119

初投稿です(大嘘)

by
レオノチス(👻部員の姿)
レオノチス(👻部員の姿)
お久しぶりですね
最近はあまり入国してませんが元気です。
まあ、ワンダーは393周年までサービス続くし
僕はのんびり遊ばせていただきますよ
というただの生存報告でした。

今回は絵本っぽいお話でも置いていこうかな
題名は[黒の女王の大冒険]始まり始まり

むかしむかし、山にヴィランが住んでいました。
ベルゼブブは山へシヴァ狩りに
ジャバウォックは川へなんの意味もなく
ジャバジャバしに行きました。
すると川から水流クロノダイルに乗った
パピール様が現れました。

パピール「向こうの国が充実してて妬ましいから奪いにいくわよ!ヴィラン共!」

3体は何を言ってるんだと思いましたが
パピールの言うことには逆らえません
こうしてなんやかんやあり、途中
雪原にいたフロスティも仲間にし
戦いましたが錫の新兵と神筆使いには
全然勝てません
そうです、あっちの冒険譚アシストが強力で
敵うはずもありません

そして時は流れ・・・
錫の新兵と神筆使いとの決戦です。
この時のために闇夜の魔女というヴィランを
創りだし錫の新兵と神筆使いを倒す自信はある
パピールでしたが、ハートがいっぱいになった
錫の新兵には勝てませんでした(即落ち2コマ)

錫の新兵「最初から仲良くしようって言えば仲良くしたんですよ?貴女が攻めてこなければ」
パピール「ええ・・・(困惑)」
ベルゼブブ「武力で解決するのではなく、まずは会話をするのが一番だぞ」
ヴィラン3体「パピール様、ただのやべー奴で草」
闇夜の魔女「ボコられ損じゃないですか・・・」
黒の錫の兵隊「アイツラノホルンイタイ…」

その後、パピールは錫の新兵と仲直りをして
皆仲良く暮らしましたとさ
めでたしめでたし。

お話をするのは大切ということを教えてくれる
よき絵本でしたね
色々と雑?細かいことは良いのです。
ワンダーだからなんでもありなのです。
お値段は税込860リーフでござる

え?神筆使い様の投稿じゃない?
何を申す
という感じで今回はここまでです。

また会う日までサラバダー
Aime置き忘れないようにね
作成日時:2022/04/30 17:43
カテゴリ
雑談
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア