411

スカーレット上達のために……

by
キリト
キリト
こんにちは、キリトです。

今回は僕もメインで使っているスカーレットについて話そうかなと思います(といってもCR25になったばかりですが…)

皆さんはスカーレットを使おうと思ったキッカケってなんですか?
可愛い❗カッコいい❗声優さん好き❗etc.
色々あると思います。(僕はカッコいいからが一番ですかね。え?聞いてない?すみません……)
でもいざ使ってみると、「死んだ」とか「倒せなかった」などあまり何も出来ずに落ち込んだりしたことがあると思います。

スカーレットと言うキャストはキャストを殺すことに特化したキャストです。
敵キャストをいかに多く倒すかでチームに貢献出来ます。(それがカッコいいところですよね❗)
ですがそれに特化した分、弱点も多いように思います。
まず、何をするにしても敵に近付く必要があると言うことです。(SRスキル、デスセンテンスを除いて)
そして、HPが少ないということです。敵を倒そうとしても逆に倒されたなんてこともよくあります…

スカーレットを使いたい❗と思っている人や使ってて上手くいかないなと思っている人に一番気にして欲しいことは「何がなんでも死なない」と言うことです。
スカーレットは良くも悪くもいると嫌われるキャストです。
自分が死ぬということは敵に安心感を与えるだけでなく、味方により負担が掛かるということを覚えていてください。
そして自分が活躍したら、(特に)中央の相方に感謝の気持ちを忘れないようにしてくださいね
話を戻しますが、スカーレットで死ぬと言うことは思っているよりも試合を左右してしまいます。
敵は常に殺されるという恐怖から一定時間解放されるからです。

一概には言えませんがスカーレットが上手い人は奇襲力が高いと思います。(もちろん正面戦闘力も高いですけど…)
どれだけ気付かれることなく敵を倒せるか、これを意識してみてください。
よく森の中で敵キャストとにらめっこしているのを見ますがそれをしていいのは自分との相性によります。
舞踏会の主役を目指しているストレート凄い長い人やクリスマスぼっちな闇の人や炎を纏う少女、急に飛んでくる猿や婚活してる人などスカーレットは苦手とするキャストが多いです。
このキャスト達とにらめっこしてもほぼ何も出来ずに死ぬか帰城させられます。

ここで大切なことですが
スカーレットのドローショットは他のキャストと違い森を自由に出入り出来るカッコいいやつですよね。自分が苦手なキャストと出会った時や死にそうな時は「逃げる」と言うことをしましょう。逃げることも生き残るための立派な手段です


こうやって長々と書いてる自分もよく死にますし、HPないのに倒しに行って返り討ちにあったりなどよくあります…。
スカーレットを使って何も活躍出来ないとよく邪魔者扱いされますよね。キャスト撃破数一位は取って当然と考えられていますからそれ以上のことを求められます。
でもキャスト撃破数一位が取れなくても撤退数0を取れたならまだマシだと思います。
どちらも取れなかった、称号0……などの時は試合を振り返って直していきましょう❗

スカーレットを使っていると今回はめっちゃ活躍出来た、とか今回は全然だ…なんてことはよくあります。全然だったときは落ち込むと思います。でも落ち込んだままではなくまた活躍してやる、常に活躍出来るようになる❗という気持ちをずっと持っていてください。その気持ちがあれば必ず力はついてくるはずです。

今回はおおざっぱに色々書きましたが、これが皆様の参考になれば嬉しく思います。(スキルや戦いかたなどはまたの機会に…)

自分もまだまだですが、これからもマッチした味方様全員にこいつイケメンや…。敵の皆様にはこいつやるなぁ…。と思われるようなスカーレット目指してお互いに頑張りましょうね❗


最後まで読んで下さりありがとうございました❗
更新日時:2018/01/14 20:34
(作成日時:2018/01/14 14:06)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア