210

あけましておめでとうございます

by
依田芳人(Yorita Yoshito)
文筆
文筆
依田芳人(Yorita Yoshito)


どうもー、依田は芳人でして―。


あけましておめでとうございます。
今年も楽しくゲームしていきますので、
マッチした際はよろしくお願いします(*'ω'*)


さて、僕のワンダー始めですが……

 

1/3にしてきました(1戦)。
正月休みは基本的に寝正月で過ごし、
昨日からようやくまた本格的に
ゲーセン通いの日々に戻りました。


以前CR15に上がった際に
「ほかのキャストも使っていきましょう」
という話をしてもらったので、
最近はミクサマリーを使ったりしてます。


使うにあたり、友達に一応相談してみましたが、

ぼく「次はミクサ触ってみようと思う」
友達「いいんじゃね?今強いよ」
ぼく「あとマリー」
友達「やめとけ。産廃。使う価値無い」
ぼく「えぇ……」


とボロクソに言われたので、逆に使ってみたくなりました。
なんかめっちゃ下方されて消えていったらしいですね。


というか見た目で好きなキャラTOP3(1位がリンちゃん)なので
ほかのキャラ使いたいってならないんですよね……


まずはミクサ
動画観ててWS+ヒートインパクトで敵を潰す動きが強そうだと思い、
とりあえずそれから出来るようになろうと思ってました。
なまじリンちゃんばかり使ってたのもあって、
ラインフレアとかが兵士処理の事ばかり考えた描き方になってますが
動画観てると全然リンちゃんより殺意高い引き方してましたね。
そういうのもあってか知らないですが、
まだまだ「強い」よりも「やりにくい」が強いです。


そしてマリー
三国志大戦風に言うと「漢鳴」らしいので、
「おっ!ワイに合っとるかもしれんわ!w」
と思いましたが
別にそんなことはありませんでした。
魔力レベルを上げるのに
「どれかを使うと全部が上がり、使ったものが下がる」ではなく
「使ったものだけ上がり、レベル3で使ったらまた1に戻る」なのが
なんとももどかしいですね。
その割に一番早くから使える近寄り難きストゥルム
回ったら寧ろSS当てるチャンスみたいにされてしまい、
かなり使うのに苦労しています。
あとWSの使い所がリンちゃんのそれとはまた異なるっぽいのも。


リンちゃんとの複合称号もあるので、
ミクサを優先して進めたいなと思うんですが、
ただでさえ普段から端レーンのタイマンで負けてるのに
中央で1対2とかの状況を抑えることが出来なくて
昨日一生味方に煽られていたので、
えんえん泣きながらマリーで遊んでました。


そんな中でも、
昨日はワンダー部のふぁみちきさん血祭ちまさんとマッチし
楽しく遊べたのが救いです(*'ω'*)
ふぁみちきさん(詳しくは本人投稿参照)は味方でしたが、
1対2ちゃんとこなしてるし、おかげで勝てたので
「出来る人はちゃんと出来るんだなぁ」と感動しました。
僕も出来るようにならなきゃですね……!


その後も血祭ちまさんとは度々マッチングし、
この日は珍しく味方になることが多かったので、
1回くらい勝ちたいぞと意気込んでいましたが、
見事に全部負けました……
何なら途中からリンちゃん持ち込んでたのに戦績ボロボロで
自分の弱さに震えました……( ;∀;)


そんなこんなで新年早々自分の下手さに苦しんでおりますが
今年も頑張っていこうと思います(*'ω'*)!

 

あとなんか貰ったんですけど、これ取得条件なんなんですかね。
多分ワンダー部絡みなんだろうなってのは何となく察しましたが……


ではまた('ω')ノ
作成日時:2022/01/06 09:38
コメント( 14 )
14件のコメントを全て表示する
TATSUYA
TATSUYA
1月7日 4時20分

ワンダー部の文筆は桃園でいう文豪と同じですね。WLWの場合は文筆になるとオマケとしてゲーム内で使える称号もプレゼントしますよって感じです。
ちなみに累計文筆5回以上で貰える称号もあったりします。

勇往邁進とかイメージしながら魔力システム使うと「漢鳴は漢鳴だけど、むむむ…」感想になりますよねw

マリーは「令和の邪道丸」とか言われたりもしたキャラで立ち回りの考え方が独特で取っ付きにくいキャラです。
一時期は甘えた立ち回りでも2抜き出来ちゃう程のキャラパ持ってた環境キャラでしたが度重なる下方で今は弱キャラよりですね。ただゲームに参加できてない弱さじゃないのでキャラが気に入ってるとかモチベに繋がる理由があるなら挑戦する価値はあると思いますよ。

マリーが勝ってる時は世紀末みたいな不愉快を押し付けてる絵面が多いですがw
例えるなら「城持ち3コス槍兵」が回復舞受けながら車輪付けて城門に張り付いてる様な不愉快

ストゥルムの強さは「置き攻め」ですね。
Lv2,3は相手の起き上がり無敵より長いので、ダウンの相手に重ねると相打ち以上確定です(ホントは確定じゃないけど)

依田芳人(Yorita Yoshito)
TATSUYA
TATSUYA
1月7日 4時26分

ミクサはロールがアタッカーなので、アタッカーとしての考え方に切替える所からスタートだと思います。
ファイターが盤面を支える為の槍兵だとしたら、アタッカーは枚数差(キル)を取るための騎兵になります。
ゲームプランはアタッカーの動きに一存されると言っても過言じゃない程の花形ロールですね。(故にヘイトも集まりやすい…)

ミクサの強さは「何でも出来ちゃう汎用性の高さ」かなと思います。
アタッカーなのにリンちゃんの動きをトレスしても成立しゃう兵士処理の高さがある、なのにアタッカーとして必要な火力も持ってる。

ホントに同じキャラかよって思うぐらい人によって立ち回り変えられるので考察しがいのある楽しいキャラだと思います。

依田芳人(Yorita Yoshito)
依田芳人(Yorita Yoshito)
文筆
文筆
依田芳人(Yorita Yoshito)
1月7日 8時44分

>TATSUYAさん
細かくありがとうございます!大戦の方も文豪になっただけで称号もらえたらいいのに……(´・ω・`)ww
「漢鳴みたいなもんです」と事前に聞いてから使ったせいで「ちょっと違くね?」感が強かったですが、仕様を覚えたらなんとか……!
マリーは結構動画観ててもドローで兵士取りつつストレートで相手転ばせて、その隙にストゥルムで兵士処理……みたいなことしてる人が多かったイメージだったんですけど、あれが起き攻めに使われてたんですね……嫌そう……
ミクサは「アタッカー版リンちゃん」という認識で使い出したのが悪かったですね、なまじ似たことが出来るせいで最初からそういう立ち回りをしていて、「だったらリンちゃんでよくね?」となってしまったので……実際対キャスト性能見たら明らかな違いがあったので、ちゃんとアタッカーとしての立ち回り方を理解した上で使っていきたいなと思います(*'ω'*)

コメントするにはログインが必要です
シェア