772

アリスくんのリトルフラワーを考える(端レーン)

by
ちの
ちの
アリスの端レーンのスキル構成について。

こんばんは。最上位マッチングで外れアタッカーの「ちの」です。
ここ数日で10000ページほど燃え、29の真ん中から28の下らへんに落ちました笑
自分の立ち回り等を考え直すためにも、自分の考えの整理も兼ねて投稿させていただきます。

題名通り、リトルフラワーは採用率は低いものの十分強いのではないかなぁという話です。

A2のゲームでよく端に行くことになるアリスくんで端レーンをしっかりこなすことはアリス使いとしてかなり重要かと思います。
基本的に私は他にアリス以外のアタッカーがいれば端に行くようにしています。
ですが端に行くときも、CR23-26くらいの方でボムバルーン、かくれんぼ、びっくりで固定している方があまりにも多くびっくりしています...

私は端ではリトルフラワー採用で、上位では珍しい少数派になるかと思いますがリトルフラワーの強さを改めて考えようかと思います。

まずリトルフラワーについて
・レベル3の自己強化バフスキルで、発動後45秒ヒット数を稼ぐごとに爆風範囲が広がり、30ヒットを達成すると以後22秒間爆風にボイズンが付与されます。

ビルドとその方向性に関してですが、私の場合は
<スキル>
1、リトルフラワー、かくれんぼ、びっくりさせちゃえ!/各種マスタースキル

2、ボムバルーン、かくれんぼ、びっくりさせちゃえ!/ラージェホルン

<アシスト>WR専用、輝かしき金の指輪、R専用、陽気なソレイユ(ヘイヤ)


にしています。

アシストやマスタースキルはともかく、リトルフラワーを使う以上抜くのはボムバルーンかかくれんぼになります。(びっくりを抜くのは圧がなくなりますし、シャリスを使った方がいいです)
対面によって1、2を使い分けますが、レベル2で兵士処理のできるスキルを持っているアタッカーには2のスキル構成、持っていないキャストには1のスキル構成にします。
レベル2で兵士処理のできるスキルというのはミクサのフレイムショットやデスフックの蜂の巣などです。
「兵士を止めること」は得意なアリスですが、兵士を倒すのはボムバルーン抜きではかなり遅いため、相手の序盤の兵士処理速度に合わせてレベル2を耐えきるか、レベル2の安定を図るか考える必要があります。

中央にもちょっかいをかけやすいボムバルーンをわざわざ抜いてリトルフラワーを入れるということは、レーン戦により重きを置くということでもあり、基本的に1:1の場合は手前を守りつつ先に相手の手前拠点を折ることが必要になります。

1のスキル構成(リトルフラワー採用型)の強みと弱みについてです。
<強い点>
・R専用発動時の湯気リトルフラワーの爆風が凶悪(後述しますが、そんな距離で当たるの?って言われます。僕もそう思います。)
・レーン戦能力もあり、継戦能力も高いので1:2をこなすことがやりやすい(試合を端で背負うことができる)

<弱い点>
・ボムバルーンを抜くため、兵士処理の遅いアリスのドローとSSで序盤を凌がなければならず、さらにレベル3にリトルフラワーを即発動するMPを残す必要がありキツい。
・レベル4までに自レーンに敵巨人が湧いた場合、リトルフラワーが発動していないと1人で処理することが辛い

<長所について>
・専用発動時の爆風範囲が凶悪

こちらがリトルフラワー湯気+専用発動時の爆風です。


ちなみに、SS自体は壁近くで爆発しているので、壁がなければこの倍くらいの範囲にポイズンをまきちらすことができます。
相手の横槍が来ても帰らせることが非常に簡単です。
指輪も発動していますが、爆風だけで1目盛強削れます。


こちらは専用未発動時の湯気リトルフラワーの爆風範囲です。

R専用発動時には及びませんが、自分が前に出れば十分にポイズンを相手キャストに当てに行くことができます。
ロビンのダブルショットやアリスミラーでびっくりを食らわなければ相打ちしても十分な戦果になります。

・レーン戦能力もあり、継戦能力も高いので1:2をこなすことがやりやすい
レベル3のリトルフラワー湯気発動まで耐えることができれば兵士処理もアタッカーの中でもかなり速く、相手にポイズンを当てつつ自分はかくれんぼという一方的なレーン戦ができます。
また、レベル4以降はびっくりも解禁されるのでファイターのように「敵の中央アタッカーを釣る」という行為も非常にやりやすくなりますし、キルを取りに行くこともできます。
こういったことから、序盤を崩されなければ端アタッカーではかなり試合に貢献することがしやすいかと思います。


<短所について>
・レベル3開始時にMP30を残しておかなければならず、湯気を吹くまで耐えなければならない。
ボムバルーン抜きだと、そもそも兵士処理の遅いアリスで序盤を耐え続けなければならず、割ときついです。チェインボーナス等意識して一刻も早くレベル3を目指さなければなりません。(その点、味方のFがジーンの場合などは一考しなければいけないかもしれません)
また、レベル3開始時にMP30が必要なのである程度のMP管理が必要になります。また、リトルフラワーは湯気を吹かないとキャストへのプレッシャーが半減するので、そこまでは相手の牽制や兵士処理よりもヒット数稼ぎを考えて耐えなければなりません。

・レベル4までに自レーンに巨人が湧いた場合、タイミングによって処理が辛い
自レーンに巨人が湧いても湯気中でないとポイズンを付与できないのでキツくなります。
レベル5即WSで間に合いそうならそちらを、無理そうならSSで半分くらい削るなりして手前を献上します...

このように、序盤の辛さはあるもののリトルフラワーを入れることでより攻撃的になるのではないかと思います。
アリスくんは現行のアタッカーの中でも機動力と無人レーンを上げる能力は最底辺に低く、その代わりとしてびっくりやWSなど一撃性のあるスキル、アタッカーの中でも素で高いSS攻撃力(キャストにはなかなか当たらないが)、ポイズンという費用対効果に優れた状態異常などが許されているのではないかと思います。
ある意味固定砲台的なアリスくんのレーン上げ能力を上げることで1:2になる状況を作り、耐えつつもかくれんぼという最強の回復スキルで粘ることがこのキャストが端でできる仕事なのではないかな...と思っています。

もちろんこのスキル構成にし始めた背景には、アシェとの対面で9体兵士の裏からレインを撃たれて兵士を一掃されてからジャストウィッシュでフンフンされると勝てない、とかロビン対面でチクチクDSを刺されながらやっと帰城させたと思っていたらレーンが上がりきる前にロビンが帰ってきてダブルショットで兵士一掃されておじゃん...みたいなことがよくあったからです。

結局キルを取られないことも大事ですが、拠点を折り合うゲームなので、端では特に兵士処理に重きを置きつつキャストにも同時にプレッシャーをかけられるリトルフラワーを採用するのは十分ありなのでは?と思います。

では、今日はこの辺にさせていただきます^ - ^     マッチングした際には弱いのが来た!と思いつつもよろしくお願いします(>_<)


余談ですが、アリスくんのアナザーボイス、どんどん幼いというかよくわからん方向に行ってませんかね???
いないいないばぁ!ってねぇ.....


 
更新日時:2018/02/23 19:33
(作成日時:2018/02/23 19:25)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア