1668

【舞踏会】アタッカー目線による舞踏会の中央キャストピックの参考走り書き

by
ナギ
ナギ
投稿テストがてらに雑ですがまとめておきます。
舞踏会が始まり、私のTLも殺伐としてきていつもの舞踏会だなぁ・・・って感じを受けますが、
今回は私は参加しないので遠くから眺めて楽しむ予定ですw

と、参加しない私の話はどうでもいいので、ここでは簡単に中央に行くことになるであろうキャストの相性による選択を手助けになればと、
簡単に組んだ方がいい理由等をにわかなりに解説します。
多分詳細なピック相性とかは誰かランカーさんがきっと解説してくれると思うので、それまでの暫定というか参考になればいいかと。

★記入例
■○○編
理想の相方:左から順に筆者なりに相性のいいと思う順番で記載、同じくらいの優先度なら同色の色をつけます。

■アシェンプテル編
理想の相方:ヴァイスピーター
・基本的に横槍で瞬時にキルを取りに行くのが難しいキャストのため、火力補強のできるヴァイスが高相性。
また、レーン戦もそれなりにこなせるため、ヴァイスと役割分担して序盤はヴァイスが遊撃、後半はアシェンプテルの遊撃が基本形となるだろう。
後述する深雪乃ヴァイスと似た戦い方ができる。

また、ピーターに関してはどのアタッカーでもいると強い。特に対面が猿ピのように機動力でかき回すピックの場合、アタッカーが追いつけないため、
相手にピーターがいる場合、ピーターミラーでアタッカー勝負した方が丸い選択と言える。

■闇吉備津編
理想の相方:メイド・マリアンピーター
・レーン戦が得意ではなく、近年ではキャストキル性能でも他のキャストに比べてやや不足感があり、強みが失われつつあると言われている闇吉備津。
この闇吉備津を活かすならやはりDSとSSの射程を伸ばすメイド・マリアンが非常に高相性。
特に闇吉備津がDS型の場合、メイド・マリアンにより射程補強してあげることで一発逆転ホームランが現実的になる。

ピーターに関してはいつも通り。どのアタッカーと組んでも強いのはこいつの強み。ピーターと組む場合は闇吉備津はSS型の方がアタッカーとの小競り合いをする形が想定されるため、向いているような気がする(筆者は闇吉備津にわかなのでその辺は知りません。闇吉備津うまおに聞いてください。)

■美侯編
理想の相方:ピーターエピーヌメイド・マリアン
・どの舞踏会でも大体活躍する最強にスタンダードなアタッカー。横槍の素早さ、癖が少なくシンプルに威力の高い攻撃により瞬時に端のキャストをキルし、
颯爽と各レーンを荒らしまわる姿はまさに暴れ猿。
そんな性能を支えるのは間違いなくピーターによる「ドリームウインド」と「ウインドゲート」による速度補助。この速度により対面のアタッカーを振り切り高速で端レーンの敵キャストを襲撃、キルして回ることでチーム全体に貢献する。

一応一撃のスキルの重さを強化するエピーヌ、猿の立ち回りを強化するメイド・マリアンとの相性も悪くはないが、圧倒的にピーター相方に軍配があがるだろう。舞踏会の中央基本コンビの一つなので、猿がピックされたら誰かはピーターをピックできるようにしておこう。

■ナイトメア・キッド編
理想の相方:巨人処理のできる中央ファイター(シャドウ・アリス、シュネーヴィッツェン)長時間放置しても耐えられる中央ファイター(アイアン・フック)
・レベル4のスキル「エンドルフィン」により後半からの爆発力に全てをかけたキャスト。そのため序盤はアタッカーとして非常に心もとない性能で、レーン戦は安定しない、対キャストダメージも高くないため序盤は対面アタッカーに押されやすいキャスト。
そのため、その弱いレーン戦を補える相方が必要になる。そこで中央ファイターの出番である。サポーターと対面することになるため、基本的には兵士処理勝負に勝てるので、ナイトメア・キッドの不安な序盤を支えてもらいやすい。
そこにナイトメア・キッドが後半でも苦手な巨人処理ができるシャドウ・アリス、シュネーヴィッツェン、または浮沈艦並みの硬さでレーンを支えてくれるアイアン・フッくは非常にありがたい存在なのだ。
また、ナイトメア・キッドは元の移動速度の速さ、WS中には敵キャストを撃破するたびにスピードが上昇するという効果を所持しているため、相手がピーターをピックしているし、こっちもピーターピックしなきゃ!というピックは避けた方がナイトメア・キッドにとって助かる選択であるということは頭に入れておこう。

■リトル・アリス編
理想の相方:ピーターエピーヌ、(中央に欲しい相方ではないがアイアン・フックがチームにいるとなおよし)
・wlw屈指の人気キャスト。だがそれ故に味方や相手の編成を気にせず即決リトル・アリスピック!→案の定負け→「これだから即決リトル・アリスピックはクソ」とTwitterで荒れる原因にもなりやすいキャスト。
だが、本人の実力が必要なのは当然だが味方の編成や相手のアタッカー次第では非常に化ける性能であるので、とりあえずリトル・アリスをピックされたからってあきらめないように。
理想の相方は完全2択。前者のピーター相方の場合、レベル先行した際のWS「大きくなるよ!」で高速でレーン間を走り回って敵キャストを1~3体ほど踏みつぶして圧倒的優位に立って試合を制圧する動きが強力無比。アリスピーターが存在するチームが先にレベル5になり、相手がまだWSを使えない状態で同時にWSを吐いた場合、対面はまず逃げることができないので一方的に蹂躙して試合を決定づけられるのだ(合わせてアイアンフックのWSがあるとなおよし)。
こうなると相手はまず試合を挽回できなくなるため、先行逃げ切り型のチーム編成と言える。

相方がエピーヌの場合、アリスのキャスト撃破性能が飛躍的に強化される。レベル4の攻撃スキル「びっくりさせちゃえ!」が実質キャスト1確レベルの火力になるため、びっくり箱の精度次第で相手を次々に粉砕して行くことができる。
また、舞踏会では森の面積が小さいため効果的ではないかもしれないが、相手側の森に陣取ってスキル「かくれんぼ」でステルス状態になりながらMPを回復し、近くを通りがかった敵キャストにびっくり箱を投げるムーブはまさしく凶悪の一言。
ただ、こちらの場合はWS中の速さがリトル・アリスのビルド依存となるため、ピーター相方の時よりWSでの荒らし性能が落ちるのが難点か。

リトル・アリスのベスト相方に関しては使い手個人の戦い方によるため、リトル・アリスをピックする人は「リトル・アリス→欲しい相方候補→リトル・アリス→ほしい相方候補」のように交互に点滅させる等をして、味方にアピールしてみてはいいのではないだろうか?

■ミクサ編
理想の相方:エピーヌピーター
・こちらもwlwの中で人気の高いアタッカー。
。оО(。´•ㅅ•。)Оо。んん・・・どうも・・・。
ただ、リトル・アリスより敵キャストを撃破まで持っていくまでの手段がやや難しいため、舞踏会には基本的に不向きと言われがち。
何より、理想の相方であるエピーヌ、ピーターともにより相性のいいアタッカーが存在するのが問題。
本当にこのキャストで舞踏会を勝ち抜くには自分の実力が必要だという事を覚えておこう。

その覚悟のうえでピックされているのならば、選ぶべき相方はスキル攻撃力を補強するエピーヌ、もしくは機動力を上げてレーン間を荒らしまわってもらうためのピーターの2択。リトル・アリスよりも基本は攻撃スキルに頼る立ち回りのため、エピーヌ相方の方が相性がいいと考えられる。
まぁなんにせよ、エピーヌのベスト相性は後述するロビン・シャーウッドとデス・フックにとられるわけだが・・・。

■デス・フック編
理想の相方:エピーヌピーター
・通称骨、10割コンボの申し子・・・?(子と言っていいのかわからないどころかどう見ても子供ではないんだけど)
獲物ハチの巣コンボや命乞いハチの巣コンボにより、一瞬で相手キャストを撃破まで持っていくことができるスキル性能はまさしく圧巻。
リトル・アリスの「びっくりさせちゃえ!」よりは使いにくいがエピーヌのバフをもらったミサイルは直撃したら実質キャスト1確の恐るべき攻撃力。
また、専用アシストにより敵キャストを撃破したら自身のスピードを補えるため、エピーヌ相方の方が非常に恩恵が大きい。

序盤の足回りが心もとないため、ピーター相方で序盤の弱さを補うという意味では悪くはないが、どう考えてもエピーヌ相方の方が強いので極力エピーヌ相方で合わせてあげよう。通称エピ骨は舞踏会の基本コンビの一つなので対策は必須。

■スカーレット編
理想の相方:メイド・マリアン中央を長時間任せられるファイター(アイアン・フック)
・基本的にレーン戦ができない代わりに敵キャストを瞬時に撃破まで持っていくことのできるアサシンタイプのキャスト。相方に欲しいのは中央を長時間支えてくれるファイターも理想的であるが、おそらくもっとも欲しい相方は現状ではメイド・マリアンになると思われる。
上述した闇吉備津同様、SSとDSともに短いキャストのため、射程を伸ばしてくれるメイド・マリアンはまさしく高相性。
レベル2から使用できる「デス・センテンス」を敵キャストに当てた後にDSを対象に当てられれば、ほぼ全てのキャストを一撃で葬り去れるので、そのチャンスを増やしやすいメイド・マリアンの射程上昇は非常に心強い。

ただ、メイド・マリアン自体がそこまで簡単なキャストではないため、メンバー全員で乗れそうにないなら素直に3Fの形に持っていく方が丸いと思われる。

■怪童丸編
理想の相方:ピーターエピーヌメイド・マリアン
・ごめんなさい、正直筆者あんまわからないです。
ただ、戦い方が美侯に近いので、基本的には美侯より遅いスピードを補うためのピーターが最高相性になると思われます。
ついであらゆるスキルを強化できるエピーヌも悪くない。何よりレベル2のスキル「地鳴りの雷槌」の攻撃力が非常に高い上に広範囲、そのうえ兵士1確になるのは大きい。

そして美侯同様に優秀なSSを持つため、その射程を補強するメイド・マリアンも悪くはない。ただ、上記二人よりは相性は落ちると思われます。

おまけですが、チャージMAXの「地鳴りの雷槌」であらゆるコアを1回で粉砕できるため、相手のピーターピックに対してはなかなかのカウンターピックとは言えるでしょう。

■ロビン・シャーウッド編
理想の相方:エピーヌ
ファイター使いの方的には非常に恨みも多いであろうエルフ。画面外から一撃の非常に重いスキル攻撃を放ってくる強力なアタッカー。
相方はエピーヌ1択です。エピーヌのバフがかかったレベル2の攻撃スキル「ジャストショット」はリトル・アリスの「びっくりさせちゃえ!」にも匹敵する火力をたたき出し、敵の接近には同じくレベル2の攻撃スキル「ダブルショット」により手痛い反撃を叩き込みます。
相手からすれば、エピーヌかこいつを速やかに撃破したいのですが、こいつの足回りの良さ、エピーヌを狙っていても遠くの森からの狙撃により護衛したり、本当に鬱陶しいの一言。味方にロビン・シャーウッドピック希望がいるなら誰かはエピーヌを合わせてあげましょう。

このコンビである通称エピロビンは舞踏会コンビの鉄板メンバーでもあるため、メタは必須。

■深雪乃編
理想の相方:ピーターヴァイスメイド・マリアン
ひたすら下方され、ついに基礎ステータスで一部から行き遅れだのとネタにされている婚活さん。特徴は二つあり、一つはスキル「氷結の吐息」をメインに相手に凍結の刻印を3度付与して凍結させ、「六華・一刀両断」によりキャスト1確をメインに戦う凍結型、そしてスキル「氷刃抜刀」によりSSを強化して戦う抜刀型の2つ。舞踏会では凍結型はあまり見ない気がするので、ここでは抜刀型をメインに解説します。
どちらとも相性がいいのはピーター。特に抜刀型の深雪乃は舞踏会向きの性能でもあり、高速移動して「氷刃抜刀」により射程と威力を増したSSを叩き込むスタイルは猿ピのメタとして今までの舞踏会では大活躍だった。
今回はSSや「氷刃抜刀」の下方によりどうなるか、それは舞踏会最終日におそらくわかってくると思われる。

その下方された攻撃力を補うといった意味ではまさしくヴァイスが高相性といえるだろう。
何より、「氷刃抜刀」は強化するまでに時間のかかるスキルのため、貯まるまではヴァイスが遊撃、貯まったらバフをもらって深雪乃が遊撃といった感じに役割分担がこなしやすいのも大きい。
そしてヴァイスのスキル「デンジャーエッジ」により、敵キャストのHPが下がった状態で深雪乃の「氷刃抜刀」で強化されたSSを被弾したら、致命傷を受けること間違いなしなのも大きいだろう。
もし深雪乃に合わせてヴァイスをピックする場合、スキルは「ハートレスシザーズ」よりも「デンジャーエッジ」にした方が相性がいいという事は頭に入れておいた方がいいと思われる。

上記の通り「氷刃抜刀」により強化したSSで戦うため、メイド・マリアンとの相性もいいのだが、いかんせんピーターによる速度上昇の恩恵の方が強いため、基本的には深雪乃ピックが見えた場合はピーターに合わせてあげよう。

通称深雪乃ピ、深雪乃ヴァは舞踏会鉄板コンビの一角にあたる。

★一応補足
一応相方として無難な選択肢を挙げていきましたが、サポーターの中でこの場に出していないキャストが2人ほどいます。
そう、シレネッタかぐやですね。
正直なところ、この2人に関しては舞踏会に向いているとは言いづらいです。主な理由としては以下の点があげられます。
1.舞踏会は近接アタッカーがピーターのサポートを受けて高速で暴れまわりやすい環境のため、
サポートや迎撃がシレネッタやかぐやでは追いつかない。
2.シレネッタもかぐやも特別に○○と相性がいい!というキャストを持たないため。

それでも!それでもどうしても私はシレネッタやかぐやを使いたい!というキャスト愛を持っている方もいると思います。
そういう方は「全国や修練でやれ」と言われると思いますが、
例え相手に猿ピ等のテンプレが来ても大丈夫!ってくらいに自分はシレネッタやかぐやを使いこなせる!編成にお勧めされてない組み合わせになるけど俺はファイターの方が無理して使うサポーターより強いぞ!っていう方に関してはその得意キャストを選んだ方がいい場合もあります。
舞踏会は無理して自分の使えないキャストを使った方がいいときもありますが、
役割のわかってるお勧めじゃない相方キャスト>>>役割のわかってないお勧め相方キャスト
なのです。使ったことほとんどないけど多分乗れる、と思ってサポーターを乗ると痛い目見るのが舞踏会な点なのは覚えておきましょう。

■まとめ
長々と相性について書きなぐったが、正直なところ、筆者は所詮TR600程度の一般人です。
間違った認識もあるとは思います。
その辺はきっとランカーの方々が新規に投稿してくれたり、コメントでアドバイスとかしてくれるでしょう!(適当)
多少なりとも皆さんの舞踏会での中央コンビのピックの参考にでもなれば幸いです。
更新日時:2017/09/05 15:02
(作成日時:2017/09/05 03:36)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア