1811

千匹皮のシュテルちゃん

by
よこちん
よこちん
お久しぶりです。よこちんです。
ほとんどのFが採用していた少彦名とランタンについに下方が入り、F環境はかなり大きく変わりましたね。
周りのF使いのビルドが固まってない隙を突いて、目標としていたEX05が踏めたので使用したビルドについて少々語らせて貰おうかなと思います。

今一番流行っているフックのビルドはSR太鼓、絨毯、WR専用、N扇(R錫杖)、ルチア、エルガーホルンといったビルドだと思います。

lv3一確も取れ、lv4以降のMP補助、瞬間最大火力等々非常に良く出来たビルドだと思います。
僕も大体の試合はこのビルドを使っています。

しかし今回僕が紹介したいのはルチア採用の所謂テンプレビルドでは御座いません。今回紹介するのはタイトルにもある通り「千匹皮のシュテル」というソウルを用いたビルドです。


大半の方は恐らく見た事すら無いソウルかと思いますので性能の紹介から始めたいと思います。

発動レベル2で上昇ステータスはMP小DS中、特殊効果として立ち止まり状態中はHP継続回復し、MP回復速度が上昇します。
書いてある事だけ見たらHPMP両方回復とか最強ソウルやん???って感じですがそう都合の良いソウルではありません。

以下は停止回復系ソウルの検証データです。(引用元:legnohさん「停止・待機系ソウルによるHP/MP回復量まとめ」https://wonder-club.jp/posts/52138)


これを見れば分かる通り、シュテルの停止回復効果は非常に貧弱です。MP回復は阿曽媛の6割程、HP回復に至っては楽々森彦の半分以下の性能となっています。
こんなん使うなら阿曽か森彦でええやん?と思われるかもしれませんがまあそう焦らないで。

で、本題のビルドがこちらです。

採用アシストは布団、SR太鼓、WR専用、F専用、シュテルとなっております。
このビルドはlv4からの布団とシュテルのHP回復による耐久力…ではなく、SR太鼓とシュテルのlv2でのMPアップの力によって序盤に圧倒する事をコンセプトにしています。ここが阿曽森彦には出来ない差別化ポイントとなっています。
とにかくlv1~2、つまりlv3になって相手が本格始動する前にゴリ押し速攻で手前拠点を破壊し、有利状況を作った上で布団クソゲーを押し付けるのが理想ムーブとなります。
小アップとはいえ2つMPアップを積めばそこそこMP値に余裕が生まれるためlv2で歌えを使用したとしても手数とフィジカルでゴリゴリ押す事ができます。
しかも、開幕MPを吐き切ってしまっても停止すればMPは返ってくるのでMPジャブジャブ使ってゴリ押ししても何ら問題ありません。
その上、序盤の低火力であれば2発くらい相討ち貰ったところでシュテルで回復出来るので、相討ち上等の全力前ブでフィジカル差を押し付けてさっさと相手を帰城させ、消耗したHPMPを相手が居ない隙にこっそり回復するのがGOODです。
lv2始動の強さを押し付けて手前先折りしてしまえば、lv4以降は最早説明不要の布団クソゲーの時間が始まりますので、奥拠点に張り付くなり敵の横槍呼んで時間稼ぐなりでアドを生んでいけばオッケーです。阿曽の6割とはいえMPは比較的潤沢なので停止を切らさなければパンチで位置変えしたり獲物ぶっぱは割と出来ます。

このビルドの運用で頭に入れておかなければならないのはやはりシュテルの停止回復を過信してはいけないという点ですね。耐久全振りの布団森彦とかの感覚で運用すると割と簡単に死ねるので、横槍来るタイミングなどはMPに余裕ある分でパンチ移動や歌えを使う等の工夫をすると良いと思います。
とはいえタイマンでは火力盛り大聖だとか兵士弾フルで貰うとかウィクバからのシャリス神拳だとか気合い獲物だとかそういうやべー事が起こらなければそうそう死ぬ事は無いです。布団 is GOD。

簡単に纏めるとlv2で相討ち上等前ブでHPMPを吐いて相手を帰らせ、あとは停止でクソゲーするビルドです。中々悪くないビルドだと思ってるので良かったら使ってみて下さい。

では今回はこの辺で失礼します。
更新日時:2019/02/04 08:28
(作成日時:2019/02/03 21:28)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア