410

アタッカーの兵士処理能力についての考察 その3

by
solitude
solitude
残りの3人をさくっと書いていきましょう。


怪童丸 3

LV1
SSはまあ長く、兵士列の後ろから兵士に当てる分には十分
DSは弾サイズが非常に大きいため兵士のみならずキャストにも当てやすかったり。

LV3
雷槌、斧落としが解禁。
雷槌は最大チャージ時なら半分を持って行くためミリ兵士なら狩れる。
スキル攻撃力が上がっていれば兵士玉一発もらった兵士も一撃になる。
嘘つき兵士を確一にできるかは未検証。

LV5
足柄流突き出しが解禁。
兵士一確のためいざという時に役立つ。
少なくともスカのWSウルフシザーズよりはずっと。
SSの射程を上げていれば兵士にも触りやすくなる。


ロビン・シャーウッド ダブショ入りは4 抜きは2

LV1
SSの射程は良いが射程が長いキャストの宿命として回転率が悪い。
DSは範囲が狭いものの投擲型であり、特化すればLV1一確も出来る。
どちらかと言うと自分で兵士処理をすると言うより敵キャストをDSで撃ち抜きつつ相方に処理してもらう形になるだろうか。

LV3
ダブショ、JS、ブラインドトラップが解禁。
斜めや横ダブショで処理していける。
一応JSも兵士一確だがこれはキャストや巨人に向けて撃つものであり、兵士に撃つものではない。
ブラインドトラップは狙って当てるものではないが拠点際の攻防やスマブラで光る。

LV5
WS時限定でSSでの処理が可能に。
ガンガン押し上げて行こう。


深雪乃 3

LV1
SSは発生射程硬直共に高水準。
だが弾が細いため3体以下でいい加減に引くと兵士と兵士の間をすり抜けることがあったり。
DSも射程が長く割と優秀。
抜刀採用時は終盤までお世話になる。

LV3
抜刀を採用しているか、展開しているかどうかで処理速度が変わる。
涅槃雪を置いてDSで転ばせたりして処理するのがメインか。

LV5
一刀両断、WSが解禁。
一刀両断はMPが重いもののシュネのゲージ未MAXのPWSに似ており、兵士一掃に事欠かない。
WS発動時は横SSで薙ぎ払え、抜刀時はさらに効率が上がる。
更新日時:2017/10/19 22:28
(作成日時:2017/10/19 22:28)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア