316

走れハール!!(遊撃手奮闘記)

by
有明月
有明月
こんばんは。有明月です。


先月あまり記事を書けなかったのでまた今から出来事を振り返っていこうと思います。また月変わっちゃったな。
今回は協奏フレマや「魔視線」獲得のその後、新アシストの採用などをきっかけに、フィーの新しいビルトと戦い方に挑戦した事についてお話させていただきますね。


───────────────

 

ハールは7月4日のアップデートで消費MPが少なくなり、さらに魔力レベルMAXで使った時の無敵時間がめちゃくちゃ延びました。
どうやらそのおかげでハールで急接近からほぼ確実にストゥルムを押し付けられるようになったそうです。
しかし、自分はその時はまだ「よし、ハール使うか」という気分になれず‥‥というよりエピとシュネーの勝利数を増やす事を優先したかったので特に気に留めていませんでした。

それから3週間後、7月25日のアップデートにて‥‥


 


新たなアシストが追加されたのですが、これがまあ強い。
特に滝夜叉姫は、今でこそ既に下方修正されましたが追加された当時は特殊によるスキル攻撃力とスピードの上昇値が異様に高く、どちらも最大まで育った状態の有栖お嬢様(スピカ)のそれを上回る上昇値をLv.3で即時獲得するというとてつもないものでした。本当にヤバいです。
そんな特殊効果を発揮するにはSRアシストを2,3枚入れなければならないというビルドの縛りがあるのですが、SRアシストも優秀なものが追加されており、時間が経つだけでMSが回復したりレベルが上がる度にMPが供給されたりとこれまたすごいものが加わっていましたね。


‥‥で、これらを採用した新ビルドを実戦投入した動画を観たり、フレマの参加者から「ハール型良いよ!」と勧められたりしたのをきっかけに、自分もハールを使うことにしました。

 


結果こんな感じになりました。

滝夜叉姫でスピードとスキル火力を確保し、コラプやMAXハールの無敵を駆使してストゥルムを積極的に押し付けキャストキルを狙っていく構想のようです。
動画で見た時は確かに強そうだと思っていましたし、普段使わなかったハールを使うのは楽しそうだと思っていました。

思っていたのですが、いざ使ってみたらある問題が発生してしまいました。


どう動けば良いのかがわからない!!


以前のビルドではレーンを押し上げることに重きを置いており、フェンスターを展開しての兵士処理を重視する等していました。
しかし今回のビルドはキャストへ攻撃を押し付ける為にハールやストゥルムにMPを割きたいのでフェンスターの使用をなるべく控えなければなりません。
今までの感覚でフェンスターを使っているとMPが足りなくなり、ハールで飛べなかったり飛べても行った先でストゥルムを出せなかったりと遊撃らしいことがロクにできなくなってしまうのです。
更に横槍を入れに行くにしても、どのレーンに向かえばいいのか、早いうちから行った方が良いのか等の判断もしなければならず、戦況を見て考えることがより多くなり判断するのが大変です。

移動スキルで飛び横槍を入れに行くという戦い方が、まるで使ったことがないキャストを新たに使っているようで慣れるのが本当に大変でした。
横槍を入れるかどうかの判断に迷ってばかりで活躍できずに何度も敗北。
アワードも何も成し遂げられなかった時は「ハールもう辞めたい‥‥」とさえ思いました。
 
それでも頑張って使い続け、途中で開催された舞闘会で勝てたことで何か感覚を掴めた気になり次第に成果を出せるようになりました。
ワンダー部の指南系の投稿を頼りに、状況ごとにどこを攻めた方が良いか考えられるようになったりして、どうにか慣れてきたと思います。
消耗している敵がいるなら飛び込んでキルを狙う。キルが取れなくても盤面が良くなればいいので適宜中央を抑える。奥を折れそう(折られそう)なら援護する‥‥マップをよく見ることも今まで以上に意識してできるようになったかもしれません。

未だに完璧に使えるようにはなっていませんが、今までにない強みになったことは実感できました!


───────────────


実際にハール型で戦っている様子を見てもらいたいと思います。
たくさん見てもらいたい(むしろまともに使えなかった様子から見てほしい)ところですが、過去のバージョンのものなのでそんなに多くなくていいかなと思い1個だけ。

※試合はバージョン5.34-Gのものです。現バージョンとは一部のキャスト及びアシストの性能が異なりますのでご了承ください。




序盤からスピードバフを活かしてストゥルムを押し付けたり、ハールで端レーンに飛び込んで敵キャストを挟み撃ちにしたり、敵側の森を取って奥拠点への攻撃を援護したりと、遊撃役としてやりたいことが結構できた試合だと思います。

悠久レーンへの横槍に時間をかけ過ぎたり置く価値があまり無さそうなフェンスターを置いてたりと微妙な所も割とありますが‥‥。


───────────────


斯くして新しいスタイルを得たフィーでルビー昇格を目指す形になりました。
CRが上がるにつれ重くなっていく敗北時のペナルティを幾度となく負いながらもなんとかCR29まで上げ、昇格試験を受けるまでに至りました!

ここを突破して晴れてルビー筆になりたい!























なりたかった‥‥。





はい、これを投稿する時点ではまだなれてません。落ちました。
その辺りの話はまた後ほど。

次の投稿では昇格できたと報告したいなぁ。
作成日時:2022/10/02 11:27
コメント( 2 )
湾田 乱
湾田 乱
10月2日 11時48分

有明さんの動画は更新頻度が高く良く拝見してますが、問題点の洗い出しと改善を、繰り返し行なっていて以前勝手にファンであり好敵手でもあったジョーカー使いさんを彷彿とさせるので好きです?これだけ動けるのなら昇格もすぐだし、ルビーでも十分やっていけますよ。今から楽しみです。

有明月
有明月
有明月
10月2日 12時12分

> 湾田さん
動画観て頂けて時にコメントも書いてくださっていて嬉しいです。
実は本記事を投稿した時点でフィーの立ち回りに対する考えがまた変わってきていて、活躍以上にどう動けば勝てるかを改めて重視する感じになっています。実際最近ではそうしていた方が勝てていたりします。
とは言え今後も遊撃役として奔走することは十分あり得るのでこっちでも引き続き勝ちに行けるよう頑張りたいですね。
吉報を書きに来れたらいいなと思いながらまた昇格試験に行ってきます!

湾田 乱
コメントするにはログインが必要です
シェア