4128

豚星。と不思議の国と私 その3

by
マンダム
マンダム
いいねください(乞食)

久々に投稿します。
前回は豚星。の恒常メニューに関してお伝えして参りましたが、
今回は豚星。の最たる部分とも言える限定に関して紹介をしていきたいと思います。

間もなくワンダーの全国大会も実施され、東京へ遊びに来られる方も多いのでは?
是非、豚星。を食べる際の参考にして頂ければと思います。

※大変長文になると思いますので、出来る限り文章は少なめにしていきますが...最後までお付き合い頂ければ幸いです。
抜け漏れもあるかと思いますので、これないよ!ってのあったらコメントをお願いします。


◆禁断の果実
  










個人的ランキングぶっちぎり第一位の限定。
まず、二郎系のラーメンを柑橘酢のカエシでさっぱり食べれる。
そして、食べていると不思議と笑顔になる。
いつの間にか無くなっている。
もう完璧です。100点です。
こちらのバリエーションには果辣麺というのがあります(辛いバージョン)

◆しお
  











個人ランキング第2位のしお
塩の甘みが際立つ、豚星。の傑作。
特に朝の非乳化の時に食べるしおはまた格別。
しおの味が際立ち、上品かつ凶暴な味を楽しむ事が出来ます。
こちらのバリエーションは豊富で汁なし、つけ麺に対応し、しお辛にそれぞれ変更が可能です。

◆神大FES限定 辛味噌混ぜ蕎麦
  










個人ランキング第3位
2014年の神奈川大学の文化祭に合わせて特別に創られたこの限定。
めっちゃくちゃ美味かったです。
思い出補正だけで言えばぶっちぎりでナンバーワンかなw
特に辛いってわけでもなく、味噌の甘みと辛さとほろほろのほぐし豚と
豚星のイケ麺が奇跡の融合を果たし、ほんと一瞬でなくなるレベルの美味さ。
また食べたいなぁ...

◆我流豚星。台湾シリーズ





こちらも大人気、台湾シリーズ。
バリエーションも豊富で、しお台湾・台湾印度など亜種が存在。
まずボリューム感がすごい!
加えて、豚星。独特の辛みが箸を進めさせてくれる、名品。
めちゃめちゃ辛いというわけでもなく、ほんのり優しさ()を感じる一品です。


◆みそ

大人気みそ。
デフォルトでもピリ辛ですが、味噌独特のこってりと
甘みが全面に出た逸品。
店主がつけ麺をおすすめしていたので、つけ汁を
画像にしました。
こちらは現在(2018/11/25)の限定ですので、タイムリーに食べることが出来ます!
昔にはドロりとした純みそラーメンという限定があり、いまの味噌はそれに近い気がします。

◆まかない

一言で言えばカオス()
このまま焼いたらお好み焼きになりそうな
豚星。のまかない。
これの亜種も多数あり、まかないカレーとか様々。
とにかく脂脂脂。
たまりませんね(白目)





◆油そば
  










豚星。の油そば。意外とノーマルはこってりというわけでもなく(当社比)
脂の甘味を楽しんで食べる事が出来ます。
これも六角橋時代から色々な亜種が生まれました。
なんか最初は”ぼくがかんがえたさいきょーのあぶらそば”みたいな名前で登場したような...
そこから魚粉とチーズが加わった油そばCHAOSとかが生まれたり...
 凶悪な品としてチューンナップされた商品も多数ございます(白目)


冷やし中華

冷やし中華…?と問いたくなったのが第一印象w
従来のそれの概念が吹き飛ばされ、今では
冷やし中華=豚星。になりました()
冷やし中華の種類もかなり豊富で、さっぱりとしたタイプから汁なしの冷やしverのようなのものもあり、様々です。
冬の冷やし中華なんてのもありましたねw
年度に寄って微妙に変化してきた冷やし中華でしたが、近年は安定的に同じものが毎年提供されるようになりました。



◆傘がない








つけ麺二毛作という表現が一番しっくりくるかな。
麺に下味でニンニクとごま油で味付けがされており、そのまま食べても美味し。
つけ汁につけても美味いという一度で二度美味しいハイブリッドつけ麺。
前回紹介したつけ蕎麦の亜種と言えるものですね。

◆あの日食べた豚キムチの味付けを僕は知らない











通称:あの豚
汁なしの亜種。豚の甘みが際立つ醤油ダレに
キムチ ネギ ニンニク 海老辛 ほぐし豚の高度なコラボ。
美味くないわけがなく...ビジュアルだけで食べたくなりますね。
大人気で長蛇の列が出来た限定でした。
辛いバージョンの紅のあの豚もあります()

◆牛混ぜ蕎麦



















結構初期の限定で、豚星。なのに牛というね。
牛脂の甘みがとても際立ち、何かこう...
ステーキ混ぜ蕎麦?というような錯覚を起こしそうな限定。
なかなか復活しない(めんどくさいらしい)ので
元住吉に移転してからはまだ一度も出てきていない。
(予告はされた)

◆君の名は ~キムラ君~









これも前述のあの豚亜種ですが....
自家製ラー油が加わり、あの豚がさらにパワーアップした限定。
とてつもない美味さとピリ辛感。
書いてて腹が減りすぎて死にそうです。
これも某映画のブーム以降復活しませんね()
こちらも辛いよキムラ君っていうのがあります。

◆海老蕎麦

ノーマルのラーメンに、海老の風味がゴリ押ししてくる限定。
スープを一口飲めば、うん...海老!!
ってなるくらい海老が攻めてくる。
こちらも汁なしがあり辛いバージョンに変更も可能です。
どっちかといえば、こちらは汁なしが人気だったかも。

◆純汁なし脂蕎麦

生卵が無料で付きます(そうじゃない)
一言でいえば...脂です。
もうこの野菜の下は、豚の脂の醤油で構成されており...
めっちゃ脂です。
豚星。の限定で1,2を争うヘビーさがあるかも。
ただし、最初の3分はめちゃくちゃ美味いです()

◆辛くない辛麺


文字通り、いつもより辛さを抑えた辛麺。
辛いのが苦手な人も安心!
よく台湾系の限定と共に登場する。
(台湾に使う挽肉を作成時の副産物として生まれるラー油が使われている?)


◆ブラックデビル・ホワイトデビル

こちらは両方同時に登場したので、同時紹介。
ブラックデビルは豚星。版 富山ブラックといいますか。結構醤油が攻めてくる一杯です。
ホワイトデビルはつけ麺なんですが、魚介(貝系)の風味としょっぱさ(かなりしょっぱい)
がぐいぐい来る、まさにデビルの名を持つ二種。
決してコッテリしているわけではない(当社比)ので、あしからず。

◆ブラッククリスマス

こちらは上記のブラックデビルの前身になった限定。
ただ、見た目でわかるかも知れませんが、ニンニクが
めっちゃ強烈な富山ブラックです。
クリスマスを破壊する為に産まれた一杯です。

◆つけ麺 彩

スープにごま油が効いてて、すこしピリ辛なつけ麺。
ノーマルのつけ麺に対して、すごい大きな変化があるわけではないですが
ごま油が良いアクセントになってくれて、和を感じるつけ麺です。

◆ストロングレフル

強いグレープフルーツ酢の酸味が際立つ
豚星。つけ麺シリーズの個人的最高峰。
これも禁断の果実同様にさっぱり食べれてしまうシリーズ。
想像が出来ないかもしれないけれども、一度は食べてほしい。
こってりしたものをアッサリ食べる魔力が凄いです。

◆いがみそ...?

豚星。六角橋時代に助手をしており、現在同地で営業中の
ファットン店主。五十嵐さんが創ったみそ。
ほんのり甘い。優しい味の味噌でした。
個人的にはすごい好きで、五十嵐さんの人柄が出た一杯だったと思います。
現在はこの味噌をベースにファットンの弟子店が続々と出店し
各地に息づいています。

◆歩夢が考えた冷やし禁断の果実

禁断の果実×冷やし中華

すっぱい冷やし中華って普通の冷やし中華では...と思いきや
ちゃんと凶悪性がありました()
さすが歩夢君ですねw
さっぱり・こってり・ひんやりが高次元で同調した
名作と呼べる限定だと思います。

◆豚担麺

アーモンドの効いた担麺。
豚星。らしい凶暴さはそのままに、どこかカジュアルさのある一品。
こちらもなかなか復刻しないので、復刻した際にはぜひ!
辛さはそんなにないです()

◆引越し蕎麦

汁なし亜種。
鰹節の効いた醤油ダレに麺が絡み、ネギがいいアクセントになって、和っぽい汁なしに。
卵が無料でついてきてすき焼き風に食べても、混ぜても大変美味です。
余談ですが、汁なし亜種で旨ニラちょいネギ汁なし蕎麦やキムチ汁なし蕎麦、挽き肉とネギの汁なし蕎麦など、その日の材料を使ったゲリラ的限定も多く展開されてきました。


◆ひろし

謎に包まれた限定。
その姿を見た者はだれもいないとか...
ていうかひろしくんはどうしているんだろうか...
更新日時:2018/11/25 09:38
(作成日時:2018/11/25 02:03)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア