744

アタッカーの兵士処理能力についての考察 その2

by
solitude
solitude
昨日に続いて行きましょう。
LV5がいい加減なのは仕様です。
大技がキャスト向けになっているのが悪いのです。

ミクサ 5

LV1
SSでの処理はかなり良い方。
回転率は流石に近距離アタッカーに比べれば悪いが射程があるのでそれを生かすことになる。
DSもアタッカーの中では体感早く感じるが硬直がやや大きいのが気になるところである。

LV3
FS、LFが解禁。
LFはポンチョショールMAX装備時であれば小兵士一確が取れるのでアタッカーの中で安全にかつ迅速に兵士処理が可能。

LV5
メテオで処理が可能に。
とは言っても入れている人は少ないだろうしメテオはあくまで巨人兵士キャストが固まってる時に撃つスキルだと個人的に考える。
2つまでならLFで十分。


リトル・アリス 2 リトルフラワー入りなら4

LV1
SSは爆風があり射程は長い。
しかし硬直が長く、回転率が悪いという短所がある。
この短所は近~遠キャストならそこまで気にならないが投擲DS持ちだと途端に厳しくなる。
基本的に安全処理ができるので遅い方ではあるが投擲DSキャストがいなければ安定して処理できるといえるだろう。

LV3
リトルフラワーがあるかどうかで大きく処理速度が変わってくる。
なければBBとSSがメインになるためLV1より若干早くなる程度。

LV5
WSで巨人のついでに踏み潰すのは割と有効。
巨人処理目的でなくてもキャストを追い払えるというのは強力。


デス・フック 4

LV1
SSはアリスと似たような性能。
DSに関しては生前アイアンフックの性質を受け継いでおり、射程や描写距離がアタッカーの中では長い方。
アタッカーの中ではかなりやりやすいのではないだろうか。

LV3
蜂の巣が解禁。
兵士が何も盛らずに3~4発で倒せるが射程が短いのでアシェンのクリスラやロビンのJS等に注意。
血肉で強化していれば2発で倒せるらしいが今の環境で見たことがない。

LV5
やることはLV3と変わらない。
獲物で端ファイターを引き寄せて蜂ノ巣にしたり命乞イを聞いたり(助けるとは言っていない)。


スカーレット 1

LV1
回転率はいいのだが射程が短いSS、ここまではいい。
問題がDSが突進型であり、しかも闇吉備津と違って移動が終わってから当たり判定が出るのでロクに兵士処理が出来ない。
かぐやのDSを避け、アタッカーらのSSやDSを抜けながらの処理は厳しいものがある。
相手側の森に無理矢理入って入口からSSが最も安全ではないだろうか。
咎められるとレーン間でうろちょろタイムになるが。

LV3
デッドリー以外のスキルが解禁。
処理は相変わらずステルスSSがメインだがセンテンスで兵士をこかせて時間稼ぎができることは覚えておきたい。

LV5
キャスト追いかけ回しているだろうがWSウルフシザーズなら兵士確一が取れるらしい。
私は一度もやったことがありません。
更新日時:2017/10/18 23:27
(作成日時:2017/10/18 23:27)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア