2826

舞踏会でぱうん脱出の心得

by
ふぁて
ふぁて
1:始めに
 初めまして、かぐや使いのふぁてといいます。
今回もTwitter上でビルドやピックの件で様々な話題が上がっているのを散見しました。

 特に話題に上がっていたのはピックの問題についてよく見たような気がします。
「味方がピックを合わせてくれない」 「選択したキャストが謎すぎる」といった感じでぱうんクラスから抜けられていない人がいるのではないでしょうか?
1年ほど前の私も3桁台の注目度でこんなことを言っていました。
今回はそんな人たちに私が実践したぱうん脱出の心得、今回はキャストピックに焦点を当てて徒然と書いていきたいと思います。



2:原因
 自分が何故、ぱうんクラスにいるのか? ということを考えたことはありますか?
そのランクにいることには必ず理由があります。
味方のせい? 運がない? と考えたことはありませんか?
まず、初めにその考えを改めて、自分自身の原因に一度、目を向けてみましょう。

そこで、私自身に当てはまった、ぱうんクラスにいる理由をあげてみたいと思います。


・ピックする際、自己中心になっていませんか?
 特定のキャストしか使えない、もしくは使わない人に多く見られます。
 1キャストしか使えないために、味方に特定のキャストをピックすることを強要していませんか?私自身、かぐや使いであったためにかぐやを選択してるのに味方が3Fになることが多く、憤慨していたことがあります。
しかし、同じ考えの人が4人集まれば必然的にそうなることに気づきました。更に、自分はたかだかぱうんクラスの無名プレイヤーでしかなかったので、そんな私に合わせてもらうということが間違っていたのではないかと考えました。

 でも上位のプレイヤーは合わせてもらってるやん!という人もいるでしょう。でも考えてみてください。
彼らはこれまでの実績、戦果があるからこそ、そのキャストを任されているのです。
 ぱうん程度の実力で合わせて貰うのが当然という考えは改めるべきだと考えます。譲り合うことも舞踏会というルールでは大切だと思います。



・ピックする際、有効な組み合わせは知っていますか?
 舞踏会というシステムはいわゆる固定チームを突発で作って戦うゲームです。それゆえに強い組み合わせというものが存在します。
以前の私はそんなこと知らずにかぐやを選択してました。
 しかし、このキャストを合わせるということを意識するようになってからだんだんと勝てるようになってきました。
そこで舞踏会で多く見られる組み合わせを紹介したいと思います。

美猴ピーター(通称:猿ピ)
 WLW初期から有名な猿ピと呼ばれる組み合わせで、舞踏会で最も見られる組み合わせと言えるでしょう。
ピーターのバフによってスピードの上がった美猴を遊撃に行かせ、キルダメを稼ぐということを重視した組み合わせです。
よく言われる弱点はピーターのレーン戦能力と巨人処理が難しいことだと言われています。

アリスピーター(通称:アリピ)
現在、最も猛威を振るっているWLW初期からある組み合わせです。アリスとピーターのワンダースキル(以後WS)を同時に発動してレバーを倒すだけでキルが取れると言うことでヘイトを非常に集めている組み合わせです。
何よりファイター(以後F)は手前拠点を折られた後に来られると何もできず奥拠点を渡す上にキルが取られるので何もできずに負けてしまうことが多いです。

デスフックエピーヌ(通称:エピ骨)
エピーヌ解禁後から急激に増え始めた組み合わせです。引っ張って10割を押し付けるという非常にヘイトを集める組み合わせです。
デスフックはキャストの性能自体が高い代わりにこの10割コンボ、つまり蜂の巣でキルを取ることに技術が求められるため即興で使うには難しい組み合わせでもあります。

ロビンエピーヌ(通称:エピロビ)
ロビン解禁後に生まれた組み合わせです。レベル2からの長距離超火力スキルを使い、そのうち仕留めれば勝つ組み合わせです。
この2人のキャストは接近された時、脆い組み合わせですが火力が高く、接近するまでが難しい組み合わせです。
巨人ゲーとも言われるこのゲームにおいて非常に高い 対巨人性能 を持っていることも特徴です。

3ファイター1アタッカー(通称:3F)
 Ver1の頃の舞踏会ではこの組み合わせが主流でこれ以外にすることがあり得ないとさえ言われるレベルでした。
しかし、アタッカー(以後A)やサポーター(以後S)の増加によって強い組み合わせが生まれ、さらに遊撃というものに関する考え方の変化から少しづつ1ASの組み合わせが主流となっていきました。
 現在は猿ピのメタ、もしくはスカーレットやナイトメアキッドのような1人である程度完結しているあAと組むことが多いです。


 舞踏会ではこれらの組み合わせを意図的に作ることで勝率を上げることができます。もしもこれらの組み合わせができそうなら狙っていくといいでしょう。
 

 キャストピックする時に他の人のピックはちゃんと見ていますか?チームを編成する際、最も重要なのはAです。なぜならAというロールはゲームを最も動かすロールであるからです。
キャストを選ぶ際、A役のキャストがなんなのかを無視してピックしていませんか?
Aを相手に押し付けることがもっともわかりやすい勝利のプランです。Aがどのキャストなのかをしっかりと見て選択するようにするだけで勝率がぐっと変わると思います。

 多くの場合はピーターかエピーヌを合わせておけば間違いありませんが、上記以外の組み合わせとして
深雪乃ヴァイス 
スカーレットマリアン
闇吉備津マリアン等があります




キャストピック応用編
 キャストを選択する際、コンセプトやプランを考えて選択していますか?これらを意識することで勝率が変化することもあるので意識してみるといいでしょう。
例として
マグス大聖:これは序盤の兵士処理がつらく、成長するまでに時間のかかる大聖をマグスのスキルで援護するというものです。
マグスシュネー:これはマグスのスキルとシュネーのスキルで兵士コントロールして盤面を有利にしようとする組み合わせです。
吉備津ピーター:吉備津ロケット。走って殴ってYOUWIN とする組み合わせです。
ドルミアリス:WSで奥拠点を取りに行く組み合わせです。さっといってさっと決める!
アリピフック:WSでレバー倒してキルダメ!勝ち!

言ったコンセプトをもってピックするといいでしょう。



3:ロール選択
 キャストピックの際、どのロールを担当するか、画面で喧嘩になったことはありませんか?
マッチングはランダムであるため得意ロールがブッキングすることは多いと思います。そこで個人的な見解ですが、ぱうんクラスを抜けやすいロールを紹介したいと思います。

ずばり、
ファイターです。

ゲームを動かせるアタッカーじゃないの?と思った人もいるでしょう。
なのになぜファイターなのかというと、言い方が悪いかもしれませんが単純に甘えられることの数か違います。

 アタッカーはゲームを動かす重要なロールであるため、勝つ原因は自分である代わりに負ける理由もまた自分になりやすいロールです。
そんななかで甘えた行動すれば必然的に負けにつながります。
 
 一方ファイターは甘えた行動をしてもアタッカーやサポーターが助けてくれることがあります。逆にアタッカーたちの甘えを引き受けることもありますが、逆に言えばその甘えをカバーしてあげることも可能ということです。
チームの土台となって支えることができれば、負けにくくなるためぱうんクラスのような崩れやすい環境では勝ち上がりやすいのではないでしょうか。

 最も甘えられるのサポーターなのですが、サポーターには明確な勝ち筋を1人で作ると言ことが困難です。サポーターはあくまで勝利という舞台を演出する演出家であって、アタッカーやファイターのような演者ではないため1人でできないことが多々あります。
その代わり、しっかりとバフを与え、レーン維持を行えばアタッカーやファイターが勝たせてくれることも非常に多いです。
実際、私がルークに上がったのはサポーターで勝たせてもらっていたことが大きいです。

 しかし、ファイターは奥拠点を折る、相手の遊撃を引き寄せて時間を稼ぐといった勝ちに行くために1人でできることが多いためファイターに軍配があがると考えています。
さらにファイターはメジャーなチーム編成である2F1ASの組み合わせにおいて2枠もあるため他のプレイヤーと競合し喧嘩になることが他のロールよりも圧倒的に少ないため迅速かつ的確な編成になることが多くなります。
自らの手でチームを支え、奥拠点を折るという快挙を成し遂げることができれば勝利は間近です!



4:最後に
 長々と綴ってきましたがいかがでしょうか?当てはまるところはありましたか?
恐らく、何を当たり前なと思ったことでしょう。しかし、その当たり前を毎回必ずできていますか?
編成事故の中にはあなたが譲っていれば回避できたものがあったことはありませんか?
今回の記事でそういったことを振り返る機会になればいいと思います。

 使ったことのないキャストを使うことを恐れていませんか?戦犯になってしまうことを恐れていませんか?
使ったことがないキャストより慣れているキャストを選んでほしいという人は多いと思います。しかし、使わなければ使えるようにはなりません。
今、あなたがいる位置は一番下のぱうんクラスです。恐れることはありませんし、これ以上、下はありません。
この機会に使ったことのないキャストを使ってみればいいと思います。そうすることで今まで気づかなかった新しい発見があるかもしれません。

これらの意識を変えるだけで私は3桁台から脱出し、今ではルーク程度まで上がることができるようになりました。
プレイングや知識はやればやるだけ、調べれば調べるだけ上手くなれます。こういった意識改革をし、技術を向上すれば必ずぱうんクラスから脱出できると思います。





5:追記
全国のぱうんクラスにいるかぐや使いの皆さん。
ぱうんクラスからの脱出で重要な要因があります。私はこれでぱうんを脱出しました。
いいですか?
良く聞いてくださいね?
これをだまされたと思って試してみてください。












かぐやを使わない




以上です。

 
更新日時:2017/11/09 23:42
(作成日時:2017/11/09 23:39)
コメント( 1 )
MSSS
MSSS
11月13日 11時56分

>得意ロールがブッキング
バッティングでは?(警察)

オチに泣きました
かぐやが舞踏会へお呼びがかかる日はいつになるのでしょうね

コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア