759

冒険譚専用MS「破竹の祝詞」について

by
TKNK@たけのこ
TKNK@たけのこ
こんばんは、冒険譚勢のTKNKです。

今回は私が深度300以上のヴィラン戦で愛用している冒険譚専用MS「破竹の祝詞」について、そのMSを装備したリトルアリスについての記事となります。



①「破竹の祝詞」効果
自身のLvが上がりWSの効果時間が延長される点とWSの使用回数が回復する点は「呵成の宣詞」と同じです。
違う点はMSの使用回数が2回に増え、試合開始から10秒程で1回目が使用可能になります。
もしかしたら、WSの効果時間も「破竹の祝詞」の方が長いかもしれませんが「呵成の宣詞」をあまり使用してこなかったので違いは分かりません。


②メリット
最速で「破竹の祝詞」を発動するとチームLvが1の段階でWSが使えるようになるため序盤のチームLv上げや担当レーンの拠点破壊に貢献出来ます。
後半戦はヴィランの囮になりつつ、味方のリンク起点になりながら少しでも多くヴィランのHPを削るのがメインのお仕事です。
また、WS中にグルグルと回転するように行動するとヴィランが攻撃する方向を定めようとする挙動を利用する形で攻撃回数を減らす事が可能となります。



③デメリット
WSを2回以上発動出来るのは一見強く思えますが、「物語の契約書」などの攻撃力を上げるMSを外すため火力は当然ながら落ちます。
また、ヴィランの囮をするためにスキル防御力が2枠分は欲しいので冒険譚専用武器2種よりも火力は更に下がります。

そのデメリットを少しでも軽減するために「砲金の小槌」・「湖代わりの鏡」・「キングウルフ(などのリンクダメージ上昇ソウル)」を装備する事が囮役をする上での最低条件かと思われます。

言うまでもないですが、クールタイム中でWSが発動出来ない等の場合はびっくりで削ります。
ただし、消費MP増加のデメリットであまり連射は出来ません。


④注意点
この攻略法は「深度300以上」のみんなの方限定の攻略法です。
新兵の方は新兵の行動に左右される可能性が高いためメリットは少ないかなと思います。

また、旧表記でいうところの「深度299以下」のヴィラン1体戦で実戦投入する場合はまずは「シングルプレイ」で試してからをオススメします。
尚、WS中の拡大した当たり判定で大ダメージ攻撃を回避する自信が無いので私は普通に「物語の契約書」装備のリトルアリスを使います。


⑤お願い
「破竹の祝詞」は強いMSですが、装備するキャストのWSの効果をきちんと理解した上で装備するか否か、他に
優先的に装備した方が良いMSを抜いてまで「破竹の祝詞」を装備するか否かなどの判断をお願いしたいです。
それが、例え味方にも効果の有るWSでもです。


例を上げると、
~ジュゼ~
アクセルビートを発動してヴィランを攻撃するだけでハートゲージの回収が出来る上に、冒険譚では意味の無いチームゲージにダメージに与える効果を2回以上発動しても「で?どうするの?」ってなるかと思います。
ジュゼなら「ミスティカブランド」などで素直にストレート火力を強化してくれた方が嬉しくないですか?私は嬉しいです。


~サンドリヨン~
自身のドロー強化(射程や貫通力アップ)や自身のHP回復に加えて、味方のHPも回復する効果も有ります。
しかし、味方のHPが全回復するわけでもなく、自身のドローの火力も上がるわけではないのでWSを2回以上発動するメリットは少ないかと思います。
それよりも「フリッシュホルン」などでドロー火力を上げてくれた方が喜ばれるかと思います。


~ジョーカー~
MSの使用回数を回復出来るのでWS連打を試したい気持ちは凄く分かります。
WSで火力が上がるのはストレートだけなので「ミスティカブランド」で更にストレート火力上げるか、「物語の契約書」でエイガオンを連打してくれた方が嬉しいです。

それでも試してみたい場合は誰にも迷惑をかけない「シングルプレイ」でお願いします。



今回は以上となります。
ここまで閲覧頂きありがとうございました。
作成日時:2019/07/02 02:05
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア