1581

舞闘会・協奏闘技場における中央のロール編成について

by
なぼる
文筆
文筆
なぼる
こんにちは、なぼるです。協奏闘技場のイベントが始まるということで前々から思っていたことを記事にしようと思って書いたのですが、体調を崩し、寝すぎて眠れなかった状態の時に大半を書きました()。とりとめのない文章になってしまいましたがどうかお付き合いください。

僕が話したかったことのテーマはタイトルの通り、「中央レーンのロール編成」についてです。
最近のワンダーはドロー特殊威力がインフレを起こし、アタッカーでもサポーターでも兵士1確をとれるようになりました。
そんな環境の中、わざわざ3F編成にして戦えるのか? ってことですね。僕は厳しいと思います。
その辺の理由をお話ししていこうと思います。



まず3F編成の基本ですが、中央にA+Fのキャストを置き、序盤から高い兵士処理能力で相手と差をつけてリードを取っていく編成です。

A候補はアシェンプテル、アナピ、スカーレット、ジョーカーあたりがベター。上手い人は深雪乃やロビンなんかでもやれるそうなので頭の片隅に入れていくといいかも。 F候補は兵士処理能力が高いことが前提で自衛能力が高い、もしくは硬いキャラになります。フック、ツクヨミ、ドルミール、吉備津あたりですね。
 
ですが、最近では特に新アシストの新兵銃や落窪姫などの登場により、サポーターであっても兵士を簡単に処理することができるようになりました。序盤に多少の有利を付けたとしても、強力なバフがかかったアタッカー相手には後半捲られやすく、さらにはリードを取ったおかげで相手チームには先に巨人が出現するので試合展開は厳しくなることが多いでしょう。 3F編成では中央の手前拠点を残して勝つパターンが一番多いのですが、前述したサポーターの兵士処理能力の向上、そして兵士処理MSをつけることも多く、手前拠点を残すことは難しくなってきています。拠点を残すことが出来なければこの編成の強みは薄く、キルダメージ勝負となるとバフがある分、相手の方が有利になります。

もちろん3Fならではの強みもあります。例えばアシェフック編成でミスト獲物の連携で大ダメージを序盤から与えたり、アシェツクヨミ編成で強力なドローを打つツクヨミに近づけさせない立ち回りでリードをキープし続けたりなど、決まれば試合の流れを持っていけることが出来るでしょう。洗練されたAF編成は、それほどまでに強力な編成だといえます。

ただ、普段体面にいないサポーターたちとのレーン戦があります。例えば中央フックを選んで相手がヴァイス編成の場合、どう動いたり指示を出せば勝てるのかわかりますか?兵士を枯らされて録に歌うこともできず、じわじわ嬲り殺されてしまうんじゃないかとなど想像できませんか?。普段の全国大戦ではまずないような技術も求められます。「なんとなく強いらしいからフック選ぼう」みたいな練度0で出していい編成にはなりません。 アタッカーは正直頑張るだけなので頑張れって感じなんですが、中央レーナ―を選ぶ人は、ほぼぶっつけ本番みたいなファイターを選ぶのか、よく考えてピックしてください。

そして何よりも、中央に行けるファイターの連中は、端にいる方が強いです。
多分中央Fでイキイキしてるのはツクヨミだけですね。
アタッカー視点で考えてほしいんですが、端の吉備津に裏取りされたら対応しなくちゃいけなくて面倒じゃないですか?フックに横槍しに行ったらドローはめちゃめちゃ痛いし固すぎるしパンチもあるしで粘られませんか?ドルミに横槍したらクソ早い発生のクソ長いドローでダウンを取られ、畳を置かれて兵士処理してなんか帰ってくんですよ?なんなんすかねこいつ。
とまあ基本的に中央に行けるファイターは端にいる方が厄介です。やむを得ないで選ぶ場合を除き、端に置いた方が強いです。


そして追い打ちをかけるようですが、対3Fに有効なWアタッカーの編成も紹介しておきます。僕の推し編成だったりします。

3F編成時の候補アタッカー+兵士処理が得意なアタッカーの編成で、後者の候補はミクサ、妲己、フィーあたり。 特に雑に出てくる中央フックに強く、ラインフレアとアゲアゲ、フィーの場合はシュタッヘルがフックのほぼ全部の硬直に刺さり、対AS編成であっても、サポーター対面を火力差でシバきやすく、序盤から有利を取りやすいです。相方がミストならば誰と組み合わせても大ダメージを狙えるのも魅力です。

だいだい3F編成と似たような所感にはなりますが、巨人処理能力、アタッカーの捌きやすさなどで差別化できます。巨人処理は言わずもがなですが、このアタッカーたちは森からでも兵士処理ができて足も速く、絵筆やマメ帽などのメタアシストもビルドに入れやすく、そしてダウンも取りやすいです。 相手の兵士処理能力が間に合って来る頃には敵森に陣取って兵士処理することでお茶を濁し続けるなど、立ち回りでのカバーが必要な面もありますが、表に立たなければいけないファイター以上にやりやすいかと思います。そのまま端レーンへの援護をしたりなど、自由度が高いのもポイントです。

そしてなんといっても普段の全国対戦とそこまで変わりなく、扱いやすさが中央ファイターとは段違いになるかと思います。相手のキャスト編成が上振れた時と何ら変わらないでしょう。立ち回りで困るといったことは、3Fのレーナ―視点よりかは少なくなるはずです。


最後に、A+Sの一番無難で、一番強い編成の紹介です。とはいえあんまり語ることはありません。

足を速くしたり手数を増やしたり火力を上げたりして、強くなったアタッカーに頑張ってもらう編成。当たり前ですが、自己バフだけのアタッカーと、自己バフ+サポバフが入ったアタッカーなら、よっぽど読み負けたりしない限りは後者が勝ちます。

キャラ編成はそれぞれなので割愛しますが、何出せばいいのか困ったときはピーターかドロシィ、スキルアタッカーならメイディを出しておけばいいと思います。

例えば対面3F想定ですが、アタッカー同士が中央レーンから離れ、ファイターとレーン戦することになっても、レベル4~5くらいであればほぼ5分の勝負はできるようになったと思います。バフの分早く仕事を終えたアタッカーが敵のレーナ―に圧をかけて下がらせることも容易でしょう。さすがに序盤はつらいかと思いますが、拠点が折られてもその分巨人が速く出せるので、必要経費だと割り切ってしまってもいいと思います。
なので相手が3Fだろうと臆せずに、AS編成を組んで戦っていきましょう。


いかがでしたでしょうか。
総括すると、中央ロールの優先順位は

①AS ②AA ③AF

で組んだ方がいいよという話ですが、もちろん僕の個人的な意見でしかないので人によっては思うところもあるかと思います。
良ければコメントしていってください。いろんな方の意見が聞きたいです。

また、「普段サポーター使ってるけど敵チームが強すぎて中央に行けないよ~逃げのファイター選んじゃお><」みたいな人もいるかと思います。
他にサポーター希望の人がいたならいいですが、そうでないなら絶対にやめてください。始まる前から勝ち筋を潰すに等しい行為です。自分が一番得意なキャスト、それかせめて同じロールのキャストを選んで試合に臨みましょう。使えないキャラは使うなってやつです、自信をもってピックしましょう。


これまでの舞闘会や協奏は本当に3Fランドウォーズって感じでしたが、今の環境であればサポーターで十分戦えると思います。
3Fミラーとか面白くもなんともないような試合を何度もしてきましたが、少しでも3F以外の編成が増えるきっかけになれば幸いです。

それでは、協奏闘技場で会いましょう!
作成日時:2022/05/26 17:22
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア