【効果】フリックすると範囲が出現し、一定時間後にスロウを与える範囲を発生させる。壁を越えての発動が可能。使用回数は4回
【用途】強力なスロウ地帯を発生させて相手の動く場所を阻害する事ができる。また、範囲内に敵キャストがいた場合自由に動くことが出来なくなる。ジーンや深雪乃であれば、大渦ブラックホールコンボや涅槃雪でその場で美味しく調理する事が可能、森の出入り口に設置して退路を減らす用途にも使える。ただし、相手がブリンク系を持っている場合は直ぐに抜け出されるので注意が必要。ヴィラン戦の錫の兵隊に対して一番有効なMSだったりする。

・ピクシートリック
【効果】即時発動、敵から見えない罠を設置する。敵キャストが罠の範囲に入ると一定時間後に爆発し相手キャストに小ダメージを与え、攻撃力を下げ、発覚状態を付与する。使用回数は5回
【用途】ブラインドトラップと同じ仕様で踏むと一定時間後に爆発し相手にダメージとデバフを与えるオシオキ装置。ファーストタイムとリチャージが早く使用可能回数は現状最高値、攻撃力は一定時間少量だが下げる事が出来る上に、自分がデスするまでそのキャストに発覚を与え続ける事が出来る何気に凄いスキル。ただしこの発覚は自分しか見る事が出来ないので敵の遊撃を集中マークすることで全体のデス数を抑える事が可能となる。敵にリフレッシュ効果を与えるキャストがいる場合は即座に発覚を解除されることもあるので敵の編成によっては採用に至らない場合もある。

・ノッカーウォール NEW
【効果】フリックすると範囲が出現し、一定時間後にスロウを与える範囲を発生させる。壁を越えての発動が可能。使用回数は2回
【用途】強力なスロウ地帯を発生させて相手の動く場所を阻害する事ができる。また、範囲内に敵キャストがいた場合自由に動くことが出来なくなる。ここまではフロストウォールと同じだが範囲の横幅がレーン丸ごと一つ覆いつくす程の巨大範囲で発生もフロストウォールに比べて早いのが特徴。効果時間のデータが現在出ていない為後日要検証、範囲が広いので単にブリンク使った程度では逃げられないのも特徴。ただし、フロストウォールより強力な分使用回数と効果時間が減少しているのでタイミングには注意を払いたい。


回復スキル
・快癒の点滴
【効果】即時発動、HPを回復する。使用回数は2回
【用途】デフォルトで存在する即回復MS。どのキャストに扱ってもハズレは無いが1メモリ回復程度なので保険程度とはいえど心もとない。カードが集まるまでは基本的に動かさないでいいが、快癒のまま放置して上に上がっていくのには限界があるので注意されたし。

・安寧の点滴
【効果】即時発動、MPを回復する。使用回数は2回
【用途】癒しの一滴の上位互換、それでもMP回復量は15未満と回復量としてはかなり寂しい、Ver3初期で暴れまわった代償か。現状採用するのは厳しめ。

・快癒の神楽
【効果】即時発動、HP最大値を上げHP継続回復状態になる。使用回数は2回
【用途】HPの最大値を底上げしてくれるが回復量は低くあまり効果的には期待できない。ただ、味方にシグル・シレネがいる場合はワンチャン使えない事は無いが最大値を上げる為にこれを採用するのは厳しい。

追記:例外としてシグルドリーヴァのみWS中の回復量上昇バフによって回復MSが輝く。だが効果時間中に使えても1回だけでそれ以外の場面での利用価値が少ないのが難点。

移動スキル
・スターブリンク
【効果】即時発動、自分のレバーが向いてる方向に高速移動する。使用回数は2回
【用途】アタッカーとファイターに採用率が高く、主にコンボパーツや緊急脱出時に使う場合が多い。覚醒めの勇者ヴァラーと相性が良く一度使用してコンボをつなげるだけで撃破ダメージがそれ以降上がった状態で戦えるのでチームゲージに与える影響力を上げる事ができる。高速移動中は無敵だがフリックした瞬間だけはダメージは受けるタイミングが存在する(発動失敗した時は回数は減らない)

・ミルキーウェイ
【効果】即時発動、自城へ瞬間移動し一定時間スピードが上がる。使用回数は1回のみ
【用途】緊急離脱装置とも言えるMS、敵が目の前に迫ってても無理矢理帰城できてしまうので特にデスが許されない大聖などと相性がいい。ただし、帰城までに若干発動演出があり、その間に攻撃を受けると帰城失敗し回数も消費してしまい絶望的な状況に立たされるので注意が必要。

・シリウスブリンク
【効果】即時発動、自分のレバーが向いてる方向に高速移動する。ただし、一定時間攻撃力が大幅に下がる。使用回数は4回
【用途】スターブリンクの亜種、使用回数が増えている代わりに攻撃力が大幅に下がるデメリットが付随している。そのため追撃に使うことが出来るが決定打にはならない。大ダメージを狙うのではなくダウンやコンボ、逃走を狙うのであればこちらを採用する場合がとても多い。ただ、最近追加されたヴァラーの影響でスターブリンクと用途が区別できるようになった事もありプレイスタイルやロールによってどちらを採用するか考える事が出来る。シリウスブリンクの攻撃力デバフはレジストで弾く事が可能。気高き獣公爵の服やシレネWSといった効果を受けている場合は実質スターブリンクと同じ用途ができる。

・アステロイドゲート NEW
【効果】即時発動、フリック時に最もHPが少ない味方キャストの位置へ瞬間移動する。更に自身とその周囲にいる味方キャストのスピードが上がる。使用回数は2回。
【用途】ミルキーウェイと効果は似ているが用途が特殊になっておりHPが少ない味方の近くに瞬間移動できるのが特徴。HPが少ない味方キャストが帰城したのを見計らって使用すれば疑似ミルキーウェイと味方のレーン復帰フォローにも使える。また、ゲージ僅差の城凸時にも役立つので切羽詰まっている時に使用すると逆転への道標として働いてくれるかもしれない。他の用途としてアタッカーであれば弱っている味方の援助に繋がる等用途としては守備的なMSという方が正しいか。ただ、発動タイミングが悪いと意図した場所に移動できなかったりと若干扱いには難しい。スピードの上昇量は夢風並み。

更新履歴
2018
 9/7 1回目記述
 9/8 記事加筆・修正
    フロストウォールの使用回数誤植を修正 誤 3回→正 4回
    シリウスブリンク・フロストウォールの活用方法追記
    おとぎ話の黒騎士の説明で突進ドローキャストでの例外を追加
 9/12 2回目記述 新カード3枚追加、未検証データも存在するので近日中に更新予定
 9/17 記事加筆修正
    物語の強弓の名前が消えているのを修正
    フロストウォール(効果時間)・ラージェホルン(コンボ活用法・ヒット判定)の追加情報を記載
更新日時:2018/09/17 21:26
(作成日時:2018/09/07 02:05)
コメント( 3 )
NASU41
NASU41
9月8日 12時13分

シリウスブリンク
デバフ無効アシストを併用すると実質スターブリンクの効果を4回得られる.
特にスキル発動で効果を発揮する"気高き獣公爵の服"との相性が抜群.

TKGをおかわり
TKGをおかわり
9月8日 20時54分

失礼致します。
端フロストウォール教の信者です。
フロストウォールの使用回数が3回という表記になってしまっておりますが、4回なのでございます。
アタッカーは端レーン担当でフロストウォールを使うと、逃げ道を限定してスキルを当てに行くという使い方が可能です。
森の出入り口を封鎖したり、拠点の横の通路を片方封鎖して、もう片方の通路を涅槃雪や渦で封鎖すると楽しいです。
ただ、ラージェ系統のほうが普通に安定します。

Iase*Ast
Iase*Ast
9月8日 21時26分

NASU41さん TKGをおかわりさんご指摘ありがとうございます。
9/8中に記事修正・加筆させていただきます。

コメントするにはログインが必要です
シェア