2162

リンちゃんさんのアシスト雑感(武器、防具) ver2.05c

by
あきら様ゴールド
あきら様ゴールド
とりあえず採用されうるものだけ。


評価基準

A~B+  =  広く採用される、リンちゃんの上げたいステータスと合致したアシスト

B~B-   =  採用されているケースも多いが対面相性などで変更も充分にありえるアシスト

C+~C-     =      極まれに採用されている。リンちゃんの基本とは違う何らかのテーマがあって採用されるアシスト





・武器



蓬莱の玉の枝

採用度:A


単純にDSの威力底上げの点、後述の理由での経験値上昇が必要な点で採用度は非常に高い。入れられるならば可能な限りいれよう。

リンちゃんのDS威力だと、無強化の場合、一番最初の8人兵がほとんど残ってしまう。吉備津などはDS1回で最初の兵士を全て倒してしまうので、いきなり兵士量不利の状態からスタートすることになってしまう。


(参考画像。最初のDSを撃った直後のシーン。いきなり兵士量で差がついてしまう)

なので、蓬莱に限らずレベル1のDS中アップはかなり重要なので採用度が必然と上がる。ここで中アップしていると、兵士を全て倒すことができる。

しかしソウルに頼らずレベル1でのDS中アップを見ると、六尺の願い槌(HP中ダウン)、幸福の剣(スピード小ダウン)、海の魔女の短剣(蓬莱の劣化品)と、リンちゃんで落としたくないステータスを下げるものかただの劣化品しかないので、ソウルを使わない場合のDS中アップはほぼ蓬莱一択になる。

また、リンちゃんはらいんふれあで兵士を処理するため、他のファイターと違いチェインボーナスによる取得経験値増加の恩恵を得られないという弱点があるのでそれを打ち消すために蓬莱の経験値増加は是非とも欲しいところだ。

採用度は文句なしのA。

同じようにレベル2でフェニックスウィングで処理するサンドリヨンお姉様のストーカーもいるが、あいつは蓬莱などなくても単純に強いので見なかったことにしよう。よそはよそ、うちはうちです。





・美髯公の青龍偃月刀

・採用度:B-


レベル1でDSが小アップするためギリギリ蓬莱の代用として使えなくも無い一品。ただし最初のDSで兵士が4体残る(MAX前提)ので単純に代用として採用すると痛い目に遭うので油断は禁物。

しかしDS小アップなどは偶然くっついてきたオマケが偶然リンちゃんの需要に合致しただけであり、その真価はやはり防御力アップ

わずか16hitで発動するため、最初の8人兵×2にDSを撃ったら発動する計算になる。

効果時間はMAXで30秒、+0で25秒。蓬莱の代用として使う場合は可能な限りMAXが望ましいが、蓬莱など他のDSアップアシストと併用する場合は+0でもあまり気にならないだろう。切れてもすぐ発動するし。

防御力が上がることはリンちゃんと相性の良い点があり、それははーとうぉーみんぐとの親和性

はーとうぉーみんぐで回復する1メモリ(厳密には0.8メモリ)が青龍偃月刀の有無で頑強さが異なるので、どうしても前に出なければいけない相手(ツクヨミ、ジーン等)には採用を検討されるアシスト。

ただしあくまでも固定値カットのため、後半になり敵の火力が増してくると実感できないほどの軽減になってしまうため過信してはならない。漏れます。

三国志大戦4とのコラボイベント以降、入手する機会が現状ないアシストで、またMAXまで重ねるのも一苦労なので採用度はB-。性能だけを純粋に評価するならばBかB+。





武蔵坊の大薙刀

採用度:B


一部熱狂的な信者、というか教祖がいることで有名だが、その性能は一言でいうと「人を選ぶ」。

時限発動でなく常時発動なものの、青龍偃月刀と違い兵士からのダメージしか軽減しないため、前に出る立ち回りをしていないリンちゃん使いにとっては無用の長物になる。ちなみに無用の長物って、「長すぎて邪魔になるばかりで用をなさないもの」って意味だから薙刀に使うとしっくりくるよね。長いし。

閑話休題

単品で見た性能で語ると、敵キャストの後ろを取って味方兵士と敵を挟むという中距離ファイターにとっての好形になった時に真価を発揮するアシスト。もしくは拠点殴りを兵士の弾を受けながらこなせるなどいぶし銀な働きをする。 青龍偃月刀と同時に採用する(いわゆるダブル薙刀)と、9人列の兵士弾を受けても0.6~0.8メモリ程度のダメージに軽減されるため兵士の攻撃はほぼ無視できるといっていい。

ただし、先ほども書いたが兵士を無視することが本能的にできない、もしくはわかってても無視するのが苦手な人には無用の長物なので、千色コートでも着たほうがいいと思います。

他にもストレート小アップ、DS小アップと書いてあるが、ほとんどインクの染みといっていいほどの上昇量なので気にしないでよい。

一応、リンちゃんの場合はレベル1で小兵士1確になる。それを利点と捉えるかどうかは使い手次第。

ダブル薙刀ビルドの難易度が上級者向けなことも加味して採用度はB。





大風払いの扇

採用度:C


どうしてもストレートの差し合いに勝利したい!という人か、ストレートの威力を盛りまくりたい!という人に採用される。

前者の場合は庭園に眠りし姫の指輪とセットで、主な対象は吉備津彦、シュネーヴィッツェン、温羅。

ただし現状温羅はほとんど見ないのと、大風払いが発動するレベル5になると吉備津彦はドローを連射しシュネーは分裂させてくるのでSSの差し合いをしている場合ではないことが多い。不撓不屈が追加される前のver1の吉備津戦で大風払いはかなり役立ったけども、庭園指輪が実装された+高レベルでのバフを吉備津が獲得したことにより大風払いをつけたリンちゃんは姿を消した。

他、SSを盛りたいという人はいたずらな恋心の弓とセットで採用される。しかしその形自体がファンビルドの粋を出ないので採用度はC。





いたずらな恋心の弓

採用度:C-


大風払いの扇の相方。ストレートが特大アップし、MPがダウンする。MPダウンはリンちゃんにとって許容しやすいデメリットなのでストレートを大きく盛りたいときは恋心の弓を採用するといいだろう。ただし、大風払いの扇と恋心の弓を同時に採用してもミクサの素のストレートにも及ばない威力なのではっきりいってお勧めしません。

大風払いの扇と同様にファンビルド、かつ射程アップなど特殊な効果もなく大風払いの相方としてしか採用されないので採用度はC-。






大河創りのお札

採用度:C


リンちゃんのストレートに何か意味を持たせたい人が採用を検討するアシスト。HPが少ないほうに分類されるリンちゃんは3メモリ以下の状況になりやすく、またはーとうぉーみんぐでの回復能力も有しているので総じて大河創りのお札は使いやすい部類に入る。

発動中は(恐らく)威力Bの中間くらいまで上昇する。吉備津彦より少し弱いくらい。どういう威力してるんだよ吉備津!?





伏龍の白羽扇

採用度:C


スキル威力にロマンを持ちたい人向けアシスト。白き女王のショールや巧みなる猪狩りの笛よりも上がるスキルの倍率が高い(らしい)、またスキル威力アップアシストによくあるスピード低下のデメリットがないという点でリンちゃんで採用を検討しうるアシスト。

ただしレベル3アシストながらレベル3から攻撃回数をカウントするので実際の発動はレベル4に近くなる。専用アシストと白羽扇では上がるステータスも効果時間も専用アシストが勝るので素直に専用アシストを入れよう。後述する白き女王のショールもそうだが、白羽扇は専用アシストからさらに威力を上げたい人向けのアシストといえる。

デメリットがないことやスキル倍率が高いことなどからC+くらいあってもいいのだが、青龍偃月刀と同じく現状入手する手段がなくアシストを重ねるのも手間なので一段階下げてC。






使い込まれた糸切り鋏

採用度:C


レベル4~5でのDS兵士1確を目指すリンちゃんが採用する。「LFやひーといんぱるすがあるのにDSで1確する必要あるの?」と感じる人も多いと思う。その通りである

リンちゃんのDS性能はファイターの中でも屈指の劣悪さで、かつホワイトウィッシュや覚醒の祝福のような強化スキルもないため、単純に威力を強化しても基本的に対面のファイターには勝てないと思われます。

それ以上にDSを盛るために削るステータスが痛いことが多いのでご利用は計画的に。





白騎士の槍

採用度:C-


基本的な採用理由は使い込まれた糸切り鋏と同じ。こちらは射程が延びる利点があるので、どうしても敵に痛いDSを当てたい人は採用しよう。

ただし、HP中ダウンはやはり厳しい。

ver2.00で使い込まれた糸切り鋏が追加されてからはほぼ見ていないので採用度は最低のC-で。



・防具




餅食らいの袈裟衣

採用度:B


全盛期からは見る影もない回復量になったが、はーとうぉーみんぐとの親和性は依然として高い。装備によるステータス上昇はHP小アップしかないのでほぼ自動回復のための採用といえる。主な競合相手はネズミの嫁衣装。

スピードよりも継戦能力を重視するときに採用するアシストなので、対面が自分より格上だったり相性不利のマッチアップだったりするときに粘る目的で採用しよう。また、リンちゃんミラーでもそれなりに有効。リンちゃんは攻撃力が低いので回復力が高い敵と当たるとジリ貧に陥りやすいため。

対面格下の場合は餅食らいで戦場に居座るよりも冒険者のターバンを採用して帰城→復帰を早めたほうが有効。横槍へのアンサーにもなる。





ネズミの嫁衣装

採用度:B-


こちらも全盛期からは見る影もなく回復量が落とされたネズミの嫁衣装。発動レベルが2と餅食らいよりも1つレベルが低いことがセールスポイントだが、この回復力ではむしろリンちゃんの生命線であるスピード中ダウンのほうが痛いので極力採用は避けたほうがいいだろう。

また、3メモリまでとはいえ回復力は明らかに餅食らいよりも高いので採用したがる人も後を絶たないが、僕自身が採用していた時に「ネズミの嫁衣装は誰でも粘れるようになって被弾への意識が薄くなりスキルが育たない」という金言をいただいたので、今現在採用している人も冒険者のターバンなどへの鞍替えをお勧めいたします。





狐火灯る嫁入り服

採用度:B


レベル2でHPが大アップ、スピードが小アップするいぶし銀のアシスト。ダウンするところが最大MPなのも評点が高い。

しかし大アップといえど上昇量はレベル1の鬼のふんどしや眠りし子の白装束以下であり、感覚的には大アップよりも中アップに近い。なので発動しても最大HPが思ったほど多くなく、「あれあれ?」と感じてしまう人もいるだろう。

最大HPを上げる目的でアシスト枠を使う場合、個人的には特大に近い大アップをする千色コート、聖なる魂の服の採用を検討したい。どうしても後少しスピードが足りない!という方はこちらの狐火灯る嫁入り服を選択しよう。





千色コート、聖なる魂の服、照らされし旅人のローブ

採用度:B


この3つのアシストはどのステータスを削るかという使用者の好みでどれを採用するかが変わる。

ただし、照らされし旅人のローブは他二つよりもHPの上昇値が低いので注意。カスタマイズで確認してみよう。

リンちゃんで求められるステータスはスピード、レベル1のDSアップ、そしてHPなので充分に採用が検討されるアシスト。

個人的に聖なる魂の服でDSを下げるとただでさえきつい巨人処理がさらにきつくなるので千色コートを推したいが、そこはやはり好みの問題だと思う。千色コートでMPが下がるのも巨人処理やレーン戦で影響があるからね。




天狗の隠れみの

採用度:C-


千色コートの上位種。レベル5になった分、効果が特大になった。さすがにレベル5アシストなだけあり千色コートとは比較にならない上昇量。

和歌山に住まうペンギンがヘイヤと共に採用を提唱し、ヘイヤは評価されたが隠れみのは評価されなかった。ヘイヤと共に採用すると船長もびっくりのスゴいHPになるがさすがにレベル5二種類は重すぎた

はっきりいって使ってる人を見たことがないが、当時誰も注目していなかったヘイヤを発掘したごりぴんペンギン様をリスペクトし、今後の可能性も加味してC-にランクイン。





恋に燃えし兵隊の軍服

採用度:B-


リンちゃんは拠点攻撃力が低く、通常キャストが1回の拠点攻撃で破壊できる拠点に2回の攻撃が必要になってしまう。しかしこの軍服をつけると1発破壊になるため、普段は苦手としている終盤のミリ拠点の破壊を自信満々に行えるというだけで充分に採用が検討されるアシスト。

ただし軍服での拠点攻撃力上昇量は固定値のため、通常キャストの拠点攻撃力が大きく上がる終盤では軍服をつけてもリンちゃんより通常キャストのほうが高い。対面がシャリス、もしくはリンなどお互いに拠点攻撃力が低いケースを除いて、軍服があるからといって積極的に裏を取って拠点を叩くのはやめたほうがいいだろう。

また単純に兵士に邪魔されず殴り続けられるという点で、軍服よりも薙刀のほうが優秀だったりする。既に削れている拠点を短時間で破壊するという動きをするのに軍服は便利だが、満タンの拠点に殴りかかる動きをする前提なら薙刀を装備したほうがいいだろう。





礼を込めし小人装束

採用度:C+


HP特大アップに追加でストレートが小アップするレベル4アシスト。主な相方は宝下駄。

その他、ストレートが下がるアシストと親和性を発揮する。ただし、ストレートアップによる大兵士1確を気にしないのであれば、何と組み合わせても自由になる。しかしわずかなストレートアップのために大兵士1確のデメリットを被ってしまうならば、素直に千色コートを採用したほうがいいだろう。





鶴織の着物

採用度:C+


小人装束とは逆にストレートダウンが重くのしかかるアシスト。効果の強さは吉備津彦が証明してくれているので、採用する場合は陽気なソレイユなどと併用してストレートの威力を補っていきたい。

防御力アップとはーとうぉーみんぐの相性の良さは青龍偃月刀でも説明したが、レベル5の時間帯までくるとはーとうぉーみんぐの回復がどうこうよりも、WSときゃんどるでどこまで盤面を荒らせるかが試合の帰趨を決めるポイントになってくるので、防御力アップはそのために有効。その点では吉備津彦に似ているので鶴織の着物とリンちゃんの相性は◎

ただし鶴織の着物を採用した有効なビルドが現状かたまっていないため採用度は控えめにC+。新アシスト追加などで有効な組み合わせが確立した場合はB+以上になる可能性あり。





願い星の服

採用度:C+


対面との相性よりも、中央にいるをどこまで意識するかで採用が問われるアシスト。獲物蜂ノ巣で死ななくなったといえど対面に勝てなければ意味はないので、対面と大きく力量差があることがわかっていてかつ横槍が気になる場合は採用しよう。

また、鬼断ちやクリスラ、シュネーのスピアなどで漏らしやすい人も採用を検討できる。ただしスピアはともかく鬼断ちやクリスラは後半になるとまず使われないスキルなのでそこをどう見るかが採用基準になるだろう。

リンミラーでもWSでほぼ死ななくなるので有効だが、ver2でふれいむきゃんどるが追加されてからはお互いWS→すれ違って拠点前にきゃんどるが常態化しているのでWSで死ななくなるという利点を活かせるかは疑問である。





白き女王のショール

採用度:C


リンちゃんの生命線であるスピードが下がるため極力採用したくないアシスト。これをつけるならばまず専用アシストである聖火灯す令嬢の小帽子を採用しよう。もっともっとスキル威力が欲しいいやしんぼは白き女王のショールと伏龍の白羽扇、巧みなる猪狩りの笛などを見比べて採用を検討しよう。

専用アシスト+ショールでのWSは目に見えてダメージが違うのでWSやらいんふれあでどうしても人間を殺したい人は採用しよう。お勧めはしません。





粗忽者のふんどし

採用度:C-


島根県に住まうふんどし信者の専用アシスト。

HPとスピードが上がるため実はリンちゃん的に見て悪くないアシストなのだが、いかんせんNアシのため上昇量がしょぼすぎた。また、下がるステータスがストレートなことも逆風。サポーター専用アシストだが髑髏の首飾りのほうがHP、スピード共に上がってダウンがDSなので採用を検討しうる性能をしている。

NアシではなくRアシだったらひょっとしたら採用されたかもしれない。惜しい。



とりあえず今回は武器、防具だけで、今後時間があったら道具、装飾、ソウルをまとめます。

では、良いワンダーライフを。
更新日時:2017/08/28 13:05
(作成日時:2017/08/28 11:14)
タグ
攻略
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア