86

私の出会いは悲しいもの #新生活応援

by
トキ
トキ
この記事をご覧になってくださる皆さん。今日も楽しくWonderland Wars、プレイしていますか?

#新生活応援」ということで「グッズが抽選で手に入る!」という浅ましい気持ちで書くことをまず、お許しください。
そして、私がWonderland Warsと出会ってちょっと残念だった時のことを、いまつらつらと書かせていただきます。

・出会い

あれは4年前。そう、Wonderland Warsが稼働し始めた2015年2月のことでした。
あの頃はまだ学生ということもありあまりお金に自由がなかった時期です。
当時ハマっていた戦国大戦をプレイするためにお金を崩し、もくもくとプレイしていました。
そんなとき、この「Wonderland Wars」と出会いました。
絵本の用に飛び出た筐体の上の装飾部分。当時は独特な丸いコントローラーにペンが一本というコントローラー部分。
もちろん、その圧倒的に目を引く見た目に「なんだろう。すごく気になる」という奇抜さに驚かされた覚えがあります。
カードがあればチュートリアルと全国対戦1回無料、というワードが目に留まり「じゃぁ、やってみるか」と初プレイ。
最初のチュートリアルは、実を言うとほぼ飛ばすようにプレイしました。
いえ、本当はちゃんとプレイはしていました。しては、いたのですがね?
マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ。通称MOBA。私には全くと言っていいほど知識がありませんでした。
そのせいもあってか内容を理解しきれていませんでした。
「小さな雑魚敵を倒すと経験値を得る? なんでそんなことするの?」「うわ、ドローショット難しい!」
「破壊するなら直接拠点殴ったほうが早いじゃん!」
…我ながらゲーム性を理解せずにプレイする癖はさっさと直してくれと願わんばかりです。

・プレイ自体は…お粗末そのもの

さて、もちろんこんな状況で全国に行くのも大変愚かなものです。
しかし、そんなのはお構いなしに初期に手に入ったカードをビルドに入れ、いざ全国へ!
選んだ初めてのキャストは「吉備津」でした。
当時の選んだ理由としては覚えている限りですと「日本人だし、侍好きだし!」という安直な理由でしたかね?
元ネタがわかりやすい、のも多分…あったのでしょうね。
対面は今のようにファイターではなくサポートであったシャドウ・アリス。
訳も分からず突っ込んで拠点を殴りにいったり、適当に兵士処理をしたりと。まぁ、ひどかったですね。
もちろん、その時は敗戦となってしまいました。ゲーム性を理解もしていませんでした。
「上のゲージが削られて多いほうが勝ち」くらいの認識しかなかったかと思います。

・そのあとは…長い出国、もといお別れ

そんなこんなでプレイ自体は終了。
「もうちょっとゲーム性を理解しよう」
そう思ってもう一回全国対戦をしようとモードを選択。
ここでチケットを求められ、承認。
「なんぼでコンティニューなんだ?」
出てきた画面には5クレジットで6枚の文字が目に飛び込んできました。
私は戦国大戦よりやべぇゲームに出会っちまった。だめだ、これは今の私では到底できないゲームだ。
私がこのゲームは触れないでおこうと思った瞬間でした。
手元に残るカードが手に入り且カッコイイ戦国大戦とデータだけの存在だったWonderland Wars。
より私の心を掴んだのは明白でした。

・今は…替えのない唯一無二の親友のような存在
その後、触れずに約1年。POPで深雪乃参戦、グッズキャンペーンなんて文字を見かけるも気に留めず。
某戦闘民族の格ゲーやストリートなファイトの格ゲーをやって過ごしてきました。
社会人となり、きつい仕事の中で給料をいただき、自由に使えるお金が増えた今。
すっかりこのゲームのとりことなっています。
今ではすっかり大所帯となったキャストたち。そんなキャストたちの楽しい会話を想像したり
新キャストが追加されるたびにゲームセンターに朝凸してマメールさんに促されるがままにチャリンチャリンと…
グッズキャンペーンやリリィイベが開催されると我を忘れてカードを引き続け…
ポスターに一喜一尊、CDに興奮、キーホルダーでわくわくと…
生活の中の一部となりつつあり、そして私に笑顔と想像、癒しを与えてくれる掛け替えのないゲームとなりました。
対戦するたび一喜一憂、ミリ単位での差し合いに心臓が破裂するような思いをし、時にはボロボロに負け凹み自分にイラつく。
リプレイを見ては「ここがだめだった。これはよかったけど修正してよりよく」
そんな自分の成長を知る楽しさを、今もそしてこれからも噛みしめて楽しんでいきます。

・長い話もそろそろお開き
ここまでご覧になってくださった皆様。ありがとうございます。
こんな中身もなく、ただただ自己語りでもうしわけありません。
……いや、企画としては正しい? のでしょうかね。
あちらこちらに意見や感想、文面が飛び回って見づらかったと思います。申し訳ございませんでした。
長々と話すよりはさっさと締めて終わりにしてしまいましょう。

まとめとして、Wonderland Wars。怪童丸のアナザーキャスト邪道丸が追加され、さらなる盛り上がりを見せてきています。
私としても大変楽しみで仕方ありません。
これからもWonderland Warsの進化とストーリーの追加を期待、そしてこのコンテンツへの応援も含めて
リトル・アリスのボイスチャットで締めさていただきます。

今週も、楽しく遊びまくりましょう!!

ありがとうございました。
 
更新日時:2019/04/14 04:23
(作成日時:2019/04/14 04:23)
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア