2875

【初心者~中級者向け】ヴァイスの役割とビルドについて

by
なんご
なんご
皆さんこんにちは。なんごです。
ワンダーでのプレイヤーネームは「クレセリア」と申します。


ワンダー部にブログ機能が追加されたので、せっかくだからヴァイスについてアレコレ書いてみようと思います。

ちなみに、ヴァイスはEXに昇格するとデレます。

 


「あ、アンタからの依頼なら…無償で引き受けてやってもいいぜ…///」



はいカワイイ

ヴァイスと一緒に頑張るためにも、まずは「ヴァイス」というキャストを理解することから始めましょう。


ヴァイスについて

ヴァイスはサポーターでありながら、ファイター・アタッカーに匹敵するポテンシャルを持っているキャストです。
ビルド構成によって別のロールの役割を持てることが、全国対戦におけるヴァイスの最大の長所と言えます。
しかし、上記の長所が短所になっているところも全国対戦ではよく見かけます。それが「ロールを勘違いしているヴァイス使い」です。


ヴァイスの基本能力値は、サポーターの中ではシレネッタの次に弱いです!!!めっちゃ低いです!!!!
いくらラピッドがあるとはいえ、ヴァイスの火力は基本は弱いということをよく理解して下さい。

ラピッドが入っている状態で、ようやく素の深雪乃と同じくらいの火力になります。




<婚活中だよ!誰か来てぇ~




↑深雪乃の基本能力値   だいたいこんくらいという認識を持っておいて下さい。

ファイターになるのは、端に行かなければいけない時。

アタッカーになるのは、チーム内にアタッカーがいない時。

サポーターになるのは、それ以外の時だいたい全部。(一部例外もあるけど)


自分は上記の考えで、マッチング時のヴァイスの役割を決めています。


ファイターのヴァイス


お札発動時、ステルス状態で小兵士1確
Lv2時:ラピッド有りで小兵士1確
Lv3時:ステルス状態で小兵士1確
Lv3時:ラピッド有りのステルス状態で大兵士1確


ヴァイスは近距離キャストなので、ファイター相手に正面から戦ってたら勝てません。
なので、横や裏を取ってジリジリいじめましょう。

序盤の立ち位置は常に横を意識し、敵に兵士処理とキャスト処理の二択を迫ります。

横にいるキャストを攻撃すれば、前にいる兵士は処理できない。
前にいる兵士を攻撃すれば、攻撃の硬直を狙ってこちらが攻撃を仕掛けられる。


これを相手に強いる事ができるのが、ファイターヴァイスの一番の強みです。
HPが怪しくなったら、ひたすら裏取りで誤魔化しましょう。
アシストの鼠服でHPが徐々に回復していくので、回復した頃にまた勝負を仕掛けに行きます。
このビルドはそんなにMPが回復するわけではないので、レベル3以降はステルス状態を解除しない立ち回りを意識しましょう。

あと、これ結構やってない人が多いので書きますが、無人レーンを上げる際や味方アタッカーが横槍に来てくれたときなどは
歩いてくる兵士列にドローで突っ込んで兵士の隊列を崩しましょう。(もちろんステルス状態でね!)
兵士は転ぶと隊列を直すために約6~7秒間停止します。
より高いラインで兵士列を止めることが出来ますし、その間、味方兵士や味方アタッカーを兵士弾から守ることが出来ます。
覚えておくと役立つと思います。


立ち回りについては説明が面倒なので、以下の動画をご参考ください。



中級者向けアドバイス
試合後半になると、どうしても敵ファイターの火力に押されてしまうことがあります。
お札の火力が発動していないと勝てないので、兵士弾やインファイト戦法などをうまく使ってHPを3メモリ以下に調整しています。

後半のレーン戦は特に、デンジャーエッジの投げ方で決まると言っても過言無いです。
ステルス状態を常に維持し、キャストを狙うデンジャーエッジでHP差を縮めていきましょう。
兵士処理をデンジャーエッジに頼るのもいいですが、MPがカツカツになってしまうので油断は禁物。
奥拠点への押し込みや拠点の防衛など以外の兵士処理は、なるべくSSで頑張りましょう!


アタッカーのヴァイス


全部発動時:SSがめっちゃいい音する(セイレーンの部分はソレイユでもいいかもしれない)

ビルドに関しては完全に頭悪い構成になってるだけなので、特に言うことはありません。

アタッカー全般に言えることですが、大事なことは なるべく敵側の森の中へ積極的に入ること。
これが一番大きいです。このゲームにおいて、森の中は情報が制限されているため
敵のキャストが森の中に入っているのかということを確認することは、味方にとっても大きなアドバンテージとなります。

また、ヴァイス特有の動きとして意識していることは、専用発動中はステップをもう一つ踏むこと。
何言ってんだこいつって感じかもしれませんが、これはかなり大事です。
例えば、ステップを駆使して敵に近づいたとします。当然、敵もそれを見ているわけです。
対ヴァイスに慣れている人なんかは、ステップの位置を見てから即座に反応して反撃くることがあります。
そこで攻撃の相打ちになってしまうと、こちらが不利になる可能性があるのです。
敵の反撃を確実に回避してから攻撃へ転じましょう。ということです。

説明が面倒なので、以下の動画をご参考ください。
(味方にミクサいるけど、ビルドがアタッカーしてなかったので自分がアタッカー役になりました)
兵士処理の必要性があまりない場面での森への移動、WS発動後のステップに注目してみてください。




中級者向けアドバイス
手前拠点は全部捨てる気持ちで戦い、レーン戦よりもキャストキルを優先しましょう。
(例:端で敵が倒せそうな時は、中央を捨てて端へ横槍に行く)
また、WS発動は必ず専用の効果時間に合わせて発動させること。
レベルが上がる直前にフリックして、動けるようになった瞬間にレベルアップ、が理想ですね。


サポーターのヴァイス


お札発動時、ステルス状態で小兵士1確
Lv2時:ラピッド有りで小兵士1確
Lv4時:ラピッド有りのステルス状態で小兵士1確
Lv6時:ステルス状態で小兵士1確

【髑髏の首飾り+ソレイユ+ステルス発動時】
ステルス:MP3
ラピッド:MP5
デンジャー:MP8


サポーターヴァイスを使う上で、私が一番意識していることがあります。

手前拠点のどれかひとつを守り抜くこと。
(手前が全部折れちゃったら、敵の中央奥拠点を狙うこと)

今のヴァイスの一番の強みは、デンジャーエッジによるレーン制圧能力です。
序盤のレーン戦の状況を見ながら防衛する拠点を絞り、敵の手前を全て折ってこちらの手前1本を守りきる。
これが自分なりの勝ち筋かなーと思います。
小門へ行っている味方がめちゃくちゃ強い場合は、中央を放棄して端の支援に行くこともあります。
ぶっちゃけ書くこと多すぎてまとまらないので、以下の動画をご参考下さい。


負け試合で申し訳ないのですが、これが一番わかりやすい動画だったのでお許し下さい…。

注目いただきたいのは、
1.中央レーンの奥を狙う動きと、後ろからのデンジャーエッジ
2.残り1分あたりの左右へのデンジャーエッジ

上記の二点です。

1.中央レーンの奥を狙う動きと、後ろからのデンジャーエッジ
敵のヴァイスが端に横槍に行っていたので、味方アタッカーと連携して中央奥を狙う動きで行くことにしました。
その際、立ち位置として重要になるのは「森の中を見る」ことと「相方と一緒に敵を挟み撃ちにすること」です。
アシェンプテルは縦で非常に強いキャストなので、正面から敵を牽制してもらう役割を任せました。
敵のアリスがアシェンプテルに気を取られている間に、後ろからデンジャーエッジで挟み込んで
兵士処理とキャストキルをどちらも狙える行動をとっています。
これをされるとアリスは森のなかに逃げるしかなくなり、結果レーンが処理できない状態となります。
このように、敵の動きを制限できる選択肢を意識して動くと、試合は有利に運びやすいです。

2.残り1分あたりの左右へのデンジャーエッジ
髑髏ソレイユの一番の強みはやはりデンジャーエッジがいっぱい撃てることですが
ただ単に正面に撃ちまくっていても、撃ちすぎてるだけで兵士の上がる速度が大して変わらなかったりします。
そこで意識してほしいのが、端レーンへのデンジャーエッジです。
※育成中の大聖のレーンには絶対にやらないでください。大聖がキレます。
この動画では既に奥が折られてしまっているため、兵士量が足りなくて負けてしまいましたが
この動きをすると中央レーンを維持しつつ端のレーン上げがサポート出来ます。
意外とですね、ステルスをしていると敵はミニマップ上ではこの動きに気づきにくいです。
真ん中と右レーンの兵士をヴァイス一人が消し飛ばしてるとは普通思わないでしょう。
(今回は敵も強かったのでバレてますけど)
こういった形で、防衛をしつつもレーンの有利を作りやすいのもヴァイスの特徴です。

上記以外にも細かいテクが色々有るのですが、説明が面倒なので動画を見て吸収して下さい()

中級者向けアドバイス
ミニマップは常に確認し、戦況に応じて味方へ積極的に指示を出しましょう。
特に、味方アタッカーへ「森を取ってくれ」という指示がとても大切です。
野良のアタッカーだと、行き先が自分で判断つかない人がそこそこにいます。
そんな相方を導いてあげるのも、サポーターの仕事です。

また、対サポーターのレーン戦で気をつけて欲しいところは、レベル4以降はステルス状態を維持し続けることです。
兵士弾の被弾を抑える、マップに映らないことで敵の意識を向けさせない、MPカットによるMP温存

ステルスをかけているだけで、これだけの利点があります。

ピーター以外のサポーターとレーン戦をするときは、間合いを詰める動きを意識しましょう。
シレネッタは津波、かぐやはSS、エピーヌは断絶、マリアンはドロー
それぞれ硬直が長めの攻撃でレーン戦をしてきます。
こちらの攻撃が差し込める距離を常に相手へ意識させ、思うように動けないよう牽制することが大切です。

対ピーターはデンジャーエッジの暴力でレーン自体は勝てるので、SSに当たらない立ち位置を心がけて下さい。

終わりに

動画をふまえながら、簡単ではありますがヴァイスの立ち回りや役割について書いてみました。
ハッキリ言っておきますが、私はこのゲームがあまり上手くありません。
頭を使ってなんとか維持しているので、頭が働いてない時なんかは高確率で戦犯します。
やらかす事が多々あるので、ソレに関しては味方へ本当に申し訳なく思っています。
やりこみによる反復練習と細かなテクニックの習得によって、なんとかこのランクに運良く上がれた人間です。
逆に言えば、テクニックを習得してやりこめばEXは行けると、私は思っています。
あとはやる気です毎日ワンダーしろ!!!!ワンダーから逃げるな!!!!!!!

--------------------------------------------------

ヴァイスについてもっと教えてください!
動画見てアドバイスください!

などありましたら、Twitter(@AscheScar)の方までお気軽にお声掛け下さい。

全てのヴァイス使いが頑張れますように。
 
2017.09.21 なんご(PN:クレセリア)
更新日時:2017/09/22 00:05
(作成日時:2017/09/22 00:05)
コメント( 1 )
びあんの
びあんの
9月22日 16時7分

ニコ生の講座リスナーでもありますけど、ほんと伝える力高くて尊敬します。
闇ヴァ

コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア