545

【1/5更新】WLWを楽しみ尽くしたい 第2回(レーンで戦う、その1)

by
いそじん
いそじん
皆さんこんにちは。いそじんです。

この記事書いてる途中ですら、レーンで戦う、って内容で複数回に分ける気もなかったのに言いたいことが増えて、つくづく
投稿数が稼ぎやすい覚えなきゃいけないことが多いゲームだなぁと思いました。


チームゲージにうるさくなろうとは言ったものの、このゲームももうじき稼働開始から4年になり、覚えることが多すぎて新規で始めるにはハードルが高すぎるんじゃねぇかと思う今日この頃です。

だって稼働初期は拠点6つ全部同じだったのに今では全部で4種類だぞ?どーなってんねん。



今回は、敵軍のチームゲージを奪い取る手段として、

レーンで戦う

事について書いていきたいと思います。

筆者が元々ファイターばっかやってたので
端レーンでの考え方が多くなりますが、中央にも考え方は通ずるものはあるはずです。

先の記事でチームゲージを奪い取る方法について書きましたが、基本的には

各レーンに置かれている拠点に兵士などを突撃させ、拠点を攻撃、破壊することでゲージを減らすことができます。

んでもって、一番安定して拠点を破壊しやすい攻撃手段は
兵士を敵陣まで送り届けて拠点にぶつけさせること
です。兵士は一人でも十分な拠点ダメージを与えますが、何より物量が圧倒的に多いです。だから拠点に効く。

そんなわけで、プレイヤーはキャストを操作して味方の兵士を少しでも前へ送り届けるために死力を尽くすのです。

だから兵士を拠点に流し込む瞬間はいつでも気分がよくなるもんです。

相手チームのキャストも、自軍の兵士を倒して、敵の兵士をこちらの拠点に送り込もうとしてくるので、ここで
相手より兵士を遠くまで届ける、レーン戦が始まるのです。

キャストごとにいろんな特徴があり、
その特徴を活かして互いに相手より兵士を多く倒して、
自軍兵士を敵拠点まで押しきるのがレーン戦の基本です。


逆に言えば、どれだけレーンを押されていても、拠点まで押しきられなければチームゲージは失わない訳です。直接的じゃないアドバンテージはあるけども、

逆転のチャンスは最後まで残っているので、少しでも考え続けて、丁寧にやってみましょう。

兵士をここまで押し込むと、これだけチームゲージが奪えるよ!というのを図にしてみるとこんな感じです。

拠点は回復したりすることはなく、一名を除いて拠点が受けるダメージを軽減する方法はないので、

単純に多くの拠点ダメージを与えたほうが多くのチームゲージを奪うことが出来る

と考えて差し支えありません。

しかし、ここで重要なのは、試合時間の7分間で一番進撃したところに応じて奪えるチームゲージがだいたい決まるので、

例えば
かなり長い時間手前拠点と奥拠点の間で粘ったが
 倒されてしまってその間に手前拠点を取り返されてしまった


場合は、レーンから直接奪ったゲージだけで見たら互角、しかも自分は1デスしてしまっているのでむしろマイナスまである。ということです。
もちろん、相手を圧倒してレーンを押し続ければ、他レーンから援軍などの対応を要求することにつながり、結果他を有利にすることができるなど、いいことなのには間違いありませんが

それで死んでしまうと結構もったいないことになります。


次は具体的なレーン戦について、もうちょい細かく書いていきたいと思います。
更新日時:2019/01/05 14:30
(作成日時:2019/01/04 13:37)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア