520

マァト 紅玉筆クソビルダーの所感。

by
tdOz5lAUs7WD3oX
tdOz5lAUs7WD3oX
ルビー帯で奮闘しているねむいひとと申します。
この記事は、新しく追加されたキャスト「マァト」について、私個人の主観もりもりで解説してみようというものです。

タイトルの通り、テンプレビルドから外れたビルドを作ってしまうことが多々ありますので、誤ったことを書いてしまう可能性はあります。読むときには充分にお気を付けください。
なお、私は敵キャストをキルすることしか頭にない脳筋なのでキャストの動き方は書きません。




目次
☆ステータス&アビリティ

☆ショットについて

☆スキルについて

☆上の3つを踏まえたうえでどのアシストが相性が良いか




------------------------------------------------------------------------------
☆ステータス&アビリティ
マァトのステータスは以下のようになっています。
HP:?~55  MP:60~72  SS:B(1.7)  DS:B(2.2)  SP:A(2.5)
(HPの初期値はわかりませんでした、すみません)
HPはファイター最低の邪道丸と同じ値でかなり低い数値です。
MPは平均より少し高めで、ある程度考えなしに使用しても余るくらいには多いです。
SSは低くも高くもない平均ですね。
DSは最低値組の2.2です。
SPは高く、マグㇲ・クラウンや玉藻などと同値で優秀な部類です。
ステータスだけを見ると、HPとDSが低く、残りは平均以上となっています。


アビリティは「シャイン・オブ・トラスト」
性能の異なるDSを交互に放つことができ、自身のDSの軌跡とクロスさせることにより、クロスドローを発生させることができる。
クロスドローを発生させたときや、スキル使用時にトラストゲージが上昇する。
ゲージ量が最大の場合は、一部のスキルの性能が変化する。

ミラベルと同じですので特にいうことは無いですね。




☆シットについて
・SS
射程も発生も弾速も硬直も並。扱いやすい癖のない性能。
威力もそこそこあるが、ある程度盛らないと大兵士一確はレベル5までとれない。
そのため、兵処理をSSで行いたい場面では注意する必要がある。
ただし、突進DSや後述の2種のスキルにより大兵士を処理できるため、SSを盛る優先度は高くない。

・運用
ほぼすべてのDS・スキルが重要であるか、優秀であるためMP管理が必要。
兵士数体の処理や突進DSではできないタイミングでうってダウンをとるなど、使い時を見極めて使えると強い。
こればかりに頼りすぎるとトラストゲージが溜まらないので注意。


・DS
2種類あり、自由曲線と突進がある。まずはそれらを解説していく。

・自由曲線(ゲージ横が赤色の時)
中~長射程、弾速は速め、描写距離も長く、弾サイズも大きい。
キャストに当てやすいが、大兵士にもあたってしまうことが多いため、注意。
自由曲線かつDSのステータスが低いキャストであるが、クロスドローにより減衰を無視できるので、アシスト次第で一確が取れる。
レベル1の開幕で自由曲線をクロスドローでうつと、兵士弾込みで一列処理できる。

・突進(ゲージ横が青色の時)
射程はヴァイスと同程度かそれ以上(私個人の扱った感覚と、録画を見比べて判断)。壁も超える。
硬直に差し込みやすい優秀なDSであるが、見てから避けることができるため、乱用は禁物(これを書いてる私のことだぞ)。
判定も見た目通りでかなり大きく、当てやすい。
大兵士に当たったとしても止まらないため、兵処理にも扱える。
ただし、突進DSを兵士に向かって使用した場合、近づいた時点で兵士弾を投げられるため、倒せるはずの兵士からもダメージを受けることに注意。

・運用
基本は自由曲線DSで兵処理を行うことになる。突進DSはむやみに突っ込まず、手前側に真横にひくと次のクロスドローがしやすくなる。
試合開始直後、泉から出られない時間のうちにDSを一度使っておくことで突進DSから使用できる。
レベル2以降、アシストが十分に発動しているとクロスドローで兵士一確が取れるが、突進DSでは極力敵キャストに近寄りたくない為(当たるなら別)、自由曲線でしか兵士処理ができないことになる。
敵は1回のDSで一列一掃できるのに対し、こちらはDS一回分、兵士を倒せない期間が生まれる。

簡単に言うと、1回あたりのDSが大切ので自由曲線を描くときはちんと兵士をなぞりきってしまいたい。

また、ダウン追い打ちをクロスドローで行うとかなりのダメージを与えることができる。
可能であるならば、追い打ちまで考えてDSを引いておきたい。





☆スキルについて
・アンムトケイプ R 攻撃スキル MP25 レベル2 +でダメージが上昇
自身から引いた線の先を中心とした範囲に発動する兵処理スキル。
キャスト・巨人には小ダメージなので兵処理・よろけを与える・リンク狙いなどで使う。
自身がダウンすると効果が終了するので、敵の迎撃に注意。
ゲージが最大だと追加で敵キャストにスロウを与えるが、あんまり強くはない。あくまでおまけ程度。
突進DSの時には兵処理が苦手なので、とっさのときに兵処理できるうえ、離れた場所からDSの入れ替えを気にせず撃てるのが便利。
大兵士もまとめて倒せるので複数の大兵士がいるときには効果的。
短時間でひとまとまりになった兵士を離れたところから処理できるのが強み
裏取り用にも。
MP消費も、序盤はDSのMP軽減が発動していない為、こちらを使った方が安上がりになることもある。


・ドーンオブグロウ R 強化スキル MP20 レベル3 +で効果時間が上昇
自身のトラストゲージ増加量と兵士防御力が上がり、DS消費MPが下がる。
ゲージが最大だと追加でクロスドローのダメージが上がり、クロスドローを発生させるたびにHPを回復してくれるようになる。
DSを主軸に戦うほとんどのマァトにとって、欲しいバフが盛りだくさんに詰め込まれている。
兵士防御力増加はかなり大きく、これがあるだけで兵士に向かって突進DSを撃つリスクが減る(それでもHPは減るが)。
防御アシストを組み合わせると兵士弾をカットできるようになる。
DS消費MPが下がるのも大きく、DSを連発できるようになるため、基本的にはゲージが溜まっていようがいまいが常にかけておきたいバフスキル。
ゲージが溜まりきった後半の火力の支えにもなり、HPを軽いMP消費で少しずつ回復できるため継戦能力も増加する。


・サスペクトケージ R 妨害スキル MP35 レベル5 +で効果時間が上昇
自身中心の範囲内の敵拠点の防御力が下がる。
ゲージが最大だと追加で、その拠点から出撃する兵士の数を減少させる。
マァトの中で最も盤面に干渉できるスキル。
防御力ダウンは裏どりをして直接叩き割ることも視野に入るほどに大きいうえ、効果時間も長いため、他レーンの拠点にかけるだけでも有用。
ただし、消費MPは相応に重く、MP管理をしていないと発動できないこともあるため注意。
基本的には抜かない方がいいスキルではあるが、自力で奥拠点を抜く自信があるなら抜いても構わないと思われる。
ただ、このスキルの存在によりマァトに対して横やりに来るアタッカーが多いため、他レーンへの干渉はしづらい。
負けていると使えない、レベルが遅い、MP消費が重いというのもネックではあるがそれを差し引いても十分に強力なスキル。
下方されそう。
このスキルを主軸にして、延々と裏取りするビルドがあると聞くのでやってみるのも面白いかもしれない。


・ギルトオアイノセンス SR 妨害スキル MP25 レベル3 +で効果時間が上昇
自身から引いた線の先を中心とした範囲にフィールドを設置するスキル。
フィールドに入った敵兵士の攻撃力と防御力とDSの貫通耐性が下がり、錯乱状態にするというてんこ盛りのスキル。
載ってる間だけではなく、範囲外に出てからもしばらくの間、デバフが持続する。
貫通耐性が下がるので自由曲線DSで大兵士を含む兵士列を一度で処理できるようになる
また、錯乱状態も付与されるので、突進DSをしても反撃されることが無いのもおいしい。裏取り用にも。
敵にマグス・クラウンなどの兵士強化キャストがいる場合は、少なくともこのスキルかアンムトケイプのいずれかはいれておきたい。
ゲージが最大だと追加でフィールドを設置し、入った味方兵士の攻撃力と拠点攻撃力を上げることができる。
ゲージが溜まりきるのは後半なため、拠点攻撃力を目当てに使うことになる。
このスキルとサスペクトケージを組み合わせると数体の兵士で敵拠点を破壊できるため、同時に採用するのもいいが、その場合はMP管理に特に気を使う必要がある。


・リぺルヴェール SR 移動スキル MP25 レベル4 +で射程が上昇
無敵移動スキル。
発生に一瞬のためがあり、移動距離もそこまで長くない為、過信はできない。
ゲージが最大だと使った分のMPがほとんど戻ってくるため、立ち位置を変えたいときに便利
消費MPが少ないのも強み。
今はバグがあるみたいですが、それについては無視します。すぐに直してくれるでしょう。


・ライトオブトゥルース WR 超絶強化 レベル5 +でHP回復量増加
HPを3メモリも回復しつつ、クロスドロー威力、DS射程、防御力を上げる。
このWSがかかっている間は兵士弾をほぼ無効化できる。
突進DSや追い打ちクロスドローがかなり強くなるため、効果時間中に狙えるようなら狙いたい。
ちなみにWS+ドーンオブグロウとアシストが発動しているクロスドローを当てると、硬質化していない温羅ちゃんのHPを7割ほど吹き飛ばす。






☆上の3つを踏まえたうえでどのアシストが相性が良いか
おすすめカードの解説・考察と、それ以外のカードからひとつピックアップ。
優先度の目安として【必須>(相性が)良好>好み(でいれてもよさそう)】を用意しておきます。

・転生と虚無の天秤 WR 武器 レベル3 専用クラフト
必須
クロスドローのダメージが上がりDS消費MPが常に下がる。
DS以外で敵キャストや巨人へ大きなダメージを与えられないので、ほぼ確定。
このアシストにドーンオブグロウと虚構を仕立てるフアン、正義司る女神の衣を組み合わせるとDSのMPが尽きなくなる。
どんなビルドだとしても私は抜けない。

・餅喰らいの袈裟衣+ WR 防具 レベル3 クラフト
良好
HPの少なさをカバーしつつ、MPが一定割合以下の時にHPを継続回復し、MPの回復速度が上がる
マァトのMPは60~72なのでだいたい20以下で効果が発揮していると考えると、DSを連発するキャストのため、発動の維持は容易。
突進DSで突っ込むため兵士弾で被弾したダメージや反撃を食らってもドーンオブグロウと合わせて回復できるので​強い。
ドーンオブグロウのMPが20(+MAXで18)ということもあり、​​​​​​スキルの発動を阻害しない。
その他のスキルも軒並みMP消費が25(+MAXで22.5)であり、MPが少ない状態からでも素早く回復するため、MPが足りない!ということが少なくなる。強いな?
ただし、サスペクトケージは消費MPが35(+MAXで31.5)必要なため、拠点を殴る前にはMPを回復させておくといいかもしれない。
ほぼ必須でいい。

・正義司る女神の衣 WR 防具 レべル6 専用クラフト
必須
HPとSPを上げつつ、クロスドローを2回発生させるとMPが10回復するようになる。
強い。
前述のとおりMPを回すためのパーツになるのでほぼ採用確定でいいでしょう。
他に入れるものもありませんしね。

・武蔵坊の大太刀+ WR 武器 レベル1 クラフト
【良好】
兵士を一定数撃破すると兵士防御力とDS攻撃力が上がる。
効果が突進DSを持ち、裏取りが選択肢にあるマァトにマッチしている。
他に言うことが無い。強い。

・長き天の匙 SR 道具 レベル2
【良好】
トラストゲージやアシストの解放されていないとMPが辛いキャストなので匙が候補に入る。
序盤からDSを豊富に撃てるようになり、スキルにもMPを回せるようになるため、拠点を折られると動きの幅が減り、強みを生かしきれないマァトにとっては序盤の支えとしてかなり相性がいい。
もちろん後半でもサスペクトケージなどのスキルのMPを確保できるのでグッド。
上がるステータスがMPとDSなのも無駄が無くていい。

・悪魔切りの包丁 SR 武器 レベル2
【好み】
ステータスに無駄がなく、自由曲線DSの射程が長く、近接には決して強くはないマァトにとって経験値獲得範囲拡大はありがたい。
DSも大きく上昇するのは良い。
ただ、MPを大きく補助することはできないので採用するときはMP管理を大切に。

・聖女が落とした黄金靴 SR 装飾 レベル2
【好み】
SP、SSDS射程を伸ばしてくれる。
自由曲線DSは描画が長いため、射程が上昇しても満足に描ききることができ、突進DSとも相性が良い。
ただし、不要なスキル攻撃力とMP低下があり、補いたいHPも上がらないうえ、前述の餅喰らいと多少相性が悪いため、好みの範疇。

・妖精の宿る宝珠 WR 道具 レベル6 専用クラフト
【好み】
入ってたんだ...。
MP管理ができるというのなら、6専用を抜いてこちらでもいいかもしれない。
正義司る女神の衣に比べて、MPこそ大きく補助はしないものの、防御力を上げてくれるのでより突進DSや裏取りがしやすくなる。
裏取りメインで戦いたいのならこちらのほうがおすすめかもしれない。

・水精の加護受けし鎧 SR 防具 レベル5
【好み】
HPとDSを大きく盛ることのできるアシスト。
低いHPのカバーができるうえ、強みであるDSを強化できるため、相性はいい。
ただ、巨人処理をするにしても攻撃力は十分に足りているため、餅喰らいの方が強い。
併用ならありかもしれない。

・白騎士の槍+ WR 武器 レベル1
【好み】
DS射程を大きく上げてくれるアシスト。
攻撃力が足りているうえ、遠距離でのレーン戦や突進DSが強くなるので相性は良好。

・虚構を仕立てるフアン WR ソウル レベル2
【必須】
クロスドロー一確を彼一人で達成してくれる最高の一枚。DS消費MPが下がるのもとても大きい。ほぼ一択。

・四方の巫女 黄龍 WR ソウル レベル1
【好み】
いつもの。裏取りやスキルに回せるMPが増えるのが強い。無くはない。というか強すぎる。

・八艘飛びの牛若丸 WR ソウル レベル3
【好み】
敵兵士を撃破するたびにHPが回復する。
粘り強くずっと回復して戦うビルドで使えそう。
使えなくはないと思う。

・快癒の和魂 WR 回復MS
【良好】
理由はいらない。

・インプルスゼーレ WR 攻撃MS
【良好】
防御力を上げているのなら裏取りしながらこれで兵士を枯らせる。
サスペクトケージと合わせたい。相性良好。

・おとぎ話の比翼鳥 WR 強化MS
【良好】
DS射程アップの効果が大きく、クロスドローを当てられると追い打ちでも大きく削れるため相性はいい。
描画距離もアップするので好きな時に使うのも無しではない。

・アステロイドゲート WR 特殊MS
【良好】
拠点を破壊する能力の高いマァトは他のキャスト(主にファイター)よりも、敵拠点前での戦闘の場にいる価値があると思っている。
サスペクトケージを拠点に投げれば防御力が下がり、邪魔な兵士が少なくなる。
ギルトオアイノセンスを使えば敵兵士にいくら大兵士が混じろうと処理できるようになり、味方兵士の拠点攻撃力も上がる。
またクロスドローにより火力が出るため、相手のHPを大きく削り、退かせるorキルし、拠点破壊まで繋げられる可能性が高い。
自由に動いたときが強いキャストであるため、自レーンを押し上げた直後に破壊できそうな拠点の味方に向かって飛んだ場合のメリットはMS一つの価値があると思われる。
それらの目的以外にも撤退・帰城後のレーン復帰にも使え、飛んだ場所の周囲にいる味方と自分に短時間のSPバフを付与するため、このMSをマァトにつけることを「個人的に」おすすめする。


以上のカードの中から使いやすいビルドを選ぶのがいいかと思います。
おすすめカード以外を見てもぱっとこれだ!となるようなアシストはあまりないのですよね。
目次に書いた解説がすべて終わりましたので、これでこの記事は終わりになります。

拙く、読みづらい文章でしたが、ここまで読んでくださった方がいらっしゃったら、感謝申し上げます。ありがとうございます。
もし、この記事が少しでも誰かのお役に立てていましたら幸いです。
作成日時:2020/10/16 21:03
コメント( 1 )
斌(ひん)
斌(ひん)
10月23日 11時16分

クロスドローのダウン追撃はマジでキャップ付けたほうがいいと思います。

コメントするにはログインが必要です
シェア