594

闇吉備津の現状 ~スキル編~

by
ジョン
ジョン
どうも~こんにちわ~ジョンです。ちょっと投稿間隔が空いてしまいましたが今回は闇吉備津のスキルについて書いていこうと思います。

前にも書きましたが初心者向けの投稿ではありません。ある程度闇吉備津をプレイしたことがある人向けですのであしからず。

1.鬼断ち

LV2から解禁。自身から引いた線の方向に貫通攻撃を放ち、ヒットした敵に小ダメージを与え、スロウの効果を与えるというものです。
近距離キャストである闇吉備津が唯一使える遠距離攻撃です。しかし、このスキルだけではキルをとる事も難しく、範囲も狭いのでなかなか当てるのが難しいというのが今の状況です。キル目的ではなくリンク目的、もしくは相方のキャスト次第で積むか積まないかを考えた方がいいでしょう。
かぐや、ロビン、マリアン、エピーヌが相方の場合積んでいる人が多いというのが現状です。

2、金剛の位

LV2から解禁。防御力とキルダメが少し上がるというスキルです。アシストの薙刀と青龍刀と相性がよく、DS型の闇吉備津がよく積んでいます。
一応キルダメも上がりますが、アナピのダウバや猿の怒髪天に比べれば些細なものなのでそこまで期待してはいけません。
でも、最近ではハンスビルドやポルコをソウルとしたビルドの闇吉備津も見かけるのでどうしてもキルダメで勝ちたい人はぜひ採用すべきでしょう。
ちなみにこのスキルはかぐやとも相性がとても良いです。かぐやの望月はMP回復量UPの他防御力も上げてくれるので、序盤でカチカチ闇吉備津になることもできます。

3、百鬼掃討の構え

LV3で解禁。自身の攻撃力とスピードが上がります。そしてその効果はHPが少なければ少ないほど高いといったスキルです。
まず、このスキルに関しては闇吉備津必須のスキルとなっています。百鬼を外している闇吉備津は見たことがありません。(フレマは除く)
とにかくそれほどまでに強いスキルです。以上。

4、鬼殺しの一喝

LV4で解禁。自身中心の範囲内の敵に小ダメージとスタンを与えるスキルです。このスキルもほぼ必須スキルとなっています。
DS型、SS型問わずに採用され、一喝してからキルするのが闇吉備津の基本スタイルとなっています。
ただ範囲がそんなに広くないうえに、MSのブリンクで逃げられたりする事も多いので注意が必要です。逆にブリンクを使って当てる事も出来ますが
その辺の話はまた別の闇吉備津の現状で書こうと思います。

5、黄泉比良坂

LV4解禁。自身中心の範囲内の敵の攻撃力と防御力を下げ続ける。一定時間後の範囲が拡大する。でも、発動時に自信のHPを消費し、HPが足りない場合は使用する事が出来ないというスキルです。主に端に行くときにこのスキルを積んでいる人が多いと思います。全国対戦ではないですがヴィラン戦では必須だと思います。HPを消費するので百鬼と重ねて最大限の効果を発揮する事が難しく、金剛とは相性が良いといった感じでしょうか。また、この範囲は森からでも敵に視認されるので奇襲をする事が難しいです。なので兵士処理や巨人処理に特化したスキルといっても過言ではないかもしれません。

6、無我・悪鬼羅刹

LV5解禁。WSです。自身の防御力が大幅に上がり、ドローショットの連射が可能。そして、MP回復速度の上昇というスキルです。
主に巨人処理や兵士処理、肉壁で兵士やキャストを守るときに使用している人が多いです。とくに防御力は本当に上昇し、とにかくカチカチになります。
MP回復速度も上がるのでこれまたかぐやと相性が良いと思います。ただ自身の攻撃力やSPは上がらないので百鬼をかけてから使用するのが吉です。

とりあえずざっくりとですがこんな感じでスキルの紹介をしました。
改めて考えるとかぐやと相性が良いスキルが多いなと思います。一体闇吉備津に相応しいサポーターは誰なんでしょうか?

今度は闇吉備津の戦闘スタイル・立ち回りについて書こうと思います。
また感覚が空くかもしれませんがそれでもよろしければ読んでください

ここまで読んでくださりありがとうございました。




 
更新日時:2018/06/29 14:13
(作成日時:2018/06/29 14:13)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア