582

闇吉備津のアレコレ 立ち回り編

by
アルベート
アルベート
前回は闇吉備津について、ざっくりと書いていきました。
という訳で今回は、どういう立ち回り方をすれば良いかをこれまたざっくりと書いていきたいと思います。

あ、筆者はCR26の辺りをウロウロしてる究極持ちの回数勢なので、そこんとこよろしく_('ω'_ )_


■基本的な立ち回り
闇吉備津は基本的に弱いです。 そりゃあもうアタッカーの中で最弱と断言出来るレベルに。
とにかく近付かないと話にならないので、相手の攻撃を避けつつ近付いたり、ダウンした相手に張り付くように動きましょう。
一度近付けさえすれば、優秀なストレートと火力の高いドローに一喝と、豊富な択を押し付けられるのが闇吉備津の強みと言えます。
なので、立ち回りの基本は「どうやって近付くか」に集約されます。
近付く手段は様々。
鬼断ちを当てて、相手の動きを封じてから。
森を使ってコッソリと。
相手の攻撃を誘い、それを避けながら。
考え付く全ての方法を駆使して近付き、相手を刀の錆にしてやりましょう。


■中央での立ち回り
中央での闇吉備津は、とにかく難しいです。
下手に近付こうとすれば兵士弾に加えて、相手の攻撃によるリンクダメージであっという間に蒸発も有り得ます。
そのため、序盤は無理に前に出ず、相手の様子を見ながらストレートで兵士処理をしましょう。
相方が遠距離タイプのキャストなら、経験値を積極的に拾いに行くのも大事です。
差し込める硬直にはしっかりとストレートやドローを差し込みつつ、被弾は可能な限り抑えられるように頑張りましょう。
鬼断ちを採用している場合は隙を見て撃ち込んでいき、相方との連携を狙うのも良いと思います。

レベルが上がって、ある程度動ける余裕が出来たら端レーンへの援護も視野に入れていきます。
その際は端レーンのキャストとで、相手を挟み撃ちにする形で動くと良いでしょう。
鬼断ちがあるなら、森から端レーンへ撃ち込むだけでも十分な援護になります。
その時々で最適解は変わります。 状況次第で柔軟に対応出来るように頑張りましょう!

試合も進んで、巨人が出てきた場合、闇吉備津は巨人処理の援護へ行くべきかどうか。
これも相方次第ではありますが、比較的巨人処理は早いキャストなので積極的に行くと良いと思います。
その際はワンダースキルを忘れずに。 ドロー連射で素早く処理出来るのに加えて、防御力の上昇で事故死も防げます。
倒せそうなら巨人を処理すると見せかけて敵キャストを倒しに行くのも良いでしょう。 状況次第なので無理には狙わないように。


■端での立ち回り
闇吉備津ですが、実は案外端レーンもやれます
ストレートはもちろん、ドローによる兵士処理の早さはアタッカーの中でも早い方。 …まぁ対面が居なければ、の話なんですけどね。
端レーンの場合、闇吉備津が一番攻められるのは相手の各種スキルが開放されていない開幕
レベル3~4になる前に手前拠点を折るつもりで、ストレートで兵士処理をしつつ、相手の硬直にガンガンドローを差し込んで行きましょう。
とはいえ、あまり無理攻めしすぎると兵士弾も相まってあっという間に体力が無くなってしまうので注意。
慎重に、かつ大胆に攻めるのが大事です。 わりとマジで。


■専用はいる子? いらない子?
ビルド編に書こうか立ち回り編に書こうか迷ってこちらに。
闇吉備津の専用アシスト「血に飢えし滅鬼刀」
キャストキル時にHP回復+一定時間のリジェネを付与するモノで、立ち回りにも深く関わってくるアイテムとなります。
というのも、闇吉備津は「体力が少なくなると強くなるスキルを持っている」ためです。 百鬼掃討の構えですね。
何度も修正されて、白オーラ時の爆発力が高くなった一方、持続時間や白オーラ条件等に難点を抱えるこのスキル。
個人的な主観ですが、百鬼掃討の構えを最大限に活かす為に専用アシストはほぼ必須だと思っています。
理由は単純明快。
白オーラ百鬼の状態(=体力が2メモリ以下)でも、キルを取ればそのまま森に居座ったり次の相手を倒しに行く時にある程度の余裕が生まれるからですね。
中央で遊撃をする時はもちろん、端レーンでも「被弾上等で対面を倒してレーンを上げる」のが基本となるため、専用の回復は大事な命綱になります。

専用の有無で立ち回り方はガラッと変わります。
被弾上等のゴリ押しスタイルなら是非入れておきたいアシストではないでしょうか。
その際は武蔵坊の大薙刀も入れておくと安定度がグッと増すハズ。


ザックリとですが、筆者が気を付けているのは以上の内容です。
他にも「こういう立ち回りもあるよ!」とかあればコメントしていただけるとありがたいです。
ではまた!
更新日時:2017/11/08 00:32
(作成日時:2017/10/05 02:37)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア