95

「拠点を破壊したぁっ!」

by
LB
LB
これは、一兵士である私が実際に体験した。本当のお話である

「出撃まであともうちょいか、でもこれなら整列して出る必要もないよな」

あの時、ゲージはこちら側に余裕があり、時間は残り僅か、どう見てもこちらが勝つだろう・・・と
同僚兵士と呑気に話をしていた

【奴】が現れるまでは___

「8時の方角、何者かがこの拠点に近づいてきました!」

「オイオイ、誰なんだ?この傷一つない拠点に一人で攻めてくる馬鹿は」

「鶴織の着物を羽織り、桃印の鉢金を額に・・・【奴】です!【奴】が現れました!!!」

屋上で旗を振っている兵士が【奴】の出現を告げると、拠点内の兵士達の顔色がガラリと変わり、一気に緊迫した空気に包まれる

「何だって、味方はどうした!?」

「大きくなった少女に踏みつぶされない様に必死で逃げていまして・・・彼方には海賊王とパレードも備わっているので」

「くっ、だからここまで来るのが早かったのk『でぇやっ!!!』」

奴の手により拠点が削られていく

「イカン、このままでは・・・兵士弾、撃てーっ!」

出ていく予定だった兵士達が【奴】に向かって兵士弾を飛ばしていく……だが

「駄目です、全然聞きません!」

【奴】の前には無力だった___

「後時間は残り僅かなんだ!それにやられた味方もすぐに戻ってくる。それまでなんとか持ちこたえるんだ!!!」

『せぇやっ!』

「何とか持ちこたえて……!」

『おらぁっ!』

「何とか…………!!!」ポロポロ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆も【奴】には気を付けよう!
更新日時:2017/09/07 18:50
(作成日時:2017/09/07 18:50)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア