226

暴かれた秘密の鍵

by
おぱんにゃにゃ
おぱんにゃにゃ

染みが、濃い。
壁…天井の染みである。
目の前で語る友人の、口の動きだけが脳に入り、音は完全にシャットアウトされていた。
この、染みが…
音を吸収しているのか。
そう思った。


桃『…い…おい、聞いているのか?』

友よ、と声をかけられようやくーー
友こと、オレっちは音を認識した。

金『ぁあ、わりぃわりい…で、
なんの話だったか…?』

なあ…?と声をかけるが、桃の字は口をへの字にしたまま返事をしない。
さっきと逆である。

桃『…実物を見た方が早かったか』

そう呟くと、炬燵の下でなにやらゴソゴソ手を動かし始めた。
やがてドン、と袋詰めの吉備だんごが置かれたが『違う、これではない』と、まだ物色を続ける。
ドラえもんかよ。

桃『…む?おおっ、これだ!』

やがて取り出した、その小さい物を、もう置くスペースのない炬燵の上に勢いよく
拳と共に振り下ろした。勢いで感謝のミカンが床に転がり落ちる。感謝も糞もない。

開かれた手のひら、その上にはーー

金『カギ…?』

鍵である。
クローバーのような握り手の、
ちっぽけなシロモノーー

金『…お前の自転車の鍵か?』

桃『自転車ではない。ましてや、このアパートの鍵でもない。と言うか…』

俺は自転車に乗れんっ!っと妙な力を
込めて主張する。乗れんと言うか、
乗り物全般が似合わない。

金『じゃあ、そのキたねえ鍵は
いってぇ何処の鍵なんだよ?』

分からぬ、と友は言う。

桃『偶然、拾ったものでな。どうも普通の鍵ではないような気がするのだ』
最大MP 中⬆️
ドロー 中⬇️

桃『ぶっちゃけ、俺に噛み合ってない』

金『捨てろよっ!』

いいや、しかし…などと言いながら
鍵をこねくり回していた。

桃『かように、しっかりとした鍵だ。
何か大事なものなのかも知れぬ。
せめて、持ち主が判別するまでは…』

捨てられぬ。
毅然とした表情で、言い放った。

金『はぁ…』

全く、オレっちの友人は頑固なヤツだ。

金『お前は、ほんっとに言い出したら
聞かねえのな。…で、何処で拾った
んだよ?』

どうせ乗りかかった泥舟なので、
沈むまで付き合ってやることにした。

桃『うむ、今朝の事だ。俺は日課の
トレーニングに出掛けていたのだが…』

………
……


あれは、ちょうど公園の側を通りかかった
時の事であったな。

女児A『んん…お城、作るよ』ペタペタ

女児B『この調子でバンバン
おっ建てますわよー!』ペタペタ

ダダダダダ…


桃『拠点を破壊したぁああ!』
\\\ドグシャァッ///


女児B『きゃぁあ!変なおじさん
ですわー!』

桃『うむ、一件落着か…む?』

俺は破壊した砂の城の残骸…
そのそばに、光る何かを発見した。

桃『先ほどの女児たちの落とし物か…
いや、スコップなどではない…』


拾い上げたそれは異なる光を放っていた。
異彩……
拾い上げた、俺。落ちていた、砂場。
その全てとは、違う世界から来たと主張
しているような……
そんな光だった。


……
………

桃『と、言うわけだ』

公園で拾った。

金『じゃあきたねえ鍵じゃねえか!!』

落ちてるモノ拾うなって、母ちゃん
言ってた。

桃『汚くなくなどない、この鍵を大切に
している誰かが居るかも知れぬ』

金『だったら、もう警察に届け…』
ピンポーン♪

桃『む、客人のようだ』

鍵に負けないくらいに汚い部屋の中を
我が友は進んで行く。その姿は鬼ヶ島に
挑む勇姿そのものであった。
やがて鬼ヶ島、もといドアにたどり着く。

桃『誰であろう…?』ガチャっ


婦警『警察だ、公園で女児に
襲いかかったとの通報が
あった。逮捕するっ!』


……

そりゃあ、そうだ。

桃の字がドアを開けた姿勢のまま、
コチラを振り向く。
オレっちは無言で首を振った。

最後に見せた、腹心3匹にいっぺんに
裏切られたような友の顔が、
いまだ、頭から離れない。

その後、吉備だんごをやるから勘弁しろ
だの、バウムクーヘンなら見逃しただの、
なんやかんやとわめいていたが、それも
聞こえなくなった。
お伽噺地区、築ウン10年の
文化アパート。その天井……
やはりこの染みが、
音を吸収しているのだな…
そう、オレっちは思った。


                           おわり






















 
作成日時:2021/03/04 00:30
カテゴリ
小ネタ
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア