179

ロビンに愛してしまった経緯 その3(台詞がかっこいい)

by
ネオ29
文筆
文筆
ネオ29
ネオ29です。
ロビンですが、未だに私も愛用しております。
さて3回目でございます。

まずはちょっと恥ずかしいビルド(装備)ですが、ソウルカードでよく使用される
「アリア」が手に入ればなと思いつつ、まだロビン専用のレベル6の装備もまだ入手も出来ずであります。



未だに入手が出来ていない為、
かわりにスキル攻撃とスピードが上昇する「スピカ」を代用しております。
恥ずかしながら、この様な形で行っております。
まったく素人(意味:初心者)の金筆使いではございます。

それもあって、色々と試行錯誤しながらしております。
本当に冗談抜きで「金筆」になってから
「ビルド(装備)」という言葉を知ったものであります。
本当にご迷惑ばかりで申し訳ないです。お詫び致します。

ですが、森の中から奇襲でスキル攻撃で命中、
時には相手をよく見極めて、
クリティカルヒットで「敵キャスト」を一撃で
狙える様にもなりました。


さて気を取り直して、3回目は台詞でございます。
これは本当にかっこいいですし、2回目と重なりますが、協調性があるなと感じました。
そして信念(自分の信ずる正義)を感じます。


「お気にせずに=チャットのドンマイ」
「我が弓かがやけ=攻撃スキルのダブルショット」
「仕方ありません。究極の奥義披露してさしあげましょう=ワンダースキル発動」


まさに「他者を思いやり、そして自分自身の信念をもって行動する」
姿がまたとても良いです。信念を感じさせてくれます。
きっと勉学に関しても非常に長けていると思います。

セガのゲームだけにちょっとそれてしまいますが、
ワンダーともコラボしておりました「三国志大戦」で表すとこうではないかと思います。

・劉備玄徳の軍師:諸葛孔明=しょかつこうめい
・呉の君主孫権から学問を進められて、のちに軍師となった「呂蒙=りょもう」

両方とも三国志大戦では、「カード化」されております。
現在、私は英傑大戦もやっておりまして、コラボした際には、
英傑大戦での「サンドリヨン」のカードも所持しております。

話がそれてしまい失礼しました。
ロビンは、まさに「逆転性がある・協調性がある・台詞がかっこいい」
それが私がロビンに惚れてしまった経緯でございます。

3回合間も空きましたが、この様な記事に、ご観覧頂きましてありがとうございました。
作成日時:2023/12/18 21:10
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア