417

初手《硬質化》

by
でりーとちゃん
でりーとちゃん
マ○オカート占星遊戯祭がスタートしましたね。
運命の水晶から出現するさまざまな効果を駆使して戦う、一風変わったワンダーランドウォーズが楽しめるものとなっています。たぶん。

その運命の水晶から出現する効果のひとつである《硬質化》、とりわけ初手(最序盤)で出現した場合について、考えたことを書いてみようかと思います。
というのも、初手ではHP回復などに並ぶハズレ枠として取り上げられがちのようなので、そこをどうにかできないものかと考えてみたくなったのです。世の中のうまおとは違いますが、読んでいただけると幸いです。



☆硬質化について

そもそも硬質化とは、敵の攻撃によってよろけ・ダウンにならなくなるという状態です(ただし一部ダウンする攻撃あり)。ダメージを受けなくなるわけではなく、またスタンなどを含む各種状態異常も受け付けます。
さらに硬質化しているキャストはドローショットが貫通しなくなります。

プレイアブルの中ではファイターである温羅が自らのスキルによって一定時間硬質化できるほか、スキルによる攻撃中に硬質化するキャストが数名います。



☆硬質化の強み

相手の妨害をある程度無視しつつ、自らのやりたいことを押し通すことができる、というところではないかと思います。
この“やりたいこと”が温羅にとっては〈インファイトで相手を妨害しつつ兵士処理する〉であるというだけで、硬質化したからといって皆が皆インファイトするべきだということではないのではないでしょうか。

では、最序盤にやりたいことは何か。多くのキャストにとっては、兵士処理・レーン戦でしょう。

レーン戦において、対面をドローショットでダウンさせて自分は安全に兵士処理する、という戦略をとったことがすくなくとも1回くらいはあるのでは。これが硬質化によって機能しなくなります。そもそもダウンしませんからね。
ダメージは受けますが、ダウンすることによる時間のロスを防ぐことができます。無茶しすぎなければ自分のペースで兵士を処理することができ、レベリングに貢献できると考えられます。



☆アタッカーの動き

硬質化を利用して敵陣側へ切り込む戦略は、最序盤に限っては成立しないと考えるべきかと。素直に兵士処理を。
森がないこともあってレーン間がせまく、切り込んだところで2~3人のLink攻撃による大ダメージで蒸発というケースが(特に初日は)多いようです。

そうでなくとも序盤は兵士の弾のダメージが相対的に痛いですからね。



☆他の出目との比較

序盤に限るなら、まあ、弱い方ですよね。

早期から兵士処理がスムーズになる攻撃力アップがアタリでしょうか。次点がスピード?
回復系は論外。防御力アップはそこそこ固くなりますが最序盤に欲しいものではないような。
順位としては中間くらいですが、攻撃力アップに比べると厳しい。

とはいえ「初手で硬質化引いた、はいクソ~」って言うよりは何か足しにしたい、というのがこの記事です。大人しく従って、運命に



というわけで、使い方を考えたいな、という思いつきから書いた記事でした。中盤?終盤?他の出目?知らんな。
推敲とか全くしてないので読みにくさがあるかもしれませんが、ご容赦ください。
更新日時:2018/01/10 18:26
(作成日時:2018/01/10 18:21)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア