1290

深雪乃のお話 [何故初めてのアタッカーに深雪乃をおすすめされるのか]

by
Ice Ψ
Ice Ψ
皆さんこんにちは
深雪乃使いのICEΨと申します。
突然ですが、皆さんアタッカーは使いますか?
アタッカーしかやらないって人もいれば、アタッカーは冒険譚でしか使ったことないって人もいると思います。

そんな全然使わない人向けに、私がアタッカー使うとき深雪乃をおすすめする理由についての記事を書いていこうと思います。

※ビルドについては今回は省きます。


[アタッカーの役割]

まずはアタッカーの役割についてです。どのアタッカーを使うにしてもこれらの基本がなっていなければいけません。しかし今回のお話のメインは「深雪乃」なので簡単にさせてもらいます。
アタッカーとは

いかに勝ちに繋げ負けに繋げないようにするかを考え、チームを勝利に導くロール
私はこのようにとらえています。
皆さんがイメージするのは大体キャストキルだとか、森をとるだとか、巨人処理のサポートなどあると思うのですが
キャストキルする=キルダメで差をつけ勝てるようにする
森をとる=相手のレーナーにプレッシャーをかけることで間接的に味方の兵士処理のサポート、拠点の破壊によって差をつけて勝てるようにする
巨人処理のサポートをする=巨人の手厚い援護によって拠点に兵士を押し込まれて負けないために素早く処理するか処理のサポートする
このように、アタッカーが主にやっていることは全てにおいて

いかに勝ちに繋げ負けに繋げないようにするかを考え、チームを勝利に導く
の話に繋がる行動になります。
​​​​この役割を担うのがアタッカーです。これをキチンと考えられるかどうかで勝負が決まると言っても過言ではないです。
アタッカーについてはもっと上手いランカーなどが記事を書いているためそちらを参考にして頂ければと思います。


[深雪乃と他キャストとの比較]
さて、ここからやっとメインのお話です。
深雪乃は強い。多分誰もが思うしおすすめされたら確かにって考えるでしょう。しかし皆さんこんなこと考えたことはないですか?
「それ○○(キャスト名)でよくない?」と。
深雪乃より高火力出せるキャストは他にもたくさんいるなか何故深雪乃なのか、他キャストと比べながらお話していきます。

深雪乃の強みはズバリ
バフが自己完結していて機動力もあるため荒らしやすいです。

深雪乃の強みはやはりこれでしょう。氷刃抜刀による火力と射程の上昇と恵まれたアシスト、そこから放たれるスマッシュヒット、きっと誰もが「はい?」って思ったことでしょう。
サポーターのバフを受け取らなくても一人で強くなれるために3F編成にも使われるほどです。
???「ちょっと待ってください!」
こ、この声は…?​​​​​​
ロビン「スマッシュヒットなら私もレベル2で出せますよ!」
スカーレット「それに私や闇吉備津やお猿さんなら序盤から荒らせるわ」
闇吉備津「ぬぅん」
美猴「猿って言うんじゃねえ!!」
アシェンプテル「SSの射程や強さなら私だって負けないぞ」
おやおやたくさん出てきましたね。
そうなんです。深雪乃にも弱点があって序盤の火力が低く抜刀を使わないとレベル4になるまで大兵士SS1確が取れないほどSSの値が低いのです。そして深雪乃のSSの判定は細くとがっていて、凪ぎ払い判定が無いため、当てるか外すかの2択のみになります。そして何より攻撃回数が限られているのです。当てれば強いですが当たらなかったらまた抜刀をかけ直し待たなきゃいけないのです。判定も上記のため射線は通しやすいですが辺り判定が少しシビアになります。それなのに深雪乃をおすすめする理由はいったい何でしょう?
まずロビンと深雪乃の違いは、


自衛力です。

​自衛力とは自分の身に危険が迫ったときに自分自身を守る力のことを言います。
深雪乃は出の速いSS、レベル2スキル飛雪払いによる範囲攻撃と凍結の付与、いざと言うとき移動に使える六華一刀両断、WS中にキルすることによる約2目盛弱の回復など、自分を守る手段がたくさんありますが、ロビン​​​​は発生の速いダブルショット、マスタースキルのエルガーグランツなどでダウンを取るなどしないと深雪乃やアシェンプテル含み近接などに近寄られると何も出来ないままにやられてしまうのです。
​​​​​​これがロビンと深雪乃の強みの差です。
次に深雪乃とスカーレット、闇吉備津、美猴などの近接との差を見ていきます。
深雪乃と近接たちとの違いは、


対人戦になったときの有利度です。

先程も言った通り、この近接達は序盤から荒らしやすく端レーンに多くの有利をもたらすことを得意とします。有名なのは美猴×ピーターによる猿ピでしょうか。美猴のスキル「如意棒風」は自身のスピードで攻撃速度が変わるためピーターの「ドリームウィンド」を貰えば「如意棒風」をより良く​​​生かしやすく、キルも取りやすいのです。それに対し深雪乃は、序盤の火力が乏しいため横に行くのを防ぐ程度のことしか出来ません。それを押し退けられ横やりにいかれては最悪レベル差までつけられてしまいます。だがしかし皆さん、深雪乃の二つ名をご存じですか?

その名も「近接殺し」と言います。

深雪乃は序盤火力が乏しいものの射程と弾速はそのままなので近接達のSSとほぼ同じ発生であの長い射程のSSを飛ばせます。さらに飛雪払いは範囲が近接キャストのどのキャスト達の射程よりも広いため近づくことすら許されません。しかも凍結まで付与されて足が遅くなるんです。これがレベル4になったらどうでしょう?差し合いでもダメージレースでも近接では勝てなくなります。私は美猴もたまに使いますがほんとにどうしようもないです。
アタッカーは森を取ったり取り返したりでどうしてもアタッカー同士の戦いを避けられない状況が作られるため近接達からすれば深雪乃に森をとられるほど恐ろしいものはないのです。これが深雪乃が「近接殺し」と言われる所以です。
というかこんなちょっと難しい話してますがそもそも近接キャスト自体読みあいに勝つ練習もしなきゃいけない難しいキャストなので最初からこのキャスト達使うの結構難しいんです。
これが深雪乃と近接キャスト達の差です。

それでは最後に深雪乃とアシェンプテルとの違いについてです。
先程深雪乃は近接殺しと呼ばれているとお話ししましたがアシェンプテルは何て呼ばれているか知っていますか?


その名も「アタッカー殺し」です。

「アッシュミスト」によるキャストの動き封じ、「クリスタルブーツ」による敵キャストを絶対逃さないスピードアップバフ、「ジャストウィッシュ」による遠くの敵も逃さない弾速と射程、このアタッカーをメインに絶対に敵キャストを逃すまいとするそのスタイルから「警察」とも呼ばれます。例えレベル4先行できて横やり行こうとしてもアッシュミストに当たったら行けません。抜刀が湯気たってもジャストウィッシュの射程で相打ちに持ってかれます。命が危ないときにクリスタルブーツかけられたら逃げ切るのは難しいです。先程自衛力が高いと話した深雪乃ですらアシェンプテルは動きを抑えることが出来るその徹底ぶりからアタッカー殺しと言われます。さらに端レーンで対面しても「クリスタルレイン」によって兵士処理差がつけられやすいため、序盤に折れないとまず勝てないのです。これだけ徹底されると深雪乃では無理なのではと思う人もいるかもしれないですがとある1つだけとても大きな差があるのです
それが、

​​​​​
逆転力です。

何だそれはと思うでしょう、私が勝手に名付けてるようなものですから笑
簡単に説明すると不利から有利に持ってきやすさの違いです。それがこの二人でどう違うのは説明していきます。
通称アタッカー殺しのアシェンプテルですが、1度のミスで大変なことになりやすいのです。これは私が過去にアシェンプテル使ったときに起こったお話ですが、さっきまで敵の森を取ってたアシェンプテルがうっかりデスしてしまった。そしたら敵に自陣森を取られてしまった。すぐに取り返しに行くが深雪乃のSSダメが痛すぎてすぐ泉に戻らなきゃいけなくなった。結果森にこもられ続け奥拠点もおれ逆転されてしまった。
つまり、
「有利を取り続けることは得意だけど、不利を取り返すのが難しい。」これがアシェンプテルと言うキャストなのです。
それに対して深雪乃、はWSによる兵士と巨人貫通のSSを放つことが可能なため、抜刀ためていれば兵士と巨人が縦にならない高火力SSを放ちキャストキルによって人数差を作れたり、ためてなくてもSSによる兵士処理での素早いレーン上げなど、危ないときでも逆転できる算段がたくさんあるキャストなのです。だから味方に深雪乃がいるときはギリギリまで諦めなければ勝ちに繋げやすいキャストでもあるんです。これが深雪乃とアシェンプテルとの差です。

以上の点から、高火力長射程のSSが出せて、自衛力もある、爆発力もあり逆転の芽を掴むことも得意とする深雪乃と言うキャストが、初めてのアタッカーでおすすめされやすい理由なのです。


いかがでしたでしょうか?
この記事でアタッカーや深雪乃乗るきっかけになってくれたら嬉しいです。
ここからは余談ですので興味のない方とはお別れです。読んでいただきありがとうございました。






















余談
アタッカー使って煽られたとかTwitterで文句言われた経験ないですか?私は結構あります。アタッカーって文句言われやすいし煽られやすいしでそれが嫌でアタッカーやらない人もいるかもしれません。しかし煽られても気にすることはありません。煽りは気分のいいものではありませんが「いつか対面でボコボコにしてやるからな!」というモチベーションに繋げることもできますし、何より使い慣れてないキャストを最初からうまく使える人なんていません。それを否定しに来る人の方が間違っています。自分のペースで強くなればいいのです。わからないことは質問すればみんな教えてくれます。自分で試合を動かせるのはほんとに楽しいので是非試してみてください。
​​​​​


それに深雪乃可愛いしね!!


ここまで見ていただきありがとうございました。好評であればビルドや立ち回りについての記事も書いていこうと思っています。
それではまたどこかの記事でお会いしましょう。







深雪乃可愛い好き!!!!!​​​​






​​​​​​

​​​​​

 
更新日時:2019/04/24 23:58
(作成日時:2019/04/24 23:52)
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
氷水
氷水
4月26日 6時38分

わかる、深雪乃はかわいい…

えいこ
えいこ
5月5日 19時29分

深雪乃よりもアリスの方が可愛いと思うな❤️

えいこ
えいこ
5月5日 19時30分

あくまでも個人的な感想です

コメントするにはログインが必要です
シェア