383

シュネのキャス対を考える ~メロウ編~

by
幼王ダージリンP
幼王ダージリンP
前回のフックに引き続き、メロウのキャス対を考えてみよう
※ビルドはフック編のものを推奨


多くの人は思っているであろう
「メロウとか強過ぎてレーン戦勝てねえよ!」

それもそのはず、シュネでメロウに普通に戦って勝つなんて僕にも到底出来ない。
と言うかメロウを相手にするのに自分の兵士裏から戦ってる人を見ると「ダウナーの効果を知らないのか」と疑ってしまう。

今一度考えて欲しい。
メロウはダウナーがある以上正面から戦って勝てるわけが無い。
そこで僕は今回、横を取る方法を提案する。

「そんなのメロウのSSで咎められちゃうよ!」
と言ってる甘えた兄貴もいるであろう、先ずこれを言いたい。
メロウのSSは2発覚悟しろ。

メロウを対面するに当たって最も大事な事はメロウがされて嫌な事を2手で追い詰めることである。
シュネ上位のレーン戦に特化したプレイヤーを除き、一般レベルの我々目線で紹介する。

やり方は簡単。
まずはSS1発目を「俺はこのSSを避けて逆にお前にSS当ててやるぜ!」ぐらいの雰囲気を出して殺意を出した歩きで近付く。
メロウは近付かれる事を嫌うためここは間違いなくSSで対処してくる。
この1発目を如何にも「避ける事を前提」とした感じで被弾する。
理由としては無闇に突っ込むとメロウがSS1発目を撃った後、距離を置くからである。
続いてメロウは2発目を撃つがここでシュネがすべき事はただ一つ。
ステップキャンセル殺意DSである。
これで自分の被害はSS2発のみ、相手はDS被弾とダウンになる。

ここで最も大事な事はこの相手のダウンにある。
相手がダウンしてる間に素早くウイングで兵士を処理する。
メロウは最もインファイトが弱いため、メロウダウン中の確実で有効なウイング一つでレーンを制圧したも同然になる。
前回のフック編と違い、この戦術はどのLv.に置いても共通しているため序盤から終盤までこれで戦ってもそこそこ勝てる。


「戦術が読まれて相手がSS2発目を撃たず距離を置いた」だって?

メロウが距離を置く=相手兵士に紛れたベストポジションから移動した   と言うことになる。
であればスピアの好機、自兵士の戦線を上げるチャンスだ。


言い忘れていたがメロウのDSが強いと勘違いしてる方に言いたい。
あれは発生が極端に遅いからDSを撃っている間は安全圏に移動してシュネのDSを撃つのが好ましい。
メロウが2発目を撃ったにしても相手のDS線描き込みからシュネがいた場所に到達するまではかなりの時間がかかるためDSの撃ち合いでメロウを狙う考えを切り離すと案外避けやすい。
これは是非とも挑戦して欲しい。

ビルドについては最初に記述した通り、対フックのビルドと同じが好ましい。
今回も後半のメロウの火力を上回って性能上位で押し付けたら良い、という考えである。
前回記述していなかったがこの超火力型ビルドは自レーン、中央レーンの巨人処理を素早く行う事ができる。

以上が僕なりの対メロウ戦になります。
メロウと対面するに当たって最も間違った考えは「避けて当てる」事だと助言致します。
他に質問などあればお答え致しますのでお待ちしております。
更新日時:2017/08/30 03:16
(作成日時:2017/08/30 03:16)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア