243

【冒険譚】深度別のオススメキャストとオススメビルド【深度600~899】

by
ザキヤマ
ザキヤマ
分割記事2つ目、今度は600層のオススメキャスト&ビルドの紹介(?)になります。
SR以上のレアリティのカードを所持している前提で書いているので気を付けてください。
どこかでWRアシストあっても火力が怖いかもとか言ったがすまんありゃ嘘だった

・ルカ
ビルド
MS:物語の契約書
スキル:フレイムショット、びっくりさせるぜ!、ジャッジメントレイン
ソウル:胡喜媚or花の王子 サムorチェネレントラ
アシスト:木彫りの騎士の盾、憧れた魔法少女の杖、憧れた王子様の鎧、金箔貼りの指輪

引き続きルカが安定性、DPS共にトップクラスです。
というか600層以降のヴィランにうかつに近づきたくねぇからSR縛りだと武器防具装飾道具のハッピーセット崩さない限りSS型DS型共に一部例外除き人権ネーデス
各種カードは上位のWRが出来次第乗り換えていかないと、深度が800を超えたあたりからヴィランの通常攻撃が致命傷になりかねないです。(特に新兵側)

ソウルはMPとスピードを大幅に強化してくれる胡喜媚か、胡喜媚よりも最大MPが落ちる(と言ってもレベル8になればほぼカンストします)代わりに速度に優れるサムが最有力候補ですが、ベルゼブブがスロウを広範囲にばら撒いてから追撃で10割してくるのでチェネレントラで対策しましょう。
また、そのベルゼブブがマップ全域ダイソンしてから土俵入りみたいな衝撃波で道具を封印してくるので出来れば6枠を武器アシストに切り替えたいところですが、SRのレベル6武器は特殊効果で上昇するのがSSDS攻撃力のみなのがネック。
ただし、そんなの一部状況を除き割と気にしてる余裕がないくらいヤバイのが600層以降なので心して挑むように。

今まで以上に引き打ちを徹底し、びっくりさせるぜ!の射程を指が覚えるほどに打ち込みましょう。
また、アシストが育っていないうちは特にフロスティに注意しましょう。味方との連携が成り立っていれば然したる問題ではなくなりますが、WSを発動したフロスティを十数秒で落とせない場合、そこまでWSを温存出来ていた幸運な人を除き確実に自軍が全滅します。

・フィー
ビルド
MS:物語の契約書
スキル:入口無きフェンスター、近寄り難きストゥルム、我が為のトレーネ
ソウル:花の王子 サムor胡喜媚or耐える旅人 ドロテorチェネレントラ
アシスト:木彫りの騎士の盾、憧れた魔法少女の杖、憧れた王子様の鎧、金箔貼りの指輪

なんかもう一緒に紹介しちゃえばよかったんじゃ?とか思うくらい内容一緒です。
ビルドで違うところとしてはルカと比べてフィーはMPを管理しやすいため、胡喜媚を選択するメリットがあまりないことと、同様の理由でHPを盛るドロテの採用が検討できる点です。

フィーは安全な距離を意識して扉置いて逃げ回って誘導するだけでルカの0.3~2.0倍くらいのDPSが出せるのが1つ目のウリです。

もう一つは、フロスティのWSに対してこちらもWS→フェンスター→トレーネ→フェンスター→ストゥルム、とすることでもう一方の妨害さえ受けなければ安定してフロスティを落としきれることです。
というかカードが育ってくれば2つ目のフェンスター置いてからストゥルムが回り始めるくらいの時にはもうフロスティが死んでます。

ちなみに装飾の枠は(特にルカは)クロスDS発生時凍結解除のアシストがWR以降も推奨です。
スロウやスタンの耐性は要らないのか?と思う人も多いでしょうが、冒険譚アシストでは最大HPや最大MPを補強する手段が極端に少ない(というか金箔貼りの指輪と主役のガラス靴のみ)ためこれしか選べないというのが現実です。
最大HPがないとどれだけダメージを軽減しても耐えきれないということも珍しくなく、この装飾枠での最大HPは本当に重要なのです。
一撃は耐えてくれないとHP回復効果アップとか無意味ですからね

侯爵を導くポットゥ等で最大HPを確保するケースもありますが、最大MPが下がると回復ブースターで回復したMPが溢れやすくなり、結果としてダメージ量が下がってしまうので、やはり出来るだけ胡喜媚を運用したいところです。
更新日時:2021/08/29 23:27
(作成日時:2021/08/24 14:01)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア