239

ワンダーランドウォーズを振り返って

by
アールノアール
アールノアール
わんだらん。ありふれた神筆使いです。

パターン化された新キャスト実装が無いまま、リリィフェスタの開催、舞闘会の告知と、先に始まった冒険譚決戦とも相まって御伽の国の物語もいよいよ佳境といった今日この頃。
皆さん、ワンダーランドウォーズを楽しんでますでしょうか?

2015年に稼働したこのゲームも早6年。初期からプレイしている老兵としては、感慨深いものがあります。

親しみやすいモチーフのキャラクター、タッチペンを使った分かりやすい操作性。チームでレーンを押し上げる、単純ながら戦略に富んだゲーム性。これほど長く続いた事からも明らかなように、wlwは間違いなく傑作アケゲーでありましょう。

惜しむらくは……自分のこだわりと好きなキャストが、最後までマッチしなかった事でしょうか。
端から見ればまあ、些細な事なのでしょうが、楽しく遊ぶモチベの為には大事なものだったのです。それだけに新キャストには期待していました。増えに増えた魅力的なキャストたち。今後も自分がwlwを遊んでいく事は変わらないでしょうが、満たされないものはあります。

御伽の国の物語、その結末がどうなるのかは分かりませんが、finの字が現れるその日まで、遊びつくしたいと思ってますので、マッチした際は宜しくお願いします。

それでは今日も、良きワンダーライフを!
作成日時:2021/10/07 00:31
カテゴリ
雑談
コメント( 1 )
ペローナ
ペローナ
10月7日 5時22分

自分の好みのキャストを求め続けるのいいと思います❗
やっぱり思い入れ重要です❗

アールノアール
コメントするにはログインが必要です
シェア