214

30代からの冒険譚記録 9/24 (全国対戦編)

by
Toh-ki
Toh-ki
今日も帰り道にwlwをプレイ

金曜日はいつもよりほんの少し時間の流れがゆっくりになっている気がしてならない。
それは明日の休みが待ち遠しいからなのか、1週間の仕事の疲れが溜まっているからなのか

人によって答えは違うのかもしれないが、私の場合はwlwを楽しみにしてたからに間違いない。

wlwプレイ5日目で、全国対戦にチャレンジ。
動きが不安で不安で仕方ないが、最初はCOM戦ということで気楽にスタート。

が、本当に適当なストレートショットは全部回避しますねこのCOM!!
あまりに綺麗にクルクル回るものだから自分も見てから余裕なのかと思い

相手のストレートショットを見てから回避行動をやってみるが滅茶苦茶当たる・・・

自分のスペックの低さに嘆きながらもCOM戦は無事に終え鉄筆に昇格。​​​​
そこから2vs2を2回

キャラは
サンドリヨン 

スキル
アッシュヒール
ホワイトウィッシュ
ボールドレスアップ
エルガーナーゲル

装備 
宝来の小槌+
赤の学徒の書
悲しみを知る涙の真珠
白き小鳩の手紙
凍みる心 カイ

すっごく当たり前の事なのですが、対面の人のドローショットが生きた弾でした。勝負の最中ですが感動しました。
兵が横並びの時に横に流れる挙動が見えて、そのままいくかと思ったら急にこちら側へ向きHITを受ける。

今度はそれが嫌で少し後ろに下がって距離を取ったら兵士を一筆書き。その後ストレート牽制

凄い・・・心が読まれてる。対人戦だ。差し合い読みあいのやり取りだ。と
そして、私が引き気味になると私の相方側へ、二、三発撃ち込む。

対面でのやり取りでどうしても負けてしまい思い知らされました。
それと、やはり知識が全然足らない・・・相手を目の前にして、苦手なことやスキル範囲が全く分からないので
ほとんど見てから反応に頼るしかない。
しかし、その中でショットやらスキルやら兵士やら大騒ぎの画面・・・・・夢中でやれる限りの処理に必死になりました。

さすがに装備を整えてるだけでは簡単には敵わない、銅筆までの道のりは険しいようです。

そして最後はマッチされずに冒険譚に流れ
深度
213→220まで進行して

9/24分は終了

マッチした皆様ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
更新日時:2021/09/25 00:46
(作成日時:2021/09/25 00:36)
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 7 )
7件のコメントを全て表示する
Toh-ki
Toh-ki
9月25日 17時29分

慎太郎様コメントありがとうございます。

固有装備の存在…悩ましいです。今日は座学の日になりそうですが、カードリスト眺めてみます!ありがとうございます!

Toh-ki
Toh-ki
9月25日 17時32分

らりるれろ様コメントありがとうございます。
兵士処理と動きに集中…確かにオタオタして何も出来ないよりそこだけでも丁寧に出来る様に慣れていきたいです。ありがとうございます!

Toh-ki
Toh-ki
9月25日 18時3分

sura様コメントありがとうございます。

とりあえずはこのままで遊んでても大丈夫そうでしょうか?
小槌もクラフトできて+5で一確だったと思います…
wlwの装備やビルドは奥深いですね…考える事が多々あるのは初心者目線からは楽しいのですが、突拍子もないリストになってたらどうしよう…という不安もあるのでオススメをそのままプレイしてる状態ですが…
一先ずは試合を頑張って数こなしていきたいと思います。
アドバイスありがとうございました!

コメントするにはログインが必要です
シェア