975

これで失敗しない! 端から中央へ百年の眠りを撒く簡単な方法

by
ASSS
ASSS


エピーヌを使っている皆さん!
端レーンに行った時、中央レーンへ百年の眠りを撒きに行こうとして、
失敗したり、MPを使い切って手前拠点を守れなかった……という経験、有りますよね?

アタッカ―使いの皆さんも、端へ行ったエピーヌが一向に百年の眠りを中央へ撒いてくれない事を、幾度と無く経験していると思います。


そこで、エピーヌ使いの皆さんに、端レーンに行ってもスムーズに「3人まとめて」百年の眠りを掛ける方法を伝授します。



手順1
 戦闘が始まる前に「援護する」→「わかった」チャットを打っておく

 →まずここからです。
  「私は中央へ百年を撒きに行くつもりが有りますよ」アピールをしておくのが大事です。
  ここで「中央へ行く」チャットを打つと味方が混乱する恐れが有るので、それは止めておきましょう。

手順2
 丁寧に兵士処理、経験値を取る

 →最初の1列は兵士玉+DS2回でほぼ倒せます。
  対面の動き次第では兵士処理が上手くいかない事も有りますが、その場合は体力を減らさない事を第一に考えましょう。

手順3
 経験値の溜まり方をウォッチし、中央寄りに移動する

 →これも大事です。
  経験値を拾いながら画面左上を見て、経験値クリスタルが8~8.5個分くらい溜まった段階で、中央寄りの位置に立てているのが理想です。
  これが早過ぎると自レーンの経験値が拾えなくてLV2になるのが遅くなりますし、逆にLV2になってから動くようでは遅いです。

手順4
 「援護する」チャットをもう一度打ち、レベル2が近い事を知らせる

 →良い感じの位置に立てたら「援護する」チャットを打ちましょう。
  中央の味方は敵2人を同時に相手しているので、他の事に気を割く余裕は有りません。
  そこでエピーヌの方から「もうすぐLV2だぞ! 百年撒くぞ!」と知らせてやれば、矢印を引かなくてもこちらに寄って来てくれます。

手順5
  LV2になったら、安全な位置を見定めて百年の眠りを置く

 →味方がこちらに寄って来た事を確認出来たら、安全な位置に百年を置きます。
  この安全な位置というのが大事で、敵は百年を見ると各種スキルで攻撃してくる事が有ります。
  多少後ろの方になっても良いので、味方が対面の攻撃に当たらない or 百年の範囲内で回避行動を取れる位置に置き、自分がそれに飛び込んでいくような感じで置けば上手くいきます。
  森の壁や手前拠点に大きく被ってしまうと、味方を危険に晒しかねません。
  ※この時、中央のサポーターが自分にもバフをくれるとめっちゃ嬉しいです


いかがでしょうか?
1回の百年で3人にバフを掛ければ、自分のレーンに断絶を撃つMPの余裕も生まれて、手前を守るのも幾分楽になります。
間違いなく勝率に直結してくるテクニックなので、練習してみて下さいね。

6/10 追記
ワンダー部公式に紹介して頂きました!
ただ、名前が「MSSS」ではなく「ASSS」になっていたので、公式様に恥をかかせまいとして急遽改名しました。
これからはASSSをよろしくお願いします。
更新日時:2018/06/10 12:09
(作成日時:2018/06/09 22:25)
コメント( 1 )
ααα
ααα
6月14日 18時9分

改名は草w

コメントするにはログインが必要です
シェア