313

ゲームを上手くなる為に技術以外に必要だと思うもの

by
いき
いき
1、最適化
質問ですがみなさんは学校や職場、バイト先へ行く際に何してますか?
ネットサーフィン?
ゲーム?
読書?
音楽?
今夜の献立?
それともボーッとしてる?

みなさん各々、何かしながら通学通勤してると思います。
しかし、今一度思い出して欲しいのですが、「新しい学校、職場への初通学や初通勤」は道を間違えたり遅刻しないように気を張っていませんでしたか?
それが今では何かしながら、考えながら歩いたり車の運転(スマホ運転は勿論NG!)をやれるようになっていますよね。

これが最適化という物です。

ゲームが上手くならない人ってこれが出来ない事が多いです。
「ゲームをプレイする」という行為に精一杯になり過ぎて頭のメモリがそこに割かれ過ぎていて、他の事が頭に入って来ないんだと思ってます。
自分もこのゲーム始めたての頃は自キャラの操作や相手を見るのに精一杯でチャットやミニマップを見る余裕なんて無かったです。しかもこのゲームは自分以外にも敵味方が居るチームゲー。もう毎試合頭がパンクしそうでした。今もですけど。

なので動きをまず最適化しましょう。
兵処理は何をしたら効率的に処理出来るかを、キャストへの攻撃は何を当てれば良いかを素早く決定して、なるべく無意識に行いましょう。

呼吸をする時にいちいち『まず息を吸って、何秒後に吐こう』とか考える人もませんよね?それと同じです。

2、情報という物への価値観
WLWというゲーム、実はマスクされた(伏せられた)情報という物が結構あります。

例えば、『攻撃力が上がる』という特殊効果があったとします。
しかし特殊効果の数値というのはカスタマイズ画面上ではグラフに見かけ上では加算されません。
特殊効果文だけ読んで「おっ、強いじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、大切なのはその特殊効果でどれだけの数値として加算されるのかという事です。
これがマスクされた情報という物です。

WLWのこうしたマスクされた情報に対しての検証を得意としているプレイヤーさんが数値化したりしてるので、それらを調べるのも良いと思います。
情報にどれだけ詳しくなれるか、どれだけアンテナを張れるか、はWLWに限らずどんなゲームでも武器になります。


3、全ての行動に説明が出来る
私のホームゲーセンにはライブラリーがあるのですが、そこで知人とよくリプレイを見返してあーだこーだ談義しています。
「何でこれしたん?」
「何で前出なかったん?」
「ここ行けば良くない?」
とか他人の疑問に率直に意見交換をしています。これとっても大切だと思っていて、自分の目から見ていて100点の動きでも他人からしたら腑に落ちない点は幾らでも出てきます。

この時大切なのは『自分は良いと思ったからこの行動を取った』と結果的に悪手であった行動だとしてもちゃんと理由を説明できるか、だと思います。

「自分でもよく分かってないけど何か指摘された」、と「自分はこう思った。でも他人からはこう見え指摘された。」は意識を変えるという点では理解の早さで違いがあると考えています。

自分が納得出来てない物を変えるのって結構難しいですよ。


4、意識を変えるタイミング【マッチング帯のお話】
WLWでは意識を切り替える必要が迫られるタイミングが幾つかあります。
その1つとしてマッチング帯という物があります。


これが現在2021/02/28までに適用されているマッチング帯のリストになります。

さて、マッチング帯による意識を変える必要とは何かと言えばズバリ『マッチング帯が変われば立場も変わる』という事です。

例えば、筆者は最高CRがEX06のキャストがメインとなっておりTR16014なのでメインを出すと上記の画像ですとマッチング④に該当しますね。
つまりチーム内でのランク序列は1番、又は2番となります。チームを引っ張る立場ですね。

しかし、仮にEX07のキャストが誕生したとすると今度はマッチング⑥になります。通称『フリマ』と呼ばれる最上位のマッチングです。

ここで立場を切り替えるタイミングがやってきます。

先程まではルビー筆やダイヤ筆の中で引っ張る立場でしたが、今度のフリマは引っ張る立場ではありません。最上位はダイヤ筆以降全てのランクを相手にしなくてはいけなくなるんです。当然自分よりも強い人達ばかりです。
そんな中で、俺が引っ張ってやるぜと意気込んでも腕が足りてないので空振りするだけです。

この状況をヤンキー漫画で例えるとこうです。
「オレの名前は『ダイヤ 剛』、15歳。ダイヤ中学校で番長やらせてもらってこの辺のルビー小学校もシメてた卍最強卍のワルだぜ。今度、県内屈指のワル校であるフリマ高校に進学が決まって今から楽しみだぜ。まぁオレがすぐに2、3年の上級生みんなシメて天下取ってやるぜ。」

どうでしょう?入学初日から鼻っ柱折られるダイヤ 剛くんの姿が目に浮かびませんか?
ヤンキー漫画に例えたのは完全なる私の趣味ですが、皆さん学生時代を思い浮かべると丁度いいですね。どんだけイキっていても新しい学校では先輩に大人しくなるもんでしょう。あれと一緒です。

少し脱線しましたが何が言いたいのかといえば『マッチング帯が変わったら意識を切り替える』という事です。


おしまい
作成日時:2021/02/28 00:57
コメント( 1 )
あは大王
あは大王
2月28日 13時13分

分かりやすい解説ありがとうございます。特に最後は、あぁ、てなるくらいわかりみが深かったです。気を付けますしこれを機にホームの人たちと交流をもっと深めていこうと思います。

コメントするにはログインが必要です
シェア