150

やっぱりフレマは楽しいなぁ…って。

by
イキリ陰キャ君
文筆
文筆
イキリ陰キャ君
どうも皆さんこんにちは、イキリ陰キャ君です。

5月2日、3日と2日間連続でフレマに参加してきました。

1日目はアスモデさん主催の突発フレマ。ルビーやダイヤの方と一緒にプレイさせていただきました。

2日目はしんどろさん主催の金筆限定フレマ。普段なかなかマッチしない方とも一緒にプレイすることができました。

______________________________

1日目の使用キャストはヴァイス、ロビン、マリアン。
元々1セットの予定でしたがトラブルもあり3試合となりました。

どの試合も勝利。ただルビー、ダイヤの方との差し合いにはことごとく敗れてしまい「雑に技を振りすぎてしまっている。」ということに気づくことが出来ましたし「それが許されてしまう金帯では早く強くなることは難しいのではないか。」と考えるきっかけにもなりました。

もちろんゲームは楽しくすることが大事ですが今自分が身を置いている環境がその楽しさを十分に引き出せているか、自分はどこに楽しさを見出すのか。今一度自分に問いかけてみるのもいいかもしれません。

______________________________

2日目の使用キャストは深雪乃、吉備津彦、マリアン。そして流れてしまいましたがロビン。この4キャストを使いました。

言い方はあれですがやっぱり自分には脳筋プレイがあっているようです。とにかくキャストキルをするのが楽しくやめられないです。

ロビンを使っていると楽しさがいつもよりも大きい気がします。それはスカーレットを使った時も同じでそれが勝利に繋がると感じられた時は何よりも楽しいです。

時にはキルできないこともありますがそれは悪いことではなくそれが敵への妨害になっているのなら十分仕事ができているのではないでしょうか。

もちろんアタッカーはキルしてこそですがキルに固執してチームを壊してしまっては元も子もないことは忘れたくないです。

さて、フレマの話に戻りましょう。


とは言いましたがまずは流れてしまった試合のロビンから。

最近はこのビルドで潜っています。序盤からキルを重ねていくビルドです。自分にはしっくりきたのでこれからも使っていきたいなぁ…と考えているところです。

ご存知の通り「クリスピーノの死神」は複数キル前提のソウルですからキルできないと足が遅く感じる場面もあります。ここは完全に試合の流れ次第になってしまうと思うので安定感を求めるならエリザ型やアグニ型がいいでしょう。

そしてMSにセットしているエルガーホルンですがこれはなるべく早く使いたいところです。というのも骨董器発動の必要ヒット数は8です。これが何を意味するかと言うと多段攻撃手段が少ないロビンにとっては発動難易度が他キャストよりも高いということです。

ここで輝くのがエルガーホルン。森に隠れて敵が入ってきたところに

SS→エルガーホルン→ダブルショット

この流れで一気に4ヒット稼げます。(というのも位置バレしていると敵はダブショを警戒して近づいてこない。)

他にも味方サポーターが非ダウン攻撃手段もちなら硬直が重いSSでは追いつかない場面でもLinkをとることができるため序盤からキルが狙えます。

このような観点からこのビルドをオススメしたいと思います。

ちなみにこの試合では5キル。中央↔刹那を行き来していたため悠久にいたしんどろさんシュネーには負担をかけてしまいました。(脳筋スピアが出るとはね…

______________________________

深雪乃は全国では2回しか出したことがないキャスト。しかし以前のフレマで使いやすいことを知り今回も出しました。この試合は動画を取りましたが最初にカメラミスってめんどくさくなったので全景になっています。ご了承ください。それでは、どうぞ!

結果として勝つことはできましたが不用意なプレイでデスしてしまったりまだまだ課題が目立つ試合となりました。

4キル2デス、まだまだ伸び代だらけだと思うので少しずつ進んでいこうと思います。

______________________________

吉備津彦はネタで使った1面もあり、全く動けませんでした。ただやりたかったことはできたので、これがフレマのいいところかなぁ…という言い訳をしとこうと思います(笑)

2デスという結果はアタッカー脳で見ると死にすぎなのですがファイターとしてはどういう結果なのでしょうか…?
死んだ場面が悪いのもあるので一概にこうとは言えないところもあるとは思いますがよろしければ教えていただけるとありがたいですm(_ _)m

______________________________

次にヴァイス。昇格試験で3敗してから中々使っておらず腕がなまってるというのをつくづく実感させられました。

デスはしなかったもののデスに相当するぐらいの負担を味方に与えてしまい申し訳なさが募る試合でした。兵士処理はエッジ型なこともありある程度はできましたが序盤の対キャストでの動きに問題があると思うので修正しなければなぁ…と思います。

結局どういう試合になったかと言うと所謂味方ゲーミングというやつですね…。

(途中まで勝てないと思ってたのは内緒で)

______________________________

ここまで長々と書きました。拙くつまらない文章ですがいつも読んでくださりありがとうございます。
(コラッ!そこ!1日目の内容が薄いとか言わないの!2日目があったから忘れたとかじゃないんだからね!)

これからも少しずつですが色んな面で成長して行けたらと思います。その過程で皆さんに迷惑をかけることも多々あるかとも思います。そんな時は容赦なく自分にダメな点を言ってください。

それでは、また。イキリ陰キャ君でした。
 
作成日時:2022/05/05 13:15
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア