215

フック使ってて自分に足りないもの

by
ケンケン
ケンケン
どうもケンケンです。
exまだ行けてないです…
個人的に自分に足りないものをメモみたいな感覚で書くので参考までにどうぞ

1キャストに必要な知識
タイトル通り、そのキャスト達に有用な知識が足りてなかったり、知っていてもそれを行わなかったりすること。
前者は間合い、後者なら停滞ドローやフェイントといったこと。
間合いは、相手が自分の硬直に合わせて、どの範囲までなら攻撃が間に合うか、ドローならどこまで引けるかやどこまで引くことを相手はするか、ですね。
この間合いを知っていれば、攻撃はそう簡単に喰らわないし、緊急回避を使わなくてもいい場面が出てきます。
停滞ドローはフックの生命線。どこまで相手が引いたかがわかりにくい、長く残るので範囲内に入ってきた兵士やキャストの足止めが出来る。
フェイント
硬直長いキャストとわかっているならわざわざ隙を晒す必要性はない
フェイントをして、相手に無駄な攻撃や無駄な行動をさせてこちらの攻撃を当てる、ということは出来るしMPの節約にもなる

2マッチ
例なので、サポ基準で
相手にピーターがいるのに、迂闊な攻撃をする、魚なら回復の援護があるからなるべく被弾しない、かぐやならMP分、スキルがどのタイミングで来るかが分かりにくくなるし、迂闊な攻撃が出来なかったり相手の強化によって一気に不利になる可能性がある。
サポしか載せてないけど、実際このサポのバフにどれだけ助けられて、どれだけ利用できて、どれだけ相手のバフを無駄にできたか。
1ミスが命取りとなるならそのバフを活用しない手はないです

3ワンダースキル
フックなんだからどこなら追い詰められるのか、援護が必要かどうかの判断
自分が取るか、味方が取るかの判断
ゲージ量が少なくなった以上、このワンダースキルの価値も高いし、活用できないなら中央の援護などが出来ない分減る。2キル取れるタイミングでなるべく使えるように自分または味方に考えてもらって使う


こんなものですかね
また何かあったら書きます

 
更新日時:2018/07/08 17:23
(作成日時:2018/07/08 17:23)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア