388

美猴と言うキャスト

by
和摩
和摩
ワンダーの依存性が強すぎるお猿ユーザーです。
最近は美猴から離れて、ヨミたそやエピーヌで勝ちに行くスタイルを貫いておりますが・・・
今日は気分転換におさるさん美猴について語ろうと思います。

まず、美猴と言うキャストとは一体どんな事ができるのか?
長所と短所にまとめて以下掲載



【長所】
:出が早く、威力が高いSS
:怒髪天による、キャストキルによるゲージダメージ増加
:巨人処理が早い。
:DSも性能がそこそこで、レーン戦もそこそここなせる

【短所】
:レーン戦が苦手。ほとんどのキャストに対して工夫しない限りキツい。
:巨人処理が苦手。対面キャストと一部巨人処理の対処が困難。
:最大の強敵は敵兵士。



【概要】
美猴はアタッカーらしいアタッカーで、敵兵士がいない状態でのタイマンでは間合いさえ詰めれば
ほぼこちらが有利に動く事が出来ます。対キャストにおけるスキルが豊富で、どれも癖があれど
一撃が重く、チームに影響を与えるモノが数多く取り揃えられています。

ただし、それは敵兵士がいない状態に限ります。SSも敵兵士がいる状態では成功率下がりますし
兵士を巻き込んでのスキルが如意棒と吸命位しかありません。スカーレットとは異なり姿を消す事が
出来ず、奇襲や横槍を匠にこなしてgunkする等していかなければ厳しいでしょう。



【立ち回り】
※以下の立ち回りは如意棒:吸命:怒髪がスキルとして選ばれてる場合前提で話します。
まずはLV2まではDSでごまかして、経験値を拾っていきましょう。
LV2になったら如意棒が使えますが、横槍に行く場合は中央が瓦解しない様に手を加えていきましょう。
キルを取れれば良いのですが、LV3になるまではキルを意識せず端対面のキャストにちょっかいを出していきます。

LV3になったら吸命解放。このスキルが入っている場合、美猴はここから強くなっていきます。
これ以降、スキルに使うMPに余裕ある限りDSは一切使わない事をオススメします。
このスキルを用いて、相手の硬直に合わせてこのスキルを当てる事で帰城無いしキルを狙って行くことが可能となってきます。
相手にプレッシャーを与えていきましょう。

LV4・・・ここからが美猴最大の課題です。怒髪天と言うスキルを用いてキルを積極的に狙っていきます。
この時、美猴からお願いなのですが怒髪(+キルダメ増加ソウルを付けている)によるキャストキル=拠点攻撃と同じ
重要な要素なので、一緒にキャストキルを狙わないで頂けると助かります。
怒髪キルによるゲージダメージの量が凄いので、どの位凄いのか一度修練で怒髪入れて確かめてみると良いでしょう。
それだけに重要度が高い要素なので、拠点が折れない等の理由がない限りはキルを譲って頂けると助かります。

LV5以降・・・怒髪キルが成功していた場合、よほどの差がない限りは拠点2本折られてもキルデスで差が着き易くなります。
とは言え、相手もただでは退きません。うちも課題にしている事なのですが、ゲージがひっくり返されない様に立ち回る=
キルに拘らず、ゲージを優先する事も美猴を使う上では重要なので、後は時間との戦いになってくるので、後はマップやゲージを
見ながら注意して立ち回っていきましょう。


【まとめ】
:隙あらば、中央相方と共に拠点を折りに行く。相方あっての遊撃なので。
:LV4以降は怒髪を意識しましょう。
:敵兵士の中をくぐり抜け、相手の隙を狙って刺していく。
:味方にスカ、ナイキ等がいる場合は遊撃枠を譲り、端でも戦えるようにする
:乾坤一擲は人を選ぶ

とりあえず、美猴はダメージをくらって覚えていくキャストです。
まともなレーン戦だと不利展開を強いられますが、それでも今尚アタッカーとしての地位は保ってますので
使い込んでいけばきっと、他キャストを使うときに活きてくることでしょう。


【小ワザ】
これは全てのキャストで出来る事ですが兵士より前に突っ込んで、弾を出してきた瞬間にステップして回避しましょう。
自らが的になり、兵士への攻撃を逸らす事が可能となります。タイミングさえ合えば兵士の攻撃を喰らいません。そして
弾を出してしばらくは敵兵士は攻撃しませんのでその隙を突いて兵士処理を行っていきましょう。

これが出来ないと、美猴やヴァイス等で無人レーンを上げ難いので覚えておくといいでしょう。
更新日時:2017/08/28 23:17
(作成日時:2017/08/28 23:17)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア