662

CR23桃使われから見た桃様

by
アスマス
アスマス
サンドリヨンと並んで初心者向けファイターと言われる桃様こと吉備津彦。2.0以降ではシュネーもバランスが良く、初心者向けと言われる時代になりましたが、ここで桃様の特色を洗いなおそうかと。

注:個人的な意見です。

1、基本性能
まず、各種基本行動が優秀。と、これだけではわかりにくいので補足。

SS。自由曲線DS持ちのキャストの中では先端発生が早い(入力から先端発生まで0.2秒)。加えて、素の火力が高いので、Lv1からSS兵処理が可能な上、ノーアシストの時間ならDSと相打ちしてもダメージがトントンだったりする。
DS。最初からトップスピードのため、これまた発生が早い部類。
回避。距離の割に硬直が短め。加えてクラフト専用でノーデメリットで強化可能。(ステキャンが無いので正義)



(↓ここから長い)


2、スキル

鬼断ち。
Lv2解禁。SS同様先端発生が優秀で、らいんふれあを見てから差し込める。また、Lv2解禁でありながら、ある程度の強化兵士でも1確が取れるのが魅力(気合・ネズミ・テリトリー辺りまでは1確ということを確認済み)。
対キャストダメージは19~23。攻撃スキルとしてはMPがやや重めだが、WSが攻撃力上昇なので、WS鬼断ちは40弱出る。この数値はアリスのびっくりに相当するので、アシストカードが乏しい初心者には貴重なダメージ元として活用できる。
岩砕の太刀。
Lv3解禁。桃様のスキルの中では発生は遅い(下方修正されたので)。が、共鳴兵士1確が取れるのが最大の魅力で、ミラーにお勧め。拠点貫通&拠点ダメージというのが主目的だが、射程がそこまでないので過信は禁物。
共鳴の位。
Lv4解禁。主力スキル。兵士の防御力を上昇するという、一見地味なスキルだが、効果時間が長く(40秒ぐらい)防御上昇量が強い(約3倍、対兵士大ダメージスキルを耐える)。何も考えずに打つとDSの方がいい場面も出てくるが、とりあえずで9人列に打っていてもSS兵処理ができればどうにかなるのが桃様。
金剛の位。
Lv4解禁。メインスキルと言われる。自身の防御力上昇と拠点攻撃力上昇。が、固定値減少なのが逆風で、Linkダメージや強化兵士弾ダメージがつらい。拠点の殴り始めから出てきた拠点兵士はともかく、城からの9人列はず処理する方が無難。基本的にLv上昇での拠点攻撃力上昇が強いので、WSに重ねるか、Lv7~8で使うスキルとなる。鶴織の着物の特殊効果と併せて兵士横で兵士弾を体で止めるのが主な使い方。WS時以外に拠点を殴る予定がないなら刺さないのも手?
不撓不屈の位。
Lv5解禁。2.0以降の目玉となった強力スキル、だった。兵士1体辺り体力2回復&DSのDSキャンセルが可能となり、DSのMPが軽減される。が、MP消費が重いのが難点。使うなら9+5人列以上巻き込みたいところ。兵士の体力回復は、兵処理スキル見てから共鳴→不屈でなかったことにするというコンボが強力。が、2スキル必要でMP消費がさらに重い。兵士の回復で使うことはほぼないと思っていい。


ワンダースキル。
攻撃力上昇。以上。
単純だが、攻めにも守りにも強い。WS鬼断ちで30MP40ダメージ(要検証 スキル火力下方前は41 現在の計算値は37)。WS+後悔火縄特殊+ゲルダ+糸切り鋏DSで10MP31ダメージ。なので、攻撃力上昇・防御力上昇WSでなければ、アタッカー相手にも相打ち有利を狙える。
拠点攻撃力上昇は、ほぼLv2分拠点攻撃力が上昇すると考えればいい。金剛と合わせればLv5でLv8並の拠点攻撃が可能となり、拠点に張り付けたらいつ使っても良い。WS無敵中に1殴り確定するのも悪くない。

追記:
WSの攻撃力上昇は1.6倍です。(計算上)
DSカンストなら32ダメージかと思われます。先述のDS火力はLv7での値だったので、もうちょい伸びます(誤差ですが)。
鬼断ち23ダメージ×1.6=約37だったので多分。
又、ダウン中の防御力はおよそ4~5倍(以降検証します)なので、DSはダウン追撃含めて理論値40ダメージですかね。(ダウン中でもLinkダメージは固定値なので大抵の場合は火力は上ですが)

3、弱点
まず、近接キャストです。自由曲線キャストの中で一番射程が短いです(描写長はそこそこ)。
そしてスピード。1.0時代は平均的と言われたスピードも、2.0以降の新キャストや他ファイターの上方により、かなり遅い。(ドルミはともかく、何でメロウのが足速いんだ今…)
加えて拠点攻撃力。攻撃間隔こそ最速ですが、実は低レベル帯の拠点攻撃力は低く、半端に裏取りすれば却って不利ということになりかねない。(例えばサンドリヨンのアッシュヒール)

更に2.0で追加された刻の門。これにより殴る拠点の数が減ってしまった(これに関しては、今となっては『奥を先に殴り折れた』昔がおかしかったとも思えるが)。特に開門の仕様。開門までに兵士を寄せやすい代わりに開門から最初の兵士の整列までが短いので、開門直後が思ったより殴りにくい。



4、ビルド制作の思考
優秀なSS、DSを活かして早めの1確を取って兵処理で有利を取るのが主流。ですが、早めの1確にアシストをそろえるということは後半にステータスを追いつかれるということでもあるので、バランスが難しい。Lv31確は今でも可能だが、アシストが重なってない初心者を考えると、ソウル:マッチを主軸としたLv4アシストで固めるのも手かもしれない(糸切りMAXマッチ+5でほぼ足りる)。プラスなしでもLv41確なら1枠空くので、さすがの素ステと言える。
空いた枠には専用かスピードアシストが無難。単にピン刺しでも強い三国志コラボアシストも候補。よくお勧めされるのは鶴織の着物(ver1.11)だが、私は使ってないのでノーコメント。


プラスなしでのビルド例として、伸縮自在の扇子・糸切り鋏・自由枠・マッチ。
扇子・糸切り鋏はver2.0~2.04、マッチはリリィ。
ソウルは他にゲルダ(クラフト)が有力候補。無ければLv3DS大上昇ソウルで代用できる(Lv3ソウルの中でお勧めは水精ウィンディーネ(ver1.0))。ヘルメス(リリィ)は他キャストにも汎用性が高い代わりに、DS強化値は少ないのでそこだけ注意。Lv4アシストが重なったらヘルメスもお勧め。
自由枠は防具、装飾をお勧めする。装飾はDS減少が多いので、ver2.0の錆びついた指輪、ver1.1の冒険者のターバン、ver1.0の鬼神の指輪、ver1.64の踊り続ける赤い靴等を候補にしておく。

交換候補として、扇子→編み棒(武器・ver3.00)王女服(防具・ver3.01)等。糸切り鋏が重なり切ればDS強化が無くても足りるようになるので。



とりあえず〆。長文失礼。
更新日時:2018/06/15 13:25
(作成日時:2018/06/05 02:24)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア