365

ひーといんぱるすの取扱説明書 その1

by
KOIDE3
KOIDE3
おはようございます、こんにちわ、こんばんわ。
リンちゃん使い(しか使えない)件ひーといんぱるす使いの小出さん(wlw内ではKOIDE3)といいます。
今回はwlw始めた頃から今までずっと使い続けてきて最近すこしずつ使用者が増えてきてる(?)ひーといんぱるすのあれこれを書いていこうと思います。

消費MP25(最初35、2.0時に30、今では25に)

良い所
・広範囲
・全方位同時攻撃
・壁、森、拠点、城を全部すりぬける。
・共鳴兵士でも確殺(素のらいんふれあだと共鳴大兵士がわずかに焼け残る)
・キャストにもそれなりのダメージ。
・4発当てれば巨人も瀕死。
・味方との連携が取りやすい。

悪い(弱い)所
・発生が遅い(範囲発生から2秒弱?)
・硬直が長い(らいんふれあ以上)
・効果発生直前に攻撃(ダウンするかひるむ攻撃全部?)を受けるとMP消費だけして何も起きない。

こんな所ですかね。
レーン戦での選択肢、裏取り時の兵士処理、巨人処理など役立つ場面は多いです。
ですが発生が遅いため潰されやすいスキルでもあるので色んな注意が必要です。

注意点
・敵に撃つタイミングを読まれない(読まれるといとも簡単に潰されます)
・敵中央Aと味方兵士の位置確認(硬直が長いので兵士の壁がないと獲物やびっくりなどを差し込まれます)
・敵兵士との距離(近すぎると兵士弾いっぱいもらいます)
・対面の兵士処理ドローに巻き込まれない位置取り。
・苦し紛れに、安易に撃たない(潰されます)

こんな感じです。
基本は
味方兵士(ドロー撃たれそうなら大兵士)を盾にして撃つ。
敵兵士が近くて視界内に敵キャストがいないなら

1度兵士弾を撃たせる→ステップで回避→直後にいんぱるす

これで次弾が来る前に兵士を処理できます。(強化陣、強化唱がかかった兵士はなぜか次弾を撃ってくる事がありますので注意)

対キャストでの使い方としては
起き上がり時の置き攻め。
対面のドロー軌跡を読んでの奇襲。
森の中にいる敵に対して森の壁際に寄っての奇襲。
森の外にいる敵への森の中からの奇襲。
巨人の中に隠れて正々堂々撃ち込む。
SS刺すと見せかけていんぱるす撃つ。

などなど。
ほぼ奇襲で撃ちます。
起き上がり時置き攻めのタイミングとしては
「相手が起き上がって動き始めたくらい」
で撃つと無敵解除した頃にいんぱるすが発動します。
ただ

いんぱるすから逃げられない位置=迎撃可能な位置

となるので相手が反撃してこなさそうな時(逃げたそうな時)を見極めて使いましょう。
しかし味方Aが横槍に来てくれてる場合は別です。

いんぱるすを迎撃する→無敵解除&硬直を晒す→味方Aが攻撃しやすい

もしくは

味方Aを迎撃→いんぱるすが迎撃できない

となる可能性が高いので積極的に起き攻めしていきましょう。
これが先ほど上に書いた「味方との連携が取りやすい」部分ですね。
らいんふれあだとタイミングが難しいですしろうそくでは威力が足りない。
いんぱるすならではと言える部分です。

文章では分かりづらい部分もあると思いますので自分の動画を置いておきます。
よかったら見てやってください。

置き攻め(4;30頃)
https://youtu.be/cAaNLK3a4dc
森の中へ奇襲(7:55頃)
https://youtu.be/vCQZbTm1ogo
巨人処理、森の中から奇襲など(4:20頃、7:40頃)
https://youtu.be/B-CmClKsGyo

あくまで自分が使う時の注意点や使用法の一例です。
もっといい、面白い使い方があれば教えてくださいお願いします!

では今回はこの辺で。
長文申し訳ありませんでした。

 
更新日時:2017/12/02 09:52
(作成日時:2017/11/17 03:09)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア