257

Ver5.32A雑感

by
じぇいす
じぇいす
Ver5.32A 稼働!

今回は4キャストに修正が入った。情報がある程度出揃ったので感想を書き出してみる。

ジーン
SS威力が上昇 (Lv.8時の威力が15目盛→17目盛に上昇)
序盤を戦いやすくしたとのこと。修正前はLv.4で小兵士1確が修正後はLv.1から倒せるように。おそらく威力だけじゃなく成長率も弄ってる。地味ながら開幕兵士止めができなくなった。ジーンエアプだが、(ほとんどのFが)レベル1はほぼDSで処理するのでSSの出番はあまりない。出番はLv.2からになるが《魔神の豪腕》が解禁されるので大兵士は無視できる。魔人化中はそもそも攻撃力が上がる。そうなると、非魔人中の4人列を片付けるぐらいにしか使わない。そして《願い掴む青年の腕輪》を装備していれば以前からLv.3以降は小兵士1確だったことを考えると…意外とピンポイント強化だということになるか。しかしLv.2小兵士1確を取るためにビルド枠を割いていたプレイヤーもいるようなので小さくない強化なのだろう。

クラマ
SS威力が上昇 (内容はジーンと同じ)
《夢刃星眼》の消費MPが減少 (25→20)

ジーンと同じく序盤を戦いやすくしたとのこと。大兵士1確はSS威力が同じマァトを見るかぎりLv.5からだろうか。ちなみに成長率がマァトと同じなら小兵士1確はLv.2から。ジーンと違ってLv.2帯の大兵士が無視できないので兵士列Lv.3確も兼ねて《宝来の小槌+》を以前から積むことが多く、その辺りの事情は変わらないか。Lv.3帯の4人列をSSで片付けられるようになったが、DS1手で処理するプレイヤーも多く(筆者もこのタイプ。SSの回転率が高くない為)、ジーン以上に大した影響がない疑惑がある。
一方、《夢刃星眼》の上方は大きい。何せ試合中何度も発動する必須スキルのコストが下がったのだ。おおよそ1試合に6~7回発動すると考えるとスキル1回分ぐらい浮く計算になる。元々DS威力上昇(最低でも6.5目盛)、DS性能変化、Lv.3解禁の点を考えれば消費MP25で妥当なのでアッパー気味の上方でもある。

遮那
SP上昇 (Lv.8時点で24目盛→26目盛)
《夢刃正眼》の消費MPが減少 (25→20)

プレイヤーが欲していた修正と運営のコメントが高めの精度で一致した。とはいえ、SPに関しては実装初期に戻しただけである。一方、スキル消費MPはアッパー気味と言ってよい。SS強化スキルは性質が違いすぎて比較しにくいが、20MPより安くなることはないだろうから割と限界まで強化したと言える。

ピーター
《エアーウォーク》消費MP増加 (20→25)
散々言われていたコスパが漸く悪化。とはいえ、カード重ねボーナスとサポーターのロールエフェクトを考慮すると約22MP。《血で咲いた悲哀の薔薇》《新緑の飛行服》どちらかを装備すればほぼ20MPなので逃走に使う分には影響は少ないはず。敵を追いかける等、連発する用途では流石に影響は免れないはずなので今まで以上にサポーターとして腰を落とす必要があるかもしれない。
ピーター版とアナピ版と《Action!》を並べてみると挙動が一長一短な関係のはずなのに消費MPがばらついていて調整班の苦労が滲んでる気がする。

以上、個人の感想でした。
今回はここまで
ではでは~
作成日時:2021/09/27 01:20
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア