298

初心者が更に初心者へ進めるキャスト講座=サポーター①=

by
ちくわ
ちくわ

どうも、こんにちわ。最近ようやく銀筆に昇格できそうなところまで来たちくわです。
銅筆は、鉄筆ともマッチングする都合上、本当にwlwをはじめたて。
というような方や、全キャラCR10くらいにはあげてるやで。というような方など色んな人が混在しています。

そんな中で、この動きは絶対にしてはならない。というような動きや、
逆にこのキャラには絶対にしてほしい!というような動きもわかってきましたので、
リアル初心者の私が初心者の方向けへ、キャストの動き方などのお勧めをしていきたいと思います。
勿論初心者なのでアシストなどが完璧である前提(特にイベント限定ソウルがないと出来ない様な動き)のお話は致しません。

勿論初心者の方からすればキャラ性能より見た目は声で使いたい!という気持ちもわかりますので、
そちらを考慮した上でのおすすめにもなります。

※あくまでVER2.0以降私が使用したことのあるキャラ。
及び明らかな性能調整があったキャラに関しては調整後のキャラを使用したことのあるキャラのみの紹介とします。
(具体例でいうとシャドウ・アリスなど)

※評価に関しましては、基本的に上から、超得意、得意、並、不得意、超不得意で評価付けしています。

※明らかに間違ったことを書いている場合は遠慮なく指摘していただけますと幸いです。



☆サポーター☆
・基本的には味方と一緒に行動し、味方を支援することを得意とするキャラクターが多いです。
その性能の使用上、サポーターが複数いない限りは中央レーンを担当します。
・キャラクターにもよりますが、基本のSS、DS性能はAとFに比べて格段に落ち、
キャストキル、兵士処理が苦手なキャラクターが多いです。
・一人で出来ることが少ない分、スキルで優遇されているキャラクターが多く、
そのスキル1つで盤面を動かすことが出来ます。


=ピーター= おすすめ度:是非使いましょう

☆こういう人におすすめ!☆
・スピード感を重視し、戦場をかけずり回りたい人。
・やんちゃ系男子が好きな人。
・サポーターを使いたいけどどのキャラを使うか悩んでる人。

評価
・対兵士 : 不得意
・対キャスト : 得意
・対巨人 : 不得意
・端レーン : 並

○所感○
・スピードこそ力とは誰が言ったものか。このゲームで最も重要な要素ともいえるスピードを上昇させることが出来るサポーターです。
その性能ゆえ、上から下までどのランク帯でも一定以上の使用者がいるので、
初心者からずっと使い続けていずれランカーになったとしても問題なく使い続けられるお勧めのキャラです。
速度を上昇させるアシストはかなりキツイ下方がされることも多いので相対的な評価はずっとサポート内で上位にい続けています。

スピードと機能性の高さから、歩きで敵のショットをよけることも難しくなく、アタッカー相手でも1対1で早々負けることはありません。
逃げに特化したスキルを所持しているので、迎撃、闘争どちらも並以上の適応力があります。

その一方で兵士を一掃するスキルに乏しく(無い訳ではないがスキル枠が無い。)
マスタースキル以外での1列処理に時間がかかります。なので基本的には兵士をDSでこかしつつ、敵キャストをSSでダウンをとりその隙に処理する。
という形になるかと思います。
同様に無人レーンを押し上げることもあまり得意ではありません。」

巨人処理に関しては基本的にはSSしか対応手段はありません。(こちらも無い訳ではないがスキル枠)
ピーター1人で処理しないといけない場面はあまり多くはないと思いますが、
どうしても1人で処理しないといけない、又速攻で処理しないといけない場合などはWSを使用後にSSで処理。という形になります。
(ただ後述しますがWSは基本的に自分のためには使わないほうがいいです)

○出来ればやってほしい事○
・ピーターの強さはスピードを支援する事に直結します。
基本的に相方へのバフは切らさないように維持しましょう。
・自由曲線型のDSを持つ相方と共に兵士処理をする場合、クロス等場合にもよりますが、大兵士をSSで処理してあげると兵士処理の効率が上がります。
・ピーターは非常に強力なWSを所持しています。その使うタイミングによって勝利に大きく近づく事が可能です。
=是非WSを使って欲しいタイミング=
・味方、及び敵のアリスのWS使用時
(恐らくアリス使いなら味方にピーターがいれば、WSを使うよ!WSを使って!と事前にチャットをくれます。)
・味方、敵フックのWS使用(場合によってはデスフックも)
・こちらは場合にもよりますが、味方の大聖、ナイトメアキッド、エピーヌが瀕死の場面

○やらないほうがいい事○
・スピードが速く、あちこちを行ったり来たり出来るキャラクターですが、【サポーター】です。
相方がアタッカーであれば、基本的に遊撃は相方に任せたほうが優位に立てます。
端にバフを配る、SSヒットで敵をキル出きるけど相方は動けないといったような状況以外では中央に居座る方がよいです。
特に相手がアタッカーの場合、手痛い返り討ちにあい、中央レーンが手薄になることも多いです。
最低でも相打ちになったとしてもキルできる。若しくはここでキルしないと負けるという状況以外の深追いは絶対にやめておきましょう。



=かぐや= おすすめ度:出来れば最初のキャラには選ばないほうが吉。

☆こういう人におすすめ☆
・潤沢なMPでスキルをバンバン打ちたい人。
・敵の攻撃範囲外から遠距離で攻撃したい人
・和風なテイストが好きな人

評価
・対兵士 : 超得意
・対キャスト : 超不得意
・対巨人 : 不得意
・端レーン : 得意

○所感○
・DSとスキルを使用する際に消費するMPの回復速度とおまけ程度に防御力もついでに挙げることのできるサポーターです。
その可憐な見た目は、和風テイストなイラストから特に下位帯では非常に見かけることも多いキャストになります。
しかしその一方で目に見えないところで地雷となるような行為も多く、使用する際には気にかけておかないと
いけない事がいくつもあります。後述で説明しますが、まず初心者にはお勧めしにくいキャストです。

足が遅く、HPも下から数えたほうが早いくらいで本体性能はあまり高くありません。
その為、対キャスト戦が非常に苦手で、一応接近を拒否するスキルも持っていますが、
SSの出の早いキャラに対しては相打ちが確定し、そのままキルまで持っていかれることも少なくありません。
その為このキャラに関しては【自身の間合いで勝負する】この1点が非常に重要となります。

一方で3つに分裂するSSや、減衰しない投擲型のDS、lv3から開放される兵士を一掃するビームスキル、
そしてそのスキルを連発しても問題ないMP回復速度支援など、兵士処理についての能力はサポーター内でもトップクラスの性能をしています。
その射程的にも兵士を挟んでの対決で彼女に勝るキャラはそうそういません。

その兵士処理性能をいかんなく発揮するためには彼女の間合いを正確に理解する必要性があります。

またその性質上明確に苦手とするキャラが存在しており、特にサポーターというロールで
敵にヴァイスがきた時に対処できるかどうか。という点が恐らく彼女を使う上での最初の壁になると思います。

巨人に関してはあまり得意では無いですが、護衛がいない場合はSSの分岐点を当て続けることで処理が可能です。
兵士と重なったらビーム、巨人のみの時はSSという風に処理するとよいでしょう。
しかし基本的にはバフをまいて味方にスキルで処理してもらうという流れになると思います。

○できればやってほしい事○
・特にだっきや、アリス、ミクサ、エピーヌなどスキルを多様するキャラはMPの枯渇は死活問題です。
 基本的にはバフを切らさないように目を配りましょう。
・基本的に対キャスト戦は苦手です。DSが当ればラッキー程度に考え兵士処理を優先しましょう。
・投擲型のDSなのでクロスドローがトップクラスに打ちやすいキャラとなっています。兵処理の効率上昇にも繋がるので積極的に狙っていきましょう。
・WSは基本的には自分で使う場面はあまり多くありません。味方の為に使用しましょう。

=是非使ってほしいタイミング=
・端レーンに巨人が出ており、味方が処理をしているタイミング
 特に巨人処理にスキルやDSを連発しまくるキャスト(メロウ、リン等)
(※ただしツクヨミ、シャドウアリスなど一部キャストのWSには相乗効果が薄いので注意。)
 基本的にスキル型の味方のレーンに巨人が出れば打って大丈夫です。
 ※MP回復速度が爆速化するという事はびっくりさせちゃえ!うちの家がー!等のMPを大量消費して
 大ダメージを与えるスキルを連発できる。という事にも繋がります。慣れてくるとその当たりも意識してみるといいかもです。
(特にびっくりは、さすがにもうMPがないだろ…って敵チームが思ったところで更に2発くらい飛ばせることができます。本当にびっくりしちゃうね!)

○やらない方がいいこと○
・かぐやに限らず遠距離キャストや、中距離サポーターにもいえる事ですが、【前に出て経験値を取得する】これは絶対に意識してやってください。
基本的に強力なスキルやアシストは総じて開放レベルが高いです。
つまりレベルが敵チームより先に上がれば先に相手より強力なスキルや攻撃を行えることに繋がります。
特にブロンズ筆のかぐやはこれが出来ていない人がかなり多く感じました。
なれないうちには経験値の獲得範囲を広げるアシストやソウル(特に美声のハーン)を
とりあえずつけておきましょう。それだけでも目に見えてレベルが上がる速度が変わるはずです。
・基本的には中央レーンに居座るほうが強いです。横槍は相方に任せて自身は中央レーンを推し進めましょう。
後ビームによる処理はよほどのことが無い限りしなくても大丈夫です。味方がデスしており処理することで拠点が折られずに済む。という状況なら構いませんが
拮抗している時の横槍はビームやDSよりも望月をかけてあげたほうが大抵は喜ばれます。
(ただしアシェやナイキが端の場合はビームの方がいい場面もあります。)





 
更新日時:2019/06/13 02:27
(作成日時:2019/06/13 02:14)
コメント( 2 )
エーデルワイス
エーデルワイス
6月14日 12時44分

ピーターに関してですが最近のアシストの環境から兵士処理と巨人処理(WS使用しなければならないが)はかなり楽にはなりました。
また巨人が一人だと難しい場合でも時間稼ぎとして昔からのスカイフォール連打で巨人の足止めするだけでもだいぶ変わってきます。
対キャストにおいてはエアウォークの特性を知っているかいないかで後衛型サポーターへの圧力がとても変わります。
あとこれは個人的な意見ですがWSの使用は相方によって決まり、アリスとミクサは勿論の事、闇吉備津、怪童丸は合わせてあげると戦果をあげてくれる事が多々あります。なのでアタッカーが居座る構成ではない限り自分の為にWSを吐いても問題ないと思います。

平行線の先
平行線の先
6月15日 23時39分

ピーターはドロシーや多々良には劣るものの兵処理割と得意だと思います。(間違ってたらすみません)
猟銃とソウルでssあげれば、dsとssで兵処理が楽にできると思います
対面かぐやの時は月影の矢をエアウォークで不発にしましょう(骨のミサイルにも有効です)
あと、美猴やデスフック、闇吉備津、スカがいるときはゲート使うといいかと思います。

銀ペン頑張ってください!

コメントするにはログインが必要です
シェア