206

リン「美候さんは超美候にはなりませんの?」

by
LB
LB
美候「・・・いや、そっちの悟空じゃねえから」

リン「ちょっとなってみてくれません?ハイ、3」

美候「だから無理だって言ってるだろ!」

リン「2・・・」

美候「俺様サイヤでもジーンでもねえから!」

リン「1・・・」

美候「いや、だから・・・」

リン「0!」

美候「リンリンのことかぁーーーっ!!!」変幻の栞衣装A

リン「・・・」

美候「・・・」

ワンダーラーン

リン「何か技も欲しいですわね。手から波ぁー!って出せません?」

美候「気功波も出せねえし空も飛べねえよ!」

リン「もういっちょやってみてください。1・・・」

美候「また無茶振り・・・ってなんで1から!」

リン「0!」

美候「4べぇ界王拳だっ!!!」怒髪天

リン「・・・・何故四倍?」

美候「いや、レベル4からだし・・・」

ワンダーラーン

リン「ではこれで〆にしましょうか。この世~はデッカイ宝島」

美候「・・・!成る程、いいだろう」

リン「そうさ、今こそ・・・サンハイ」

リン「わんだーらーん」美候「アドベン・・・え?」

リン「・・・え?」



おしり
更新日時:2017/09/25 18:55
(作成日時:2017/09/25 18:55)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア