698

初心者ジュゼ使いのメモ的な考察

by
暁海
暁海
はじめまして、暁海という名前でwlwを楽しませていただいてます。

まず大前提として、この記事はつい1〜2ヶ月前にwlwを始めてジュゼをメインにひたすらプレイし続けた初心者がようやくCR20になったのでここまででわかったことを纏めて、誰かの役に立てばいいなという程度のものです。
CRは20ですがTR27の銅筆なので、もう何年もやってる方からすれば「いやお前それ違うだろ」と思うことがあっても「こいつはそう思ってんだな」くらいで流してくれるとありがたいです。
どうしてもそれが許せない、TR低いくせに偉そうに、と思う方はブラウザバックを推奨いたします。
あと編集能力が無いのでかなり読みにくいかと思いますがご了承ください。


ではまず本体性能から

SSが薙ぎ払い込の中射程で元のステータスはA

DSが球状のダウン属性で射程も描画距離もそこそこ。元のステータスはB
出した直後のスピードはそんなに速くはないけど、急カーブさせるとそこそこ加速します。

スピードは元からAで回避も出が早く隙も小さめなので足回りは結構優秀。

固有アビリティとしてハートゲージがあり、敵を撃破するごとに溜まっていき、MAXになるとハートが3つ付与されます。これを使うと一部スキルが強化(または変化)される形になってます。

という感じです。
これ以上特に触れることはないかと…


では次はスキルですね

WS 666デッドエンド
効果はハートゲージをMAXにする。キルアップ。そしてキルする毎に更にキルアップの3点です。
ハートゲージをMAXにする効果はハートの付与ではないので、ハートが1つでも残っている(ゲージがMAXの状態)と意味がないので注意です。
キルアップですが、1人目のキルはそれほど増えませんが、2人目3人目とキルしていくと、キルダメがどんどん増えていくようになっています。
効果時間は約2分と長いので、使ったら溜まったハートを使って確実にキルを狙っていきたいですね。
ちなみにフック船長のWS効果中だと2キルで小拠点一個分くらい飛びます。


デビルズキッス
レベル2始動の消費MP25
ヒットした対象に支配を付与するスキルです。
ハートゲージを溜めるためにこれかアクセルは必ず入れるべきです。
こちらは支配されたキャストが敵(つまり自軍キャストや兵士)を倒すとハートゲージが溜まっていき、支配されたキャストがキルされてもゲージが貯まるというスキルです。
中央レーンでこれを使うなら対面の2人は勿論、端のどちらかにもかけられるとハートの回転率が大幅に上がります。
また、支配の効果時間中であれば味方とのリンクが容易に狙えるようになります。
支配は自分のデスでは解除されませんが、時間経過かリフレッシュで解除されるので対面にシレネがいる時は注意です。
また、複数の支配は重複せず上書きとなるので味方にもジュゼがいる場合も注意です。


ハートビートアクセル
レベル3始動の消費MP30
こちらもゲージを溜める用のスキルで、こちらは与ダメージをそのままゲージに反映するスキルになります。
副次効果として僅かにスピードも上がります。
ダメージ分でゲージが溜まるのでSSで火力が取れるジュゼは敵キャストにSSを当てたり、適当に兵士処理をしているだけでも中々の速度でゲージを回収することができるようになります。
基本的にはこれかキッスのどちらかまたは両方でゲージを回収し、他のスキルでハートを消費してキルを狙っていく形になると思います。


スパイダー×スライサー
レベル3始動の消費MP20
ハート使用時は大幅に消費MPが軽減されます。
まず、ハート未使用では兵士すら倒せない極小ダメージの貫通攻撃ですが、代わりに壁や拠点にぶつかるとその地点へ高速で移動します。但し、まだ門が開いてない拠点にはぶつかっても移動できません。
移動の挙動はエアウォークに似てて、移動直後は一瞬無敵が付きます。

次にハート使用時は非貫通攻撃に変化し、伸ばした糸にキャスがぶつかった場合は乱舞攻撃を行い大ダメージを与えます。
乱舞されるキャストと自分は乱舞完了まではお互いに無敵となりますが、乱舞発生前に敵のSSなどが当たると乱舞は発生しませんので相打ち上等で投げるものではありません。
それと、糸を投げた時点で乱舞の成立に関係なくハートを1つ消費してしまうので注意です。
また、ハート使用時には壁に投げても移動できません。
乱舞攻撃は大ダメージなのでアリスのびっくりさせちゃえ!やロビンのジャストショットのように当たればクリティカルヒットでキルとは行きませんが、多少削れてるキャストなら普通にキルまで持っていけます。
一応エピバフ貰ってればクリティカルにはなるけど例外です。


ドール・ザ・リッパー
レベル4始動の消費MP45
基本的な共通効果としてはSSを貫通薙ぎ払い攻撃に変化させるということと、ヒット時に敵を大きく吹き飛ばすようになること、そして射程が短くなるということ。
ハートを使用すると追加で回避硬直の減少、つまりステキャンができる…というのは有名だと思います。

ではまずハート未使用時から。
これはただSSを貫通薙ぎ払いにして射程を短くするだけのものになります。
貫通になる上に薙ぎ払いで攻撃判定が大きくなるので兵士処理が苦手なジュゼが一時的に兵士処理を高速で行えるようになります。
攻撃範囲はジュゼの斜め後ろくらいまで拡がるので重なった位置にいる兵士なら巻き込んで攻撃できます。
しかしデメリットの射程短縮がかなりキツく、射程延長のバフやアシスト無しで使うとホントに目の前で止まります。
キャスト相手に使うとか無理でしょってレベルで短くなる上に効果時間もハート無しではかなり短いので、使えないことはないけど使いにくいスキルと認識していいと思います。

次にハート使用時です。
上でも述べたように基本的な効果は変わりませんが射程短縮は緩和されるので対キャストでも使って行けます。
貫通なので兵士列を挟んでも狙っていけるのが強みですね。
これを当てるだけでスマッシュヒットにはなります。
巨人処理もこれを使うとかなり迅速に処理できますよ。
回避硬直減少を用いたステキャンですが…ここでは説明しきれないのでまた機会があれば…。


バッドベリージャム
レベル3始動の消費MP30
これもスライサーと同じく、ハートの使用不使用に応じて大きく効果の変化するスキルです。

まずハート不使用の場合は、自分の周囲に非ダウン属性の攻撃を行い、ヒットしたキャストにはスロウを与えます。
スロウと言ってもそんなに強力なものではありませんが行動阻害くらいには役に立ってると思います。
森の外からでも内部へ判定が入るので索敵にも使いやすいです。
また、これが当たった時に敵キャストがノックバックでジャムの範囲の外周より外に出なければその場からSSでの追撃がほぼ確定で入ります。

次にハート使用時です。
こちらは敵キャストに呪いと言う状態異常と継続ダメージを与えるフィールドを一定時間展開するスキルへと変化します。
呪い状態のキャストがダメージを受ける(自分の攻撃でも味方キャストでも兵士でも何でもいいです)とそのダメージ分自分のHPが回復します。
なので、これを展開した状態で相打ちまで持って行ければHP差で押し勝てることもしばしば。
ただしこのフィールドの範囲は殆どのキャストのSSの射程より短いので、ハート使用時のリッパーのステキャンや、マスタースキルのスターブリンクを用いて敵をジャムの範囲に捉える必要があります。
また、これもリンクの起点として使えるので味方と協力すれば、自分は回復しながら敵キャストをゴリゴリ削るということも可能です。
更にフィールド内には継続的にダメージが発生するので敵の帰城の阻止やスカーレットやヴァイスのステルスを剥がしたりハートなしと同様森の外から内部の索敵と、かなり使用用途は広いです。


さて、これで一通りのスキルの説明はおしまいです。
と言ってもこの辺は大体wikiに載っているかなと思いますが。
これ以上はかなり長くなってしまうので控えておこうかと思います。
また近いうちにステキャンやアシストについても書かせていただきます。

では、長文失礼しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。
更新日時:2018/04/16 08:44
(作成日時:2018/04/16 02:06)
カテゴリ
ジュゼ
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア