1041

ウィキッド・ドロシィのすゝめ 【Ver.5.1追加ソウル・アシストについて】

by
ばってぃ
ばってぃ
今月に入ってから、Ver.5.1新パックや今週のリリィショップにて
イラコン受賞ソウルなど色んなアシストが追加されましたね。

フラグメントも、リリィも...全然足らない...。


 今回の記事では、筆者が「なんかウィキッドに使えそうなのはないかな…」と思って色々試したり
SNSで調査した結果について簡単にではありますが、まとめていきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~お品書き~
・ウィキッド向け新アシストの解説
・最近使っているビルドについて


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ウィキッド向け新アシストの解説

【惨劇の爪痕残す操作盤】


 新しいパックで追加されたレベル5の道具アシストで基礎効果が最大MPアップのみ。
特殊効果で一定量のMP(35~40程度?)を消費すると、約120秒間 SS威力が10メモリほど上昇する。
途中と最終盤で効果が切れるのに注意が必要ですが、特殊効果の発動そのものは非常に簡単であるため、
基本的に誠実をたたえしフルートの上位互換ともいえるアシスト。

 ちなみに、これの登場でエクサWR4専用を同時採用したビルドでも、
レベル6からSS初弾のみを当てて兵士1体処理が可能になりました。
(今までは不可能でした)
強いとは言っていない

 DS威力版の似たアシストカードである 水精の加護受けし鎧 と違ってHPの補強はできませんが、
最大MPアップのおかげでレベル5アップ時に特殊効果の発動に必要なMPが供給されるのも地味に偉いですね。

 +で上がるのが効果時間と +0でも十分強く、カード資産のない初心者やカジュアル勢には地味に嬉しいのもGood。
パック画面で見かけたら1枚だけでも拾っておくのがおススメです


【泡沫の姫の短剣+】

 新しく追加されたクラフトで作れるアシストで、基礎効果はSS中アップのみ(福呼びの升のSS上昇値より僅かに大きい)
特殊効果でレベルアップ時に一定時間(+Maxで30秒間)SS威力と射程が伸びる。

特殊のSS威力上昇量は4目盛り前後(これまでの法則からして基礎値5.5とみた場合)で効果中は合計10メモリ近く上がる。
射程延長自体は使った感じ、大風払いの扇+などの他の射程上昇アシストと大差ないレベルだと思います。

 射程延長自体は体感でも「ライオズ・アンティを使って数秒経った程度の上昇値」と正直あまり恩恵はないのですが、
福呼びの升を使ったビルドにそのまま差し替えて時限式で火力を上げる使い方でも十分強いと使ってみて思いました。


【青い羽のイヤリング+】

 同じく追加されたクラフトで作れるアシストで、アタッカーのみ有効なスキル火力・速度上昇効果を持ちます。
悲しみを知る涙の真珠との競合になりますが、こちらはデメリット無しな上に逆にスキル火力が上がる。
100秒の育成が必要かつキルをとるとリセットされますが、一定時間後に再発動も可能と条件が非常に緩いのが特徴。
(噂では最大値でスルタン並みの速度上昇とか…)

 スキル火力アップ自体はストレイト・ラッシュやスケア・カードくらいしか恩恵がないのですが、
もう一つの速度上昇はアタッカーなら絶対入れたくなるくらいに、とにかく強いの一言です。
他のアタッカーでも使える万能アシストですので、クラフトはこのアシストを作っておけば間違いないかと。


【仕立て屋カット&ボビン】

 今回のリリィフェスタで実装されたソウルの一つで、基本性能はレベル4からSS大アップ・スピード中アップ。
特殊効果が2種類あり、一つがキャスト撃破時にHPとMPをMax10ずつ回復するキルヒール
もう一つがキャストに攻撃を当てるたびにSSとスピードが追加で上昇する育成型の効果となっています。
(イラストレーターの方が好きと語るキャストの一人、ナイトメア・キッドのWSやR専用を彷彿とさせますね)

 SSとスピードの上昇効果の詳細はまだ詳細な検証は進んでいませんが、
自分が修練場で試した限りでは6ヒットでカンストし、源頼光と同じレベルのSS上昇値になるようです。
速度に関しては他の方からの情報ですが、頼光の特殊効果と遜色ない or それ以上の速度上昇みたいですね。
(ジョーカーなんかはHold-upを当てれば即カンストできますやん…)

 頼光も実装して1年半近く経過したとのことで、総じて後継ソウルといった印象の効果となっています。
ウィキッドをはじめとした連射型SS持ちはヒットカウントを稼ぎやすいので、非常に相性のいいソウルです。
ソウルも回復双汽唱と優秀なのも嬉しいですね。頼光や曹操強化双輪陣も地味に強いので悩ましいところですが。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・最近使っているビルドについて


 せっかくなので、わたしが最近よく使っているビルドを紹介してみたいと思います。


*リザーブはカット&ボビンの検証用に弄った後なので結構適当です…。


 私が昔から愛用している、ウィキッドの6専用を採用したビルドの最新版。
(以前はフルートだった枠を操作盤に、頼光の枠をカット&ボビンに差し替えただけですけど)

 カット&ボビンの性質上、頼光と異なりレベル4・5になった直後の火力や経験値バフはありませんが、
完成後のステータスや条件の維持しやすさは以前よりも増し、6専用とキルヒールのおかげで継戦能力が上がりました。
MSは中央なら和魂かナーゲルを味方に合わせて、端ならナーゲルかブランドを対面に合わせて使い分けています。

 とはいえ、現環境がSS型・スキル型アタッカーの火力・スピードのインフレ傾向にあることを加味すると、
ウィキッドWR専用2枚の枠をイヤリング+アタッカー6専用アシストの大太刀に替えるのもアリかなぁと思ったりします。


 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 今回の記事は以上になります。


 最近はこれまで使ったことが無かった方もウィキッドを使い始めたり、「使ってて楽しい」といった話題を聞いたり、
私の過去の記事を参考にして下さった方とご縁があったりと、書き手としてホントに嬉しい出来事が多かった印象です。

 改めてではありますが、これを見てウィキッドを始める人が増えたり、僅かでも助力になれれば嬉しいです。
私自身もEX10を目指して頑張る所存ですので、もしウィキッドさんでマッチしたら何卒ご助力して頂けたら幸いです。


 あと、文筆称号のほうも是非狙いたいのでアシストの解説など参考になったと思った方。
いいね!ボタンを押していただけると今後の記事投稿の励みにもなります!!




 ぜひ押してください!!お願いします!!





 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

*8/27 一部の誤字修正
更新日時:2020/08/27 04:37
(作成日時:2020/08/26 00:33)
コメント( 5 )
5件のコメントを全て表示する
ikaioioi
ikaioioi
8月31日 22時13分

MSの使い分けが気になります。

ばってぃ
ばってぃ
9月2日 2時31分

Ikaioioiさん。

・中央のMS:兵士処理・巨人処理の難易度が高い味方と組む場合は赤い色のMS、
そうでない場合は味方支援が可能な和魂を採用しています。
和魂は高速アタッカーの性質上、端レーンの味方にも回復を渡す機会が多いので相性は良好です。
あくまで私個人の考えですが、オーバーコール等で横槍に行った後は味方が耐えてくれている場面が多いので、
耐えてくれた味方を援護する・不利を上手く消すといった意味合いで、より効果的と思われる方のMSを採用しています。

アタッカーの動きを重視したり、そもそも和魂の+が重なってない場合はスター・ブリンクでも問題ありません。
*私の場合は詐欺王キングウルフやエクサを採用したビルドを使ったとき、よくMSを替え忘れたので抜きました()

・端のMS:こちらは「相手がスケア・カードのコア破壊をする難易度」と「手前拠点の取りやすさ」で決めてます。
ブランドはFCTが長めですが、案山子で複数列貯まってしまった兵士列を低リスクで一掃できますし、巨人へのダメージも良好です。
ナーゲルの場合はFCTが短い為、より早いタイミングで兵士処理に使用可能な点やサモンタイプの性質を見越しての採用になります。
(例:使用可能数が1回とキングウルフと相性がいい、MSで兵士処理と同時にSSを打てば疑似的に兵士越しの攻撃が可能 など)

「安定した兵士処理ができるナーゲル」と「中盤から上手く使うとナーゲルより強いブランド」ってイメージです。
試合あたりでの兵士処理数として、より多く処理できる可能性が高いほうを採用しています。

ikaioioi
ikaioioi
9月16日 7時17分

丁寧なご回答ありがとうございます!
参考にさせていただきます。

コメントするにはログインが必要です
シェア